石ノ森萬画館へ行ってみた!館内の見どころを徹底レポート

『仮面ライダー』や『サイボーグ009』で知られる、マンガ家・石ノ森章太郎。宮城県石巻市に、彼の作品や世界観にフォーカスしたミュージアム、「石ノ森萬画館」があります。今回はそんな石ノ森萬画館を現地取材。今すぐ行きたくなるような魅力をたっぷりご紹介します!

アイキャッチ画像出典:撮影 編集部
記事中画像:撮影 編集部

石巻にある「石ノ森萬画館」へ、いざ行かん!

石ノ森萬画館

▲石ノ森先生が描いた未来の宇宙船を、そのまま建物にした石ノ森萬画館。

訪れたのは、宮城県石巻市にある「石ノ森萬画館(いしのもりまんがかん)」。『仮面ライダー』や『サイボーグ009』などで知られる、マンガ家・石ノ森章太郎のミュージアムです。

人造人間キカイダー

▲人造人間キカイダー

石ノ森作品の世界を立体的に再現した展示ルームや、オリジナルアニメの上映、仮面ライダーなりきりアトラクションや、自分の絵がアニメーションになるマンガ・アニメ工房など、子供から大人まで夢中になるコンテンツが目白押し!

ロボコン

▲自分が描いた絵がアニメーションに……!?

石ノ森作品のファンはもちろん、マンガやアニメ好きであれば誰もが楽しめますよ! 年齢なんて関係ありません。

そもそも、なぜ石巻に?

石巻の街中にあらわれるサイボーク009

▲石巻市内 石ノ森作品のモニュメントがあちらこちらに。

石ノ森先生の出身地は、石巻市ではなく登米市(旧登米郡中田町)。ではなぜ、石巻市に石ノ森萬画館が設立されたのでしょうか?

 

実は石ノ森先生は、少年時代によく石巻まで映画を観に来ており、大人になってからも静養のために度々石巻を訪れていたそうです。

 

そういった縁もあり、石巻に「石ノ森萬画館」が開館しました。

石ノ森萬画館 フォトスペース

今回はそんな石ノ森萬画館の魅力を、石ノ森作品『がんばれロボコン』の主人公・ロボコンと一緒にご紹介していきます!

ボコが、石ノ森萬画館の魅力をお伝えするのでアリマース!

仙台から「マンガッタンライナー」に乗車しよう!

マンガッタンライナー

写真提供:石ノ森萬画館

萬画館の最寄り駅である「石巻駅」は、仙台駅からJR仙石東北ラインでおよそ1時間。石巻までは、石ノ森作品のキャラクターがラッピングされた「マンガッタンライナー」も不定期で走行していますよ!

マンガッタンライナー乗車券

写真提供:石ノ森萬画館

なお毎週日曜日、JR仙石線「あおば通駅」から発車し、午前中に石巻へ到着する1便だけは「マンガッタンライナー」と決まっているので、その時間を狙っていくのもオススメ! 時刻については、公式HPをご確認ください。

石巻駅のホームで、”マンガッタンライナーの乗車証明書”をもらえますよ!

石巻駅~石ノ森萬画館

石巻駅 階段

▲仮面ライダーの複眼にも注目!

石巻駅へ降り立った瞬間、すでにマンガワールドへ足を踏み入れています。

石巻駅 サイボーグ009と仮面ライダー

皆さんを駅でお出迎えするのでアリマース!

マンガロードを歩いて、石ノ森萬画館へ!

石巻マンガロード 仮面ライダー ブラック

▲マンホールにも注目!

石巻駅から石ノ森萬画館までの道のりは「マンガロード」と呼ばれており、石ノ森作品のキャラクターがいたるところで見られます。

石ノ森萬画館

萬画館まで徒歩約15分。マンガロードは歩くだけでも楽しいので、あっという間に到着です!

エントランス(玄関口)

石ノ森漫画 エントランス入口

正面玄関へ続く通路脇には、『ルパン3世』の作者モンキー・パンチ先生など、日本を代表する画家の手形がずらりと並んでいます。

 

石ノ森萬画館 石ノ森先生の手

巨匠たちの手形を通過すると、最後に石ノ森先生の手が! なんとこの手、東日本大震災の際に津波に襲われながらも、キズ一つつかなかった”奇跡の手”なのだそうです。

入場前に、石ノ森先生と握手!

