石巻 日和山公園
アイキャッチ画像出典:PIXTA

石巻の日和山公園ってどんなところ?

石巻 日和山公園

出典:PIXTA

JR石巻駅から徒歩約20分、標高60mほどの小高い丘に広がる「日和山公園(ひよりやまこうえん)」。

 

頂上には「鹿島御児神社(かしまみこじんじゃ)」が鎮座し、鳥居越しから雄大な太平洋をのぞめます。

東日本大震災では、命の山となった

日和山の説明文

日和山公園の存在が大きく取り上げられたのは、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」。

 

津波から逃れるため、多くの人々が避難した「命の山」なのです。

以下、写真上の文章を引用いたします。

2011年3月11日の東日本大震災時、数えきれない人が避難した命の山となりました。

そして避難してきた人々は、降りしきる雪の中、信じられない光景を目にします。

高さ6mを超える大津波が、目の前の街並みや車を押し流し、同時に発生した津波火災によって燃え上がる街の景色です。

 

園内には、震災前の石巻を移した写真が展示されており、現在の景色と見比べることができます。

▲2019年撮影(日和山公園からみる、沿岸側の南浜地区・門脇地区。石巻南浜津波復興祈念公園の工事風景)

この地区は津波と火災の延焼により、500名もの方々が犠牲になられた場所です。

 

亡くなられた方々への追悼、震災の記憶と教訓の後世への伝承のため、「石巻南浜津波復興祈念公園」が建設されます。

震災前の日和山からの石巻市の景色

▲震災前の景色

訪問日の2019年はまだ建設途中でしたが、「石巻南浜津波復興祈念公園」は2021年3月28日(日)開園する予定です。

▲2019年撮影(石ノ森萬画館のある内陸側)

写真中央を流れている、旧北上川の中州に建つ白いドーム状の建物は、石ノ森萬画館(いしのもりまんがかん)。

『仮面ライダー』や『サイボーグ009』でおなじみ、漫画家・石ノ森章太郎ワールドにどっぷりつかれるミュージアムです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

震災前の旧北上川と石巻萬画館

▲震災前の景色

あの松尾芭蕉も足を運んだ!

日和山公園 松尾芭蕉

▲おくのほそ道紀行三百年記念に建造された

こちらは日和山公園に建つ、江戸時代の俳人・松尾芭蕉と弟子の曾良(そら)の像です。

代表作『※おくのほそ道』の道中で、芭蕉と曾良は石巻を訪ねています。

 

「平泉を目指していた芭蕉と曾良は、道を誤り石巻というところへ出た。金華山がみえる海を見渡してみると、数百の船が湾内に集まり、土地を争うように家がひしめき合い、炊事の煙が立ち上っている。」

 

と、石巻の活気ある様子を『おくのほそ道』で記しています。

また弟子の曾良が書いた『曾良旅日記』では、日和山に上り石巻の海を見渡した、とも記されています。

※おくのほそ道…俳人・松尾芭蕉による紀行文。

江戸から旅立ち、奥州、北陸道をめぐった旅行記であり、紀行作品の代表的な存在。

< 前のページ 1/2 次のページ >

関連するおすすめ記事

石巻・気仙沼に関するトピック

石巻・気仙沼 × 観光スポットもっと見る >
石巻・気仙沼 × 温泉・宿泊もっと見る >
石巻・気仙沼 × グルメ・お土産もっと見る >
石巻・気仙沼 × 歴史・人物もっと見る >
石巻・気仙沼 × イベント・祭事もっと見る >
石巻・気仙沼 × 体験・レジャーもっと見る >
石巻・気仙沼 × ライフ・生活もっと見る >