注目のまとめ

多賀城政庁 南門前
多賀城跡の歴史を解説!古代東北を知ろう
東北が蝦夷と呼ばれていた頃、宮城県は陸奥国と呼ばれる地域の一部でした。日本三景・松島の手前にあった「多賀城(たがじょう)」は、陸奥国の国府(行政都市)。蝦夷支配を目論む、当時の中央・大和政権にとって重要な施設でし…
GOGO MIYAGI 編集部