石ノ森萬画館 仮面ライダー「トライドロン」

▲仮面ライダードライブの愛車「トライドロン」

玄関前にはこんなものまで! トライドロンの後ろには……

スカルマン

ガラスを通り抜けるスカルマンの姿が!

1階

エントランス(インフォメーション)

石ノ森萬画館 スタッフ

▲スタッフさんの衣装も『サイボーグ009』の戦闘服

1階はエントランス、グッズショップ、オリジナルアニメが上映される映像ホールがあります。

観覧券

2階の展示スペースを見学する場合は、エントランスにある自動券売機で観覧券を買いましょう!

1階(映像ホールを除く)と3階は無料で見学できます。

石ノ森萬画館

1階は、赤を基調にしたサイボーグカラーで統一されています。奥はグッズショップとなっているので、帰り際に寄ることにしましょう。

石ノ森先生の作品年表と「トキワ荘」の模型

石ノ森萬画館

石ノ森先生の作品年表や、トキワ荘の15分の1スケール模型が展示されています。

 

年表をみながら「あの作品って、この時代につくられたんだ!」と会話も弾みそうですね。

トキワ壮

▲赤い矢印が、石ノ森先生の部屋。

東京都豊島区南長崎にあったトキワ荘は、石ノ森先生をはじめ、手塚治虫、藤子不二雄(藤子・F・不二雄、藤子不二雄A)、赤塚不二夫、寺田ヒロオなど、のちのマンガ界を代表する巨匠たちが、青春時代を過ごしたアパートです。

 

模型の部屋をのぞいてみると、山積みにされた本、床にばらまかれた原稿、ぼんやりとオレンジ色に光る豆電球など、トキワ荘の内部まで精巧に再現されています。

ぜひ、部屋の中を覗いてみてください!

萬画館でしか観れない映像作品は必見「映像ホール」

石ノ森漫画館

1階から2階へと続いている螺旋状のスロープを上がっていくと、その途中に映像ホールがあります。

 

映像ホールでは毎時10分に『シージェッター海斗』、毎時40分に『龍神沼』『消えた赤ずきんちゃん』が交互に上映されます。上映時間は約15分。

石ノ森萬画館

とくにオススメなのは『シージェッター海斗』。平成仮面ライダーの制作スタッフと、”ミスター仮面ライダー”高岩成二をはじめとする豪華キャストが集結した、ファンには堪らないスペシャルムービーとなっています。

 

スタイリッシュなアクション、迫力ある必殺技、ハラハラドキドキの展開に興奮すること間違いなし! 石巻のヒーロー、シージェッター海斗の活躍をぜひ劇場で。 ※観覧券が必要です。

シージェッター海斗の変身時のかけごえは、閃鋼(せんこう)!

萬画館のスロープ

2階へ続くらせん状のスロープも、宇宙船をイメージさせる内装となっています。

 

窓には、宇宙船の搭乗員であるキャラクターたちの姿が! 全員わかるかな?

石ノ森萬画館

1つだけ真っ暗な窓があるので、見つけたら床にある足跡の上に立って、窓の方をみてください。”あるヒーローキャラクター”が隠れていますよ!

2階

石ノ森萬画館

▲フロアに映し出された影をよくみると……!?

まずは萬画館のメインである、常設展示のある2階へ。ここでは『サイボーグ009』をはじめ、石ノ森ワールドが広がっています。

立体的に表現した『サイボーグ009』の世界

石ノ森萬画館

▲動いたり、喋ったりするサイボーグ戦士たち

まずは代表作ともいえる『サイボーグ009』の世界へ。宿敵・ブラック・ゴースト(黒い幽霊団)の研究所をイメージした空間に、009をはじめとするサイボーグ戦士の姿が。

サイボーグ009 ギルモア博士

9人のサイボーグ戦士を造り出した、ギルモア博士。彼の手元にご注目!

サイボーグ009 劇場映像

▲1966年7月公開

劇場版やTVシリーズの宣伝映像も必見です!

頭上を飛ぶサイボーグ002=ジェット・リンクにも注目してほしいです~

歴代ライダーマスクが揃う!『仮面ライダー』の世界

石ノ森萬画館 仮面ライダー

▲岩の上に立つ仮面ライダー1号

『サイボーグ009』の世界を抜けると、今度は仮面ライダー1号が登場! そして周囲を囲むように並んでいるのは、昭和期に活躍した仮面ライダーたちのマスク。

 

マスクの近くに設置されているモニターには、各仮面ライダーのオープニングムービーが流れています。

仮面ライダーゼロワン

その先には、平成仮面ライダーたちのマスクがズラリ! 現在放送中の『仮面ライダーゼロワン』のマスクもありました! 今後は、令和ライダーが続々と増えていくのでしょうね。

萬画館 仮面ライダーアトラクション

他には、仮面ライダー1号・2号の相棒、サイクロン号に乗れるアトラクションや、

萬画館 アトラクション

仮面ライダーになりきって戦えるアクションも! ※遊ぶには、プリペイドカード(税込み500円)が必要です。

石ノ森先生の原画展示コーナー(撮影不可)

萬画館に所蔵されている、石ノ森先生の原画を展示しているコーナーもあります。年に4回ほど入れ替えて展示されるそうで、筆者が訪れた際は『原始少年リュウ』など「週刊少年チャンピオン」に連載していた作品の原画が展示されていました(第43期原画展示)。

臨場感ありすぎる!『人造人間キカイダー』の世界

人造人間キカイダー

原画コーナーを後にし、さまざまな仕掛けを楽しみながら進んでいくと、『人造人間キカイダー』の世界が待っています。

 

不完全な良心回路をもつロボット、キカイダー誕生の瞬間を再現。「僕は不完全なんだ……」善と悪の狭間で苦悩するジローの声が、かなりリアル。

カプセルの右隣にあるスイッチを押してみてください!

姉さん、事件です!ドラマ化もされた『HOTEL』の世界

HOTEL 石ノ森萬画館

お次は打って変わって、『HOTEL』の世界へ。東京プラトンのフロントでは、赤川一平さんと倉田裕美さんがお出迎え。

石ノ森萬画 HOTELの世界

▲最後の総合評価で、1番向いている職業を教えてくれます!

フロントの隣には、ホテルマンの適性診断が受けられます。出題されるのは、作品や一般的なホテル業界に関する知識。

 

ホテル業界の中で自分がどの職種に向いているのか、わりとしっかり診断してくれます!

ロボットという職種はないようですね~

石巻のヒーロー!『シージェッター海斗』の世界

ジェッター海斗の世界

最後は、石巻のヒーロー『シージェッター海斗』の世界。シージェッター海斗のもととなった、『超神ビビューン』に登場する海の神・超神バシャーンのNG版、鉄魔人シャドルのラフスケッチも展示されています。

ジェッター海斗

▲ドドーン! ヒメラニアン帝国の怪人を討ち果たすジェッター海斗

このコーナーのためだけに製作されたジオラマも必見! 腰を屈めてガラスケースを覗き込んでみてください!

3階

萬画館 3階

3階は、学習・体験ゾーンとなっています。アニメーションをつくれたり、音響や動画を編集できたりと、大人も子供も楽しめる要素が盛りだくさん!

 

壁に展示されている、人気マンガ家先生から寄せられたイラスト色紙も見逃せません!

自分の描いた絵が、アニメーションに!?

石ノ森萬画館 ロボコン アニメーション

「アニメにしようコーナ!」で、筆者もアニメーション作りに挑戦。見本の上に紙を敷いて、鉛筆で下書きを済ませたあとは色鉛筆で色を塗るだけ! 3~5枚ほど描きます(選んだ見本によって枚数は異なります)。

 

見慣れないセットに、気分はもはやマンガ家。 1時間半以上かけて完成させた5枚の絵を、カウンターに常駐しているスタッフの方に渡します。

石ノ森萬画館 アニメーション

▲実際はもう少しスローです。

完成したアニメーションがこちら! 自分の絵が動き出した瞬間、思わず声を上げました。

ボコが飛んでる!しかも超高速(笑)

マンガや映画が見放題!

石ノ森萬画館 マンガコーナー

▲少女マンガも少年マンガも青年マンガもいっぱい!

