GOGO MIYAGI! > 未分類 > 「南三陸町」を巡ろう!王道から穴場まで観光スポットをご紹介

「南三陸町」を巡ろう!王道から穴場まで観光スポットをご紹介

2021/01/19 更新

仙台から車で約1時間30分、宮城県北東沿岸部にある南三陸町。2つの復興商店街や、リーズナブルで贅沢な海鮮丼「キラキラ丼」も話題を呼び、県外からも多くの観光客が訪れます。この記事では観光スポットを中心に、南三陸町の魅力をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

南三陸町ってどんなところ?

南三陸町と志津川湾

出典:PIXTA

宮城県沿岸の北部に位置する、南三陸町。三方を山に囲まれ一方は海に面した地形で、町の70%を森林が占める自然豊かな場所です。

また海流の影響により、夏も涼しく、冬は雪が少ないという特徴があります。

※三陸復興国立公園……日本大震災により被災した三陸地域の復興に貢献するために、平成25年5月に創設された国立公園。

南三陸町といえば、モアイ!?

南三陸町 モアイ像

今から60年前の1960年に起きたチリ地震による津波で、南三陸町は大きな被害を被りました。

この津波の記憶を未来に伝えるため、南三陸町とチリ共和国は友好を深め、1991年にチリ彫刻家が新たにつくったイースター島のモアイ像が、世界で初めて南三陸町に贈呈されたのです。

 

今でも交流が続き、町内には7ヵ所にモアイ像があります。モアイ像の場所や位置は南三陸町観光協会のHPをご覧ください!

名物「キラキラ丼」

キラキラ丼

写真提供:宮城県観光課

南三陸町の名物「キラキラ丼」。南三陸の新鮮な魚介をたっぷりとのせた丼で、春(3~4月)は「春つげ丼」、夏(5~8月)は「うに丼」、秋(9月~10月)は「秋旨丼」、冬(11月~2月)は「いくら丼」と、四季ごとに異なる味が楽しめます。

 

リーズナブルな値段で贅沢な丼ぶりが食べられると話題になり、現在では全国に知られる名物になりました。南三陸町へきたら、ぜひ食べておきたい1品です。

 

続いては南伊豆町へのアクセス方法からご紹介します。

仙台駅からのアクセス

公共交通機関(電車・バス)の場合

BRTバス

出典:PIXTA(BRTのバス停)

「仙台駅」からJR東北線に乗車し約44分、「小牛田駅」で気仙沼線(もしくは石巻線)に乗り換え約14分「前谷地駅(もしくは柳津駅)」へ。

「前谷地駅」から気仙沼線(電車もしくはBRT)に乗り換え、南三陸町内各駅下車。

BRTの時刻表はこちら

→仙台駅から南三陸町まで、所要時間約2時間30分

 

※南三陸町観光協会では、レンタルサイクルを実施しています。詳細は下記の「みなたび」をご確認ください。

レンタルサイクル「みなたび」公式HPはこちら

高速バス

「県庁市役所前」、もしくは「仙台駅前のりば(宮交仙台高速バスセンター40番)」から乗車し約100分、「BRT志津川駅」降車。

 

※仙台発は「仙台駅前」までは乗車のみ。「BRT志津川駅」からは降車のみとなります。

※予約制ではありません。

高速バスの時刻表はこちら

片道運賃:大人1,800円小児(小学生)は半額

■レンタカーを利用する場合の「最寄り駅」

仙台駅、もしくは東北新幹線「くりこま高原駅」。両駅ともすぐ近くにレンタカー屋がある。

→仙台駅から南三陸町まで、車で約90分

→くりこま高原駅から南三陸町まで、約50分

 

■最寄りのインターチェンジ

→志津川I.C

…南三陸さんさん商店街、南三陸ポータルセンター(観光案内所・震災記録館)

→南三陸海岸I.C

…サンオーレそではま

→歌津I.C

…南三陸ハマーレ歌津、田束山

 

続いては、南三陸町にある観光スポットをご紹介します。

① キラキラ丼が食べられる「南三陸さんさん商店街」

南三陸さんさん商店街

出典:PIXTA

東日本大震災の翌年に仮設商店街としてスタート、2017年3月に本設した「南三陸さんさん商店街」。
南三陸杉を使用した温かみのある平屋に、飲食店や鮮魚店、雑貨屋などが入っています。

 

南三陸町の名物”キラキラ丼”をはじめとする海産グルメ、ご当地土産、志津川湾を一望できる展望台があり、観光客で賑わうスポットです。

南三陸さんさん商店街の基本情報

所在地:

宮城県本吉郡南三陸町志津川字五日町201番地5

営業時間:

各店舗により異なる

アクセス:

・三陸自動車道 志津川I.Cから車で約5分

・仙台駅(宮交仙台高速バスセンター40番)から高速バスに乗車し約100分、「BRT志津川駅」下車徒歩すぐ

・BRT「志津川」下車徒歩約3分

駐車場:

無料

② 志津川湾をのぞむ新名所「北の恋人岬」

南三陸さんさん商店街から車で10分、徒歩で30分の場所にある「北の恋人岬」。町民有志によりつくられた新名所で、古代ギリシャ建築様式を取り入れた「幸せの鐘」がシンボルとなっています。

北の恋人岬は海抜10メートル以上の断崖にあり、志津川湾を見渡せるビュースポット。

 

休憩できる東屋や四季の花が咲く花壇、手作りの看板が建っています。

基本情報

所在地:

宮城県本吉郡南三陸町志津川字袖浜174−3(民宿明神崎荘の先)

アクセス:

三陸自動車道 南三陸海岸I.Cから車で約5分「明神崎荘」へ、駐車場から徒歩約8分

駐車場:

なし(「明神崎荘」の駐車場を利用)

 

③ 神様が割った岩?「神割崎」

神割崎

出典:PIXTA

神割崎と太陽

出典:PIXTA

むかしむかしのお話。争う人々を鎮めるために、神様が岩を割られたという伝説が残る「神割崎(かみわりざき)」。

まるで巨大な斧で割られたような垂直な岸壁に、荒波が打ち寄せ、白い飛沫を上げて散っていくさまは迫力満点!

 

年に2回(例年2月中旬と10月下旬頃)、岸壁の間から日の出がみえる機会があります。

神割崎の基本情報

所在地:

宮城県本吉郡南三陸町戸倉寺浜地内

営業時間:

なし

アクセス:

・三陸自動車道 志津川I.Cから車で約24分

・仙台駅(宮交仙台高速バスセンター40番)から高速バスに乗車し約100分、「BRT志津川駅」下車。志津川観光タクシー(0226-46-2132)に連絡し現地へ

・BRTバス「陸前戸倉駅」下車。志津川観光タクシー(0226-46-2132)に連絡し現地へ。

駐車場:

無料/90台

 

④ 海鳥とクルージング!「志津川湾観光船」

南三陸ホテル観洋が運営している「志津川観光船」。もちろん宿泊しなくても乗船できます。

およそ55分の船旅で、志津川湾に浮かぶ荒島、野島、椿島や、リアス式海岸特有の複雑な入り江など、船上から南三陸町の景観を楽しみます。

 

船を囲むようにウミネコやカモメが集まってくるため、エサをあげることも可能! 海鳥たちと戯れながらクルージングを満喫しましょう。

志津川湾観光船の基本情報

所在地:

〒986-0766 宮城県本吉郡南三陸町志津川黒崎99‐17(南三陸ホテル観洋)

タイムスケジュール:

ホテル発(10時15分)→漁港岸壁発(10時30分頃)→漁港岸壁着(11時30分頃)

予約・詳細は南三陸ホテル観洋の公式HPをチェック!

料金:

大人(中学生以上) 1,080円、中高生 840円、子供(小学生) 540円 ※未就学児無料

アクセス:

・三陸自動車道 志津川I.Cから車で約10分

・BRT「陸前戸倉駅」下車。志津川観光タクシー(0226-46-2132)に連絡し現地へ。もしくは徒歩約30分。

駐車場:

無料/200台

④ 日帰り入浴もできる「南三陸ホテル観洋」

南三陸町 ホテル観洋

写真提供:宮城県観光課(女性露天風呂)

海に突き出しかのような露天風呂が有名な「南三陸ホテル観洋」。地下2000mの深層天然温で、宮城県内では珍しい太平洋沿岸で湧き出た温泉です。

露天風呂のほかに、太平洋に面した4つの大浴場、サウナもあります。

 

またうれしいことに、日帰り入浴も可能なのです! ※日にち時間帯によってご利用いただけない施設もあります。

フェイスタオルなども販売しており、手ぶらで楽しめるのもポイント。詳細は南三陸ホテル観洋の公式HPをご確認ください。

南三陸ホテル観洋の基本情報

所在地:

南三陸ホテル観洋(南館4階大浴場/東館2階大浴場/天然温泉露天風呂/サウナ)
※日にち時間帯によってご利用いただけない施設もあります。

利用可能時間:

11時~15時(東館大浴場・露天風呂12時~)
※受付は14時まで。

※GW、お盆、年末年始は利用時間が異なる。公式HPをご確認ください。

料金:

大人840円、小人410円

アクセス:

・三陸自動車道 志津川I.Cから車で約10分

・BRT「陸前戸倉駅」下車。志津川観光タクシー(0226-46-2132)に連絡し現地へ(5分)、もしくは徒歩約30分

駐車場:

無料/200台

南三陸ホテル観洋の公式HPはこちら

⑤ 太平洋をのぞむ絶景スポット「田束山」

田束山とつつじ

出典:PIXTA

田束山 行者の道

出典:PIXTA

田束山(たつがねさん)は、南三陸町屈指のビュースポット。気仙沼市と南三陸町にまたがる標高512mの山頂からは、太平洋を一望することができます。

また“つつじの名所”でもあり、開花シーズンである5月下旬~6月には、多くの花見客で賑わる山です。

 

山頂まで車でいくこと可能。また古くから山岳信仰の霊山とされてきた名残で、多くの僧が修行の一つとして登った”行者の道”と呼ばれる登山道もあります。

クモ滝や穴滝、さらに6月下旬~7月上旬に見頃となるあじさい園など、”行者の道”だからこそみられる景色も必見です(所要時間約2時間~2時間半)。

 

山頂には※奥州藤原氏とゆかりある11基の経塚(経典を土中に埋納した塚)、観音様の像が立っています。

 ※奥州藤原氏(おうしゅうふじわらし)

寛治元年(1087年)から源頼朝に滅ぼされる文治5年(1189年)までの間、陸奥(後の陸中国)平泉を中心に、出羽(現在の山形県・秋田県)を含む東北地方一帯に勢力を張った藤原北家の支流の豪族。

4代100年にわたって繁栄を極め、平泉は平安京に次ぐ日本第二の都市となった。

田束山

所在地:

宮城県本吉郡南三陸町歌津樋の口150

アクセス:

三陸自動車道 歌津I.Cから車で約25分

駐車場:

頂上付近に数か所無料駐車場あり(大型バス駐車可)

駐車場の位置MAPはこちら

⑥ 泳がなくても楽しい「サンオーレそではま」

サンオーレそではま

出典:PIXTA

荒嶋神社

出典:PIXTA(荒嶋神社)

人工海水浴場「サンオーレそではま」は、全長300mの砂浜ビーチ。内湾に面しているため波が穏やかで、小さい子供も泳げるファミリーに人気の海水浴場です。

その隣には「荒島・楽天パーク」があり、タコをモチーフにした遊具やターザンロープなど、泳げない子供も楽しめる遊び場があります。

 

また近くには無人島の荒島(あれしま)があり、島へは陸から桟橋が伸びているため、歩いて渡ることができます。

赤い大きな鳥居が島への入口で、弁天様を祀る「荒嶋神社」が鎮座しています。

 

「荒島」に関して
この島は国際認証森林に登録されており、一日の入島人数や森に入る際の装備にルールがある。
この島の自然を味わう際には、南三陸ネイチャーセンター友の会(www.rias-nature.jp)にご一報を。(引用:南三陸町観光協会

サンオーレそではまの基本情報

所在地:

宮城県本吉郡南三陸町志津川字袖浜地内

アクセス:

・三陸自動車道 南三陸海岸I.Cから車で約6分

・BRT「南三陸町役場・病院前駅」から徒歩約22分

駐車場:

無料/約400台

⑦ ドライブの休憩に「南三陸ハマーレ歌津」

三陸自動車道 歌津I.Cから約3分と、アクセスのいい商店街「南三陸ハマーレ歌津」。海が見える商店街で、飲食店やカフェ、鮮魚や野菜やお酒、土産物に釣り具などを取り扱う店舗が並んでいます。

広い駐車場にトイレ、自由に座れるベンチやテーブルもあり、ドライブの休憩にもピッタリ!

 

「春づけわかめまつり」「カキたら福まつり」「芋煮会」「歌津あわび祭」など季節ごとにイベントも開催されているので、事前に公式HPを確認して訪ねてみるのもいいですね。

南三陸ハマーレ歌津の基本情報

所在地:

宮城県本吉郡南三陸町歌津字伊里前96-1

営業時間:

各店舗によって異なる

アクセス:

・三陸自動車道 歌津I.Cから車で約3分

・ BRT「歌津駅」下車徒歩約1分

駐車場:

無料/約140台、大型2台

南三陸ハマーレ歌津の公式HPはこちら

⑧ 試験に合格したい受験生は「入谷八幡神社」へ!

入谷八幡神社(いりやはちまんじんじゃ)はおよそ1,300年前の白鳳(通説では白雉650年〜654年の別称)年間に創始されとされています。

 

北の奥山に潜み住んでいた兄弟が凶作をもたらしていたため、村人が※藤原秀衡(ふじわら の ひでひら)に討伐を要請し、源義経が二人を退治。その戦勝を祈願して建立されたといわれる、歴史の長い神社です。

 

文武の神で知られる応神天皇(おうじんてんのう)を御祭神を祀っており、源義経に所縁のある神社とされています。

 

有名なのは、境内に納められているタコのブロンズ像「オクトパス君」。置くと(受験に)パス(合格する)、という語呂合わせも縁起が良く、合格祈願のスポットにもなっているそう。

 

御朱印もオクトパス君の判子が押された可愛らしいもので、受験グッズなども販売されています。見開き御朱印500円、片面御朱印300円。

 

※藤原秀衡…奥州藤原氏(11~12世紀にかけて平泉を中心に東北地方に勢力をはった豪族)第3代当主。源義経を庇護しかくまった。

入谷八幡神社

所在地:

宮城県本吉郡南三陸町入谷字水口沢243

アクセス:

三陸自動車道 志津川I.Cから車で約6分

駐車場:

あり

入谷八幡神社の公式HPはこちら

のどかな南三陸町で、ノンビリ旅を

南三陸町 日の出

出典:PIXTA
2つの復興商店街があるほか、遊覧船、絶景露天風呂、パワースポット、そしてモアイ像と、南三陸町ならではの魅力がたくさんあります。
車での移動が便利ですが、BRT(バス)も走っているほか南三陸町観光協会ではレンタルサイクルも行っています。電動自転車もあるので、徒歩では遠い場所も足が伸ばせますね!

 

田束山とつつじ
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード

GOGO MIYAGI 編集部
GOGO MIYAGI 編集部

GOGO MIYAGI!運営&記事編集担当。マグロとすんだ餅が好物。宮城にある神社や仏閣、景勝地、B級スポットの発掘に日々没頭中。読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。

GOGO MIYAGI! > 未分類 > 「南三陸町」を巡ろう!王道から穴場まで観光スポットをご紹介