➂アメリカのような非日常な商業施設「仙台泉プレミアム・アウトレット」 

仙台泉アウトレット

泉パークタウン内にある「仙台泉プレミアム・アウトレット」は、仙台にあるもう一つのアウトレットモール。国内外の著名ブランドが約80店舗揃っています。仙台港のアウトレットにはない店舗も入っています。 

プレミアム・アウトレットはアメリカ発のショッピングセンターなので、アメリカ東北部の街並みをイメージして作られており、非日常的な空間でショッピングを楽しめます 

 

アウトレット内の飲食店は3店舗と少なめですが、タピオという商業施設と隣接しているので、飲食の場合はそちらが便利! 周辺施設と併せて楽しめるアウトレットモールです。 

 

仙台泉プレミアム・アウトレットの基本情報】    

住所:
宮城県仙台市泉区寺岡6-1-1

営業時間:

10:00~20:00
【1月】10:00~19:00(土日祝は20:00まで)
【2月】10:00~19:00
※年末年始、その他季節によって変動あり

定休日:    

元日 

2月第3木曜日 

アクセス:    

【クルマの場合】   
東北自動車道「泉」ICから車で約10分   

東北自動車道「泉PA」スマートICから車で約5分   

【公共交通の場合】   

仙台市地下鉄南北線「泉中央」駅行き乗車-「泉中央」駅下車 -宮城交通バス「寺岡三丁目」、「泉パークタウン」行き乗車-「寺岡一丁目北・泉アウトレット」下車、徒歩約3分 

駐車場:    

【普通車】あり/無料 

問合わせ:   
022-342-5310 

公式HP:  

https://www.premiumoutlets.co.jp/sendaiizumi/ 

「仙台泉プレミアム・アウトレット」近隣の宿をさがす

仙台駅から少し足をのばして楽しめるスポット8選 

仙台駅から少し足をのばして都会の喧騒から離れられる、癒しスポットをご紹介します!

①仙台の奥座敷「秋保温泉」 

秋保温泉街
秋保温泉
秋保温泉
010405
IMG_1700-695x460
ba2018ab9396de9e4610b5e23434a1d3-695x460
previous arrow
next arrow
写真提供:宮城県観光プロモーション推進室 (1枚目)
撮影:編集部(2~3枚目)

秋保温泉は仙台市西部の名取川の渓谷沿いに位置する温泉地です。

同じ宮城県にある鳴子温泉、福島県の飯坂温泉とともに奥州三名湯にも数えられます。温泉の歴史は古く、なんと古墳時代には存在していたといわれています。江戸時代には仙台藩主伊達家の浴館が設置され、仙台の奥座敷として賑わいました。 

一帯には温泉旅館が並び、その多くは日帰り入浴も可能です。仙台市街地からもアクセスが良いので気軽に立ち寄ることのできる温泉地です。 

 

【秋保温泉の基本情報】     

住所:    
宮城県仙台市太白区秋保町湯元源兵衛原

アクセス:

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台宮城」IC、「仙台南」ICから車で約15分

【公共交通の場合】    

宮城交通バス「秋保温泉」行き乗車-「秋保温泉」駅下車  

「秋保温泉」近隣の宿をさがす

②日本の滝百選に選ばる「秋保大滝」 

秋保大滝
秋保大滝 秋
秋保大滝 冬景色
010317
010270
010260
previous arrow
next arrow

幅6m、落差55mの直瀑で、華厳の滝(栃木県)、那智の滝(和歌山県)にならぶ日本三名瀑の一つ。「日本の滝百選」にも選ばれる秋保で定番の観光地です 

遊歩道を下りて滝つぼに行くと、飛沫をあげる大迫力の滝を間近で見上げることができます。 新緑も美しいですが、紅葉や雪景色は一層趣のある風景が堪能できます。 

近くには「秋保大滝不動尊」や「秋保大滝植物園」があり、周辺観光も含めて楽しめます。 

 

【秋保大滝基本情報】   

住所:   
宮城県仙台市太白区秋保町馬場大滝地内

アクセス:

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台南」ICから車で約30分

【公共交通の場合】

宮城交通バス「秋保大滝」行き乗車-「秋保大滝」下車 、すぐ(土日祝のみ運行) 

JR仙山線「山形」駅行き-「愛子」駅下車-仙台市営バス「二口」、「野尻町北」行き乗車-「秋保大滝」下車、すぐ 

駐車場:    

【普通車】200台/無料(秋保大滝駐車場、滝つぼ駐車場、臨時駐車場) 

問合わせ:   
022-398-2323(秋保温泉郷観光案内所) 

「秋保大滝」近隣の宿をさがす

    ➂勝負の神を祀り、有名人も訪れる「秋保神社」 

    秋保神社 PIXTA
    秋保神社 PIXTA
    From PIXTA
    From PIXTA
    previous arrow
    next arrow
    出典:PIXTA

