知る人ぞ知る!?蔵王秘境の湯『峩々(がが)温泉』とは

蔵王の山々に囲まれ、ひっそりとたたずむ秘湯の一軒宿『峩々(がが)温泉』。「歩み入る人に安らぎを……去り行く人に幸せを」をコンセプトに、自然の恵みと湯治文化を大切にした温泉宿です。移りゆく宮城蔵王の四季の中で、源泉100%の天然温泉に入りながら上質なひとときを過ごせる蔵王の秘湯『峩々温泉』をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

峩々(がが)温泉について

峩々温泉

峩々(がが)温泉は、蔵王エコーラインの中腹から少し脇道を走り、奥へ奥へと進むと山々に囲まれた渓流沿いにあります。

その趣から正に秘境・秘湯! 知る人ぞ知る、人里離れた『秘境の隠れ宿』という形容がピッタリの温泉宿。

開湯150年、明治初期に “鹿の湯” と呼ばれていたその場所を、保養スタイルの『湯治宿』として頑なに今日まで守り続けられ、湯治作法でゆったりとお温泉に浸れます。源泉100%の柔らかい上質の温泉は、胃腸病などに効くとされ “日本三大胃腸病の名湯” として知られています。
『鹿の湯』の由来は、手負いの鹿が傷を癒やしていた事からとされており、 緑豊かな天然温泉の露天風呂に入っていると、対岸の崖にカモシカを見つけることがあります!

泉質・効能

出典:PIXTA

泉質はナトリウム・カルシウム・炭酸水素塩・硫酸塩泉で、しっとりすべすべ美肌の湯とされ、体の芯まで温まり湯ざめがしにくい湯です。

温泉の効能は胃腸病・リウマチ・肝臓疾患・その他消化器系疾患などに効能があり、飲泉もできる他、秘湯には珍しい岩盤浴があります。

日帰り入浴はできる?

現在は、温泉のみの利用は不可となっていますが、日帰りプランが設けられています。

同プランは、お部屋での休憩と食事がセットになっており、事前に予約が必要です。

お宿は1軒しかない!

峩々温泉

出典:PIXTA

峩々温泉は、蔵王国定公園南側の山奥にある秘湯の一軒宿。開湯の歴史は、他に建物も温泉も存在しない時代から唯一の宿が当地に存在するまでには、多くの苦労があったとされています。

当時は奥地にあるため、車もない・除雪も来ない・未開の地で石油ストーブすらない……。厳冬期には積雪が3mの豪雪に、外気は氷点下10度の厳しい自然環境でした。

明治8年に開拓使節団の労により自噴の湯も発見され、その後は硫黄採掘地の政府宿営地のベースキャンプとなり、“峩々=切り立ってゴツゴツとした様子” を表し、『峩々温泉』と呼ばれるようになったとされています。

その後、正式な旅館としての営業を認可され、宿としての歴史がスタート。現在では、秘湯と言われているにも関わらず、本格的な泉質を求め全国から湯治目的で多くのお客様が訪れる人気の宿です!

内湯

峩々温泉の温泉

男女別の内湯大浴場は、2~3人サイズの『あつ湯』と、6~8人が入れる “ぬる湯” の2タイプの浴槽があります。

昔は温度調整ができなかった為、湯治客の間では『あつ湯』を100回かけ湯をする。“かけ湯” は、竹筒で数十杯~百杯ほど腹部にかけるという独特の温泉療法が自然発生し、かけ湯による湯治の作法が現在でも受け継がれています。

温泉はナトリウムのあま~い香りと、肌をなでるようなまろやかな浴感が堪りません!

また温泉は『飲泉』による効果も期待でき、飲めば胃腸に良く慢性消化器病や慢性便秘の方などにピッタリの温泉地とされています。

露天風呂

内湯のドアを開けると、すぐ外には6人サイズの露天風呂があり、眼の前に広がる緑と突き抜けるような青い空が美しい! 竹の塀で囲われていますが、山の綺麗な景色を眺めることができます。

湯の温度は約42度ほどで、木のぬくもりとろみ感のあるほんのり茶色がかった温泉です。

混浴風呂

露天風呂から下へ階段を降りていくと、6人サイズ位の混浴露天風呂があります!

浴槽は、女湯と男湯の露天風呂の階段につながっているので、下で落ち逢う感じになり入るまでのドキドキ感があります!

山側なので開放的な露天風呂を味わえますが、湯はぬるめで冬期は閉鎖されることもあります。

(尚、混浴風呂でのバスタオル巻は不可となっています。)

峩々(がが)温泉の基本情報

昔は秘湯の宿として、ひっそりと建っていた峩々温泉は、今では純和風のお洒落な温泉となり、宿周辺の大自然は心を癒やしてくれます。談話室には暖炉があり、暖炉の燃える火と雪景色を眺めながら本を読みビールを楽しむのも一興です!

峩々温泉:公式ページ

アクセス


住所:宮城県柴田郡川崎町大字前川字峩々1番地

電話番号:0224-87-2335(24時間)

車でのアクセス:東北自動車道『白石IC』より、国道4号線・県道12号線を経由し約40分。山形自動車道『』より、国道286号線、国道457号線、県道255号線を経由し約30分です。

電車/バスでのアクセス:JR東北新幹線『白石蔵王駅』からミヤコーバス、アクティブリゾーツ宮城蔵王行きで47分、遠刈田温泉下車・送迎車で約20分(予約制)です。

宿泊プラン

平日:15,000~26,000円 / 1人

金・土・祝前日:17,000~28,000円 / 1人

GW・お盆・正月:17,000~28,000円 / 1人

宿泊プランの詳細ページ

日帰りプラン

特別プラン:8,500円~ / 1人

※2名様からの利用のみ

日帰りプランの詳細ページ

蔵王の秘湯『峩々(がが)温泉』で上質な寛ぎを!

峩々温泉

出典:PIXTA

峩々温泉は、宮城蔵王南側の渓流沿いにたたずむ秘湯の一軒宿。蔵王の山並みに囲まれ、とても静かで落ち着いた雰囲気があり温泉は胃腸病に効く名湯として知られ、保養温泉としての湯治湯スタイルを今も守り続けています。日々の喧騒を離れ、心と身体をリセットできる峩々温泉の湯で、上質な寛ぎのひとときを過ごしませんか。

峩々温泉
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード