金華山
アイキャッチ画像出典:PIXTA

牡鹿半島ってどんな所?

リアス式海岸

撮影:編集部

宮城県北東部、石巻市と女川町に属している「牡鹿半島(おしかはんとう)」。

太平洋に向かって南に伸びる約25kmの半島で、海岸部の多くが三陸復興国立公園に指定されています。

石巻市 鮎川浜

出典:PIXTA

長年の波によって形成されたリアス式海岸が続き、大小さまざまな入り江が点在。

「浜」と呼ばれる小さな漁村が30ほどあります。

 

半島の中心地として栄えているのが、石巻市側の先端部にある「鮎川浜(あゆかわ)」です。

観光に外せない「鮎川浜」

石巻市 鮎川漁港

出典:PIXTA(石巻市の鮎川漁港)

鮎川浜(あゆかわ)には鮎川港があり、離島への玄関口となっています。

金運のパワースポットで知られる「金華山」、東北のネコ島「田代島」、東北のハワイともいわれている「綱地島」へ渡れます。

 

また2019年にオープンした「おしかホエールランド」は、食事・土産物・体験の3拍子が揃う観光施設。

石巻の捕鯨文化を紹介する展示があるほか、食や工芸品を通じて知ることもできます。

 

観光インフォメーションもあるので、どこへ行くか迷ったときにも便利です。

牡鹿半島の楽しみ方

牡鹿半島 海

出典:PIXTA

牡鹿半島を観光する際、車もしくはタクシー、バイク、レンタルサイクルが足となります。

路線バスは走っていますが運行本数が限られているほか、地元住民の生活に密着した仕様のためオススメできません。

 

■路線バスの時刻表(石巻駅ー鮎川港)※2020年7月1日時点の情報

宮城交通バス・鮎川線の運航ダイヤ(平日)

宮城交通バス・鮎川線の運航ダイヤ(土休日)

「コバルトライン」を走ろう!

コバルトライン 大六天駐車場

撮影:編集部(コバルトラインにある「大六天駐車場」)
コバルトライン
撮影:編集部

牡鹿半島を縦断するように県道225号線、通称「コバルトライン」が通っており、ドライブコースとして人気。

とくに「大六天駐車場」や「おしか御番所公園」は、太平洋と周辺の島々を一望できるビュースポットなので、ぜひお立ち寄りください!

 

またコバルトラインは、ライダーにも知られたサイクリングコース。

東日本大震災の復興支援を目的としたサイクリング大会『ツール・ド・東北』の舞台でもあり、

 

半島周遊で約90km、アップダウンの多いワインディングロードで、中~上級者向けコースとして紹介されています。

レンタルサイクルについて

女川湾 自転車

撮影:編集部

レンタルサイクルは石巻市、もしくは女川町に数カ所あります。

レンタルサイクルはインターネットによる事前予約、もしくは貸し出し店舗窓口で当日申し込みです。

 

料金は1日1台3,000円台(時間制の場合は500円~)。

「乗り捨てレンタル」に申し込めば、レンタルした店舗とは違う店舗に返却OK。

 

【石巻市】

■石巻観光情報案内所(石巻市役所1階)

8:30~17:00(年末年始休み)

レンタルサイクルの予約・詳細ページはこちら

■サン・ファンパーク

9:00~17:00(火曜定休※祝日除く)

レンタルサイクルの予約・詳細ページはこちら

■石巻市かわまち交流センター

9:00~17:00(不定休)

レンタルサイクルの予約・詳細ページはこちら

■北上観光物産交流センター

9:00~16:00(火曜定休※祝日除く)

レンタルサイクルの予約・詳細ページはこちら

■石巻グランドホテル

6:30~18:00(無休)

レンタルサイクルの予約・詳細ページはこちら 
■川の上・百俵館

11:00~17:00(月曜定休)※8月中旬より貸出開始予定

レンタルサイクルの予約・詳細ページはこちら 

 

【女川町】

■たびの情報館 ぷらっと

9:00~17:00(無休)

レンタルサイクルの予約・詳細ページはこちら

 

※電動アシスト自転車以外はかごが付いていないため、身軽な格好がオススメ。カバンはリュック、ナップサックなどが便利。

立ち寄りたい、牡鹿半島の観光スポット

続いては牡鹿半島内にある、観光スポットをご紹介します。石巻市の観光スポットについては、下記記事をご覧ください。

< 前のページ 1/3 次のページ >

関連するおすすめ記事

石巻・気仙沼に関するトピック

石巻・気仙沼 × 観光スポットもっと見る >

石巻・気仙沼 × グルメ・お土産もっと見る >

石巻・気仙沼 × 歴史・人物もっと見る >

石巻・気仙沼 × イベント・祭事もっと見る >

石巻・気仙沼 × 体験・レジャーもっと見る >

石巻・気仙沼 × ライフ・生活もっと見る >