    秋保神社は「勝負の神」として知られる神社です。 

    平安初期に時の征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷平定の際に、この地に熊野神社を祀ったのが初めといわれています。室町時代には、秋保村領主秋保氏の祖先である平盛房が信州の諏訪大社に本土回復と居城奪回を祈願し叶えられ、諏訪大神の御霊をこの地に勧請して祈願所としたことから、「勝負の神」として崇敬されるようになったそう。 

    商売繁盛や合格祈願、必勝祈願に対してご利益があるとされ、宮城県出身でオリンピックのフィギュアスケート金メダリストの羽生結弦選手をはじめ、スポーツやレース界の著名人が訪れたことで話題になり、ファンの聖地にもなっていま。勝負のお守りや絵馬も多数あるので、勝負事のある方や応援したいスポーツ選手がいる方におすすめ。 

    玉の穴に息を吹きかけて石に向けて投げ割り、悪い気を祓う「厄割玉」や、日にち限定や季節限定の御朱印など、秋保神社ならではのものもあり楽しめます。 

     

    【秋保神社基本情報】    

    住所:   
    宮城県仙台市太白区秋保町長袋字清水久保北22

    参拝時間:

    9:00~17:00
    拝観料:

    無料 

    アクセス:    

    【クルマの場合】   
    東北自動車道「仙台南」ICから車で約20分   

    【公共交通の場合】   

    宮城交通バス「秋保大滝」行き乗車-「秋保神社前」下車 、すぐ(土日祝のみ運行) 

    JR仙山線「山形」駅行き-「愛子」駅下車-仙台市営バス「上の原」、「野尻町北」行き乗車-「秋保神社」下車、すぐ 

    駐車場:    

    【普通車】あり/無料 

    問合わせ:   
    022-399-2208 

    公式HP:  

    https://akiu.org/index.html 

    「秋保神社」近隣の宿をさがす

    ④おはぎが大人気!「主婦の店 さいち」 

    さいち
    さいちのおはぎ
    IMG_1668-695x460
    IMG_1672-695x460
    previous arrow
    next arrow
    撮影:編集部

    「主婦の店 さいち」は秋保にある小さなスーパー。通常のスーパーと同様に食品や惣菜を販売していますが、こちらのおはぎが大人気! メディアで度々取り上げられ、平日でも1日に最大7,000個も売れるそう。 

    全国からおはぎを目当てに大勢の人が訪れ、駐車場は常に車でいっぱい。秋保の観光地になっています。 売り場にはおはぎがずっしり陳列され、圧巻です!

    おはぎの種類は定番のあんこと、変わり種のきなこ、ごま、納豆の4種類。一つ一つが大きく食べ応え抜群です。個数別にパック売りされているので、家族の人数に合わせて購入できます。賞味期限は当日中で、すぐに固くなってしまうので食べられる分だけの購入がおすすめ。

    秋保散歩のお供におすすめの逸品です! 

     

    主婦の店 さいちの基本情報】    

    住所:   
    宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師27

    営業時間:

    9:00~19:00
    定休日:

    第2・第4水曜日(8月、2月は変更あり) 

    アクセス:    

    【クルマの場合】   
    東北自動車道「仙台南」ICから車で約15分   

    【公共交通の場合】   

    宮城交通バス「秋保温泉」行き乗車-「薬師」下車 、すぐ 

    タケヤ交通「タケヤ交通本社前」駅行き-「佐勘前」駅下車、すぐ 

    駐車場:    

    【普通車】あり/無料 

    問合わせ:   
    022-398-2101 

    「主婦の店 さいち」近隣の宿をさがす

    ⑤万華鏡の魅力を体感できる「仙台万華鏡美術館」 

    万華鏡美術館外観
    万華鏡美術館 展示
    010378
    010328
    previous arrow
    next arrow

    万華鏡の魅力を見て触って感じられる美術館。大型の万華鏡や”万華鏡の母”と呼ばれるCozy Bakerさんから譲り受けたアンティーク作品など他では見ることのできない貴重な万華鏡が多数展示されています。自分の顔が模様になる大きな万華鏡などもあり、実際に体験できるので子ども連れにもおすすめ! 

