アイキャッチ出典:写真AC しばいぬだいすき

支倉常長ってなにをした人?

伊達家の家臣として、主君・伊達政宗公に仕えた支倉常長(はせくら つねなが)。
彼の最も偉大な功績は、慶長遣欧使節(けいちょうけんおうしせつ)のリーダーとして海を渡り、大帝国スペインを相手に貿易交渉に挑み、無事帰国を果たしたことです。

 

なぜ伊達政宗公は、慶長遣欧使節を派遣したのか? 交渉の行方は? 帰国後、支倉常長はどうなったのか?
この記事では、支倉常長の生涯について紹介します。

 

\戦国武将たちの外交戦略とは!?/

ITEM
戦国日本と大航海時代 秀吉・家康・政宗の外交戦略 (中公新書) [ 平川 新 ]
出版社 ‏ : ‎ 中央公論新社
発売日 ‏ : ‎ 2018/4/18
新書 ‏ : ‎ 290ページ

支倉常長の生涯(幼少期~壮年期)

上楯城  堀

叔父の元へ養子に出される

戦国時代末期の1571年(元亀2)、支倉常長(はせくら つねなが)公は現在の山形県米沢市で、伊達家の家臣・山口常成の次男として誕生しました。
しかし父親の兄・支倉時正(ときまさ)の元へ、嗣子(家の跡継ぎ)として養子に出されてしまいます。

青年期を上楯城で過ごす

7歳の頃に米沢を離れ、現在の宮城県柴田郡川崎町にあった「上楯城(かみたてじょう)」へ移り住みます。この頃の常長公に関する史料は残されておらず、いつまで暮らしていたのかも定かではありません。

上楯城については下記記事をぜひみてください。

 

山口ではなく支倉を継いだ常長公ですが、後に養父・時正と再婚相手との間に男子が誕生。政宗公の命により1,200石あった家禄を600石にずつに分け、常長公は支倉家の分家となりました。

伊達政宗の家臣として戦場を駆ける

支倉常長メモリアルパーク 支倉常長像

常長公の名が登場するのは、伊達氏の戦に関する資料です。

1589年(天正17)宮城県北部で起こった葛西・大崎一揆の鎮圧、1592~1593年(天正20~文禄2)の豊臣秀吉による朝鮮出兵。いずれも主君・伊達政宗に率いる軍の一員として戦い、共に死線を乗り越えていきました。

 

常長公はただの家臣ではなく、政宗公が選んだ特別な命令を遂行する「伊達御手明衆(おてあきしゅう)」の一人だったようです。

< 前のページ 1/3 次のページ >

関連するおすすめ記事

大郷町のおすすめ記事

エリアから探す

カテゴリ

カテゴリの一覧を見る >

公式SNSをフォローしよう