およそ6,000冊のマンガや本が並ぶ読書コーナー。石ノ森作品をはじめ、最近のマンガ作品までもがラインナップに加わっています。

 

3階は観覧券いらずで利用できるので、開館時間内であれば、いつでも利用できるのが魅力です。他にもDVDの貸し出しも無料で行っており、観賞スペースでみられます。

宇宙船のコックピット!?展望喫茶ブルーゾーン

石ノ森萬画館 カフェ

作業後のひと休みに立ち寄りたいのは、展望喫茶「BLUE ZONE(ブルーゾーン)」。パスタやクジラの漬け丼といった食事はもちろん、パフェやソフトクリームといったスイーツもあります。

 

作品をモチーフにしたオリジナルメニューはもちろん、特別企画展開催中は、限定のコラボメニューも登場します。

宇宙船のコックピットをイメージした内装は、どこか近未来を思わせるようなつくり。窓から見える石巻も必見です!

石ノ森萬画館カフェ

▲ホットココア

雄大な北上川を眺めながら、優雅なティータイムを満喫します。

石巻の景色を眺めながら、ノンビリ寛いでください!

石ノ森萬画館へのアクセス

石巻駅からのアクセス

石巻まき マンガロード マップ

最寄りのJR仙石線「石巻駅」からは、徒歩約15分。

サイボーク009

改札を出てそのまま直進すると、『サイボーグ009』の主人公・009=島村ジョーが現れるので、彼の脇道を通り左折します。

サイボーク009 グレードブリテン

『サイボーグ009』の007=グレード・ブリテンの横を通り過ぎ、

石巻マンガロード

『サイボーグ009』の006=張々湖(ちゃん ちゃんこ)を横目に、直進。

石ノ森萬画館へ続くマンガロード

石巻最初の百貨店だった、「旧観慶丸商店」がみえてきます。横断歩道を渡り、そのまま直進しましょう。

 

すると水色の橋「西内海橋」がみえてきます。橋を渡った先に石ノ森萬画館がありますよ!

駐車場について

石巻市かわまち立体駐車場

いしのまき元気いちばの正面にある、市営駐車場「石巻市かわまち立体駐車場」なら、誰でも2時間駐車無料で利用できます。ここから石ノ森萬画館までは、徒歩約2~3分ほど。

 

石ノ森萬画館指定の駐車場(石巻市かわまち立体駐車場は除く)を利用する場合、観覧券(もしくは年間パスポート)を提示すれば、1時間分の駐車サービス券がもらえます。

 

指定駐車場の情報は、公式HPをご確認ください。

石ノ森萬画館に行って、マンガの世界へトリップしよう!

石ノ森萬画館 夜

▲夜 ライトアップされる石ノ森萬画館

いかがでしたか? 石ノ森萬画の体験レポートをロボコンと一緒にご紹介しました。

 

ちなみに石ノ森萬画館の漢字が、なぜ「漫画」ではないのかというと、”漫画はあらゆるものを表現できる無限の可能性を秘めたメディアである”という、石ノ森先生が1989年に提唱した「萬画宣言」に由来しているからなんだそう。

石ノ森萬画館 入口

ボコに会いに、ぜひ石巻まで遊びに来てくださいね~!

今回取材させていただいたのは「石ノ森萬画館」

【住所】

〒986-0823 宮城県石巻市中瀬2-7

【開館時間】

[3~11月]9:00~18:00(チケット販売は、17:30まで)

[12月~2月]9:00~17:00(チケット販売は、16:30まで)

【定休日】

[3~11月]第3火曜日

[12月~2月]火曜日

 

※火曜日が休日の場合、その翌日が休館日。
※ゴールデンウィーク期間中、夏休み(7月下旬~8月25日)、冬休み期間&元日は休まず開館。
※大晦日は15:00閉館。また、石巻川開き祭り(毎年7月31日~8/1)は打上花火会場となるため16:00閉館。

公式HPはこちら

 

©石森プロ ©石森プロ・東映 ©石森プロ/街づくりまんぼう

石ノ森萬画館
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード

GOGO MIYAGI 編集部
GOGO MIYAGI 編集部

GOGO MIYAGI!運営&記事編集担当。マグロとすんだ餅が好物。宮城にある神社や仏閣、景勝地、B級スポットの発掘に日々没頭中。読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。