    季節ごとに万華鏡の展示替えをしているので何度行っても楽しめます。また、陶芸家・辻輝子の作品が展示されるギャラリーも併設。 

    好きな筒にビーズを入れて作る、万華鏡手作り体験も行っています。子ども向けと大人向けのコースに分かれているので年齢に関係なく楽しめます。

    万華鏡の幻想的な魅力を感じることができる美術館です。 

     

    【仙台万華鏡美術館の基本情報】    

    住所:   
    宮城県仙台市太白区茂庭字松場1-2

    営業時間:
    9:30〜17:00(最終入館16:30)

    料金:

    一般・大学生 900円

    小人     450円 

    70歳以上    450円 

    ※公式HPに10%オフクーポンあり 

    定休日:    

    無休 

    アクセス:    

    【クルマの場合】   
    東北自動車道「仙台南」ICから車で約15分   

    【公共交通の場合】   

    宮城交通バス「秋保温泉」行き乗車-「松場」下車 、すぐ 

    駐車場:    

    【普通車】46台/無料 

    問合わせ:   
    022-304-8080 

    公式HP:  

    http://www.iyashisekai.com/sendai/index.html#sec05 

    「仙台万華鏡美術館」近隣の宿をさがす

    ⑥美しい渓谷「磊々峡(らいらいきょう)」 

    磊々峡
    磊々峡
    磊々峡
    64046bb54e885a6f9fc1cb16c779dd8f-695x460
    c863113c276fbc751dabeead0532bff6-695x460
    b2147a66d84cc98a73e2c14d6d7c1192-695x460
    previous arrow
    next arrow
    撮影:編集部

    「磊々峡」は、名取川の流れがひときわ狭くなる秋保温泉湯元付近にある渓谷です。

    巨岩奇石が覆いかぶさるように重なっている様子からその名前が付けられたそう。 長さは、秋保温泉街の入口にある「覗橋(のぞきばし)」を中心に、約1kmにわたります。 

    覗橋の下流側には約650m遊歩道が整備されており、四季折々の風景を楽しむことができます。秋保・里センターの裏手にある散策路「磊々峡もみじのこみち」からは、磊々峡を流れる名取川を間近で鑑賞できておすすめ。 

    また、覗橋のたもとから望める岩場にハートの形をした窪みは、恋人の聖地にも認定されています。

    季節の移ろいを感じられる、散策におすすめのスポットです。 

     

    【磊々峡の基本情報】      

    住所:   
    宮城県仙台市太白区秋保町湯元

    アクセス:

    【クルマの場合】   
    東北自動車道「仙台南」ICから車で約20分

    【公共交通の場合】  

    宮城交通バス「秋保温泉」行き乗車-「のぞき橋」下車 、すぐ 

    JR仙山線「山形」駅行き-「愛子」駅下車-仙台市営バス「上の原」、「野尻町北」、「二口」行き乗車-「磊々峡入口」下車、すぐ 

    駐車場:    

    【普通車】25台/無料(秋保・里センター) 

    問合わせ:   
    022-398-2323 

    「磊々峡」近隣の宿をさがす

    ➆仙台藩主のかくし湯だった「作並温泉」 

    作並温泉
    作並温泉
    作並温泉
    P9011638-695x460
    P8311520-695x460
    010241
    previous arrow
    next arrow
    撮影:編集部(1~2枚目)

    作並温泉は古くから仙台の奥座敷と称されてきました。
    1796年に開湯し、歴代仙台藩主のかくし湯だったといわれています。さまざまな文化人も訪れ、今なお愛され続けている温泉地です。肌にやさしい泉質と豊富なお湯から「美女づくりの湯」ともいわれています 

    広瀬川沿いに温泉旅館が並び、日帰り入浴が可能な旅館もあるので気軽に立ち寄ることができます。

    自然が豊かで静かな環境は、仙台ということを忘れてしまうほど。日常を離れられる癒しのスポットです。 

     

    【作並温泉の基本情報】       

    住所:    
    宮城県仙台市青葉区作並相ノ沢27(作並温泉案内所)

    アクセス:

    【クルマの場合】
    東北自動車道「仙台宮城」ICから車で約25分

    【公共交通の場合】

    仙台市営バス「作並温泉元湯」行き乗車-「作並駅前」下車 -各温泉施設シャトルバス乗車 

    JR仙山線「山形」駅行き乗車-「作並」駅下車-各温泉施設シャトルバス乗車 

    「作並温泉」近隣の宿をさがす

    ⑧結び、子宝、安産にご利益がある800年続くお寺「定義如来 西方寺」 

    定義如来
    定義如来
    定義如来
    三角油揚げ
    P8311337-695x460
    P8311378-695x460
    P8311458-695x460
    DSC_0286
    previous arrow
    next arrow
    撮影:編集部

    「定義如来 西方寺(じょうぎにょらい さいほうじ)」は、平家の末裔から現代に至るまで約800年もの間、多くの人の人生の大願や年の節目に無事を願う、心の拠り所として信仰されています。 

    壇ノ浦の戦いに敗れた平家の一族、平貞能(たいらのさだよし)が、源氏の追討を逃れるべく阿弥陀如来の御霊像を守りながらこの地に隠れ、その際に名を「定義(さだよし)」と改めたことが、この地の「定義」、如来様を「定義如来」という名前の由来になったそう。親しみを込めて「定義(じょうぎ)さん」と呼ばれています。縁結び、子宝、安産にご利益があるとされています。 

     

    境内は広く、五重塔や安徳天皇の遺品を埋葬したといわれる天皇塚など見どころがたくさん。抹茶処もありゆっくり楽しめます。 

    また、ここで欠かせないのが参道にある定義とうふ店の「三角油揚げ」! シンプルに醤油と七味で食べる油揚げはとても香ばしくおすすめの一品です。 

     

    定義如来 西方寺基本情報】    

    住所:   
    宮城県仙台市青葉区大倉字上下1

    参拝時間:

    [開門時間 大本堂境内]7:45~16:15

    [貞能堂境内] 8:00~16:15 

    [五重塔境内]8:00~16:15
    拝観料:  

    無料

    アクセス:    

    【クルマの場合】   
    東北自動車道「仙台宮城」ICから車で約45分   

    【公共交通の場合】   

    仙台市営バス「定義」行き乗車-「定義」下車 、すぐ 

    駐車場:    

    【普通車】300台/無料 

    問合わせ:   
    022-393-2011 

    公式HP:  

    https://jogi.jp/ 

    「定義如来 西方寺」近隣の宿をさがす

    震災の記憶を語り継ぐ震災遺構

    仙台も東日本大震災で津波の被害にあった場所の一つ。震災を語り継ぐ震災遺構をご紹介します。  

    ①津波の傷跡がそのまま残る「震災遺構 荒浜小学校」 

    荒浜小学校正面
    荒浜小学校中2
    荒浜小学校中屋上
    荒浜小学校 柵
    荒浜小学校 イベント
    010028
    010030
    010035
    1521893838920
    1521893602265
    previous arrow
    next arrow
    写真提供:宮城県観光プロモーション推進室 (1~3枚目)
    撮影:編集部(4~5枚目)

    2011年3月11日、東日本大震災による津波が2階まで押し寄せた荒浜小学校。その校舎を震災遺構として保存・整備した施設を、防災・減災の意識を高める目的で2017年から一般公開しています 

    1階と2階の教室は津波の傷跡がそのままの状態で残り、4階には、地震発生から津波の襲来、避難、救助までを辿る写真や映像、荒浜小学校の歴史や思い出を展示しています。屋上からは海や荒浜地区全体が見渡すことができ、震災前後の風景を比較できます。 

     

    当時の荒浜地区に押し寄せた津波の高さは10m。校舎に残る傷跡と展示がその威力を物語っています。 

    毎年3月11日には、参加者が犠牲者に思いをはせ、ヒマワリや百日草の種が入った風船を一斉に飛ばすイベント「HOPE FOR project」が有志団体によって開催され、3月11日を思い思いに過ごすことができます。 

    すべてが流された荒浜地区でぽつんとたたずむ荒浜小学校。震災で失った命を無駄にしないため、今後も起こるであろう災害への教訓とするためにも、訪れてほしい場所です。 

     

    【震災遺構 荒浜小学校の基本情報】   

    住所:  
    宮城県仙台市若林区荒浜字新堀端32-1

    開館時間: 
    【9月~6月】9:30~16:00

    【7月~8月】9:30~17:00

    料金:  

    無料 

    定休日:  
    月曜日 

    第4木曜日(祝日を除く) 

    年末年始 

    アクセス:   

    【クルマの場合】  
    仙台東部道路「仙台東」ICから車で約10分

    【公共交通の場合】   

    仙台市地下鉄東西線「荒井」駅行き乗車-「荒井」駅下車-仙台市営バス「震災遺構仙台市立荒浜小学校」行き乗車-「震災遺構仙台市立荒浜小学校前」バス停下車、すぐ 

    駐車場: 

    【普通車】あり/無料 

    問合わせ:   

    仙台市 まちづくり政策局 防災環境都市推進室 震災メモリアル事業担当

    022-214-1117

    「震災遺構 荒浜小学校」近隣の宿をさがす

    定番からマイナーまで!仙台グルメ7選 

    仙台に来たらグルメも外せない! 定番グルメからあまり知られていないマイナーなグルメまでご紹介します! 

    < 前のページ 4/5 次のページ >

    関連するおすすめ記事

    仙台に関するトピック

    仙台 × 観光スポットもっと見る >
    仙台 × 温泉・宿泊もっと見る >
    仙台 × グルメ・お土産もっと見る >
    仙台 × 歴史・人物もっと見る >
    仙台 × イベント・祭事もっと見る >
    仙台 × 体験・レジャーもっと見る >
    仙台 × ニュースもっと見る >
    仙台 × ライフ・生活もっと見る >