GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 【石巻・日和山公園】江戸時代から変わらぬ眺望名所

【石巻・日和山公園】江戸時代から変わらぬ眺望名所

2021/04/07 更新

石巻のシンボル的な存在である「日和山(ひよりやま)公園」。標高60mほどの小高い山は、昔から眺望の名所として知られており、江戸時代には俳人・松尾芭蕉と弟子の曾良が訪れました。東日本大震災では「命の山」となり、テレビを通じて全国にその名が知れ渡りました。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

石巻の日和山公園ってどんなところ?

石巻 日和山公園

出典:PIXTA

JR石巻駅から徒歩約20分、標高60mほどの小高い丘に広がる「日和山公園(ひよりやまこうえん)」。

 

頂上には「鹿島御児神社(かしまみこじんじゃ」が鎮座しており、鳥居越しには広大な太平洋が広がっています。

東日本大震災では、命の山となった

日和山の説明文

日和山公園の存在が大きく取り上げられたのは、2011年3月11日に発生した「東日本大震災」。

 

津波から逃れるため、多くの人々が避難した「命の山」なのです。

以下、写真上の文章を引用いたします。

2011年3月11日の東日本大震災時、数えきれない人が避難した命の山となりました。

そして避難してきた人々は、降りしきる雪の中、信じられない光景を目にします。

高さ6mを超える大津波が、目の前の街並みや車を押し流し、同時に発生した津波火災によって燃え上がる街の景色です。

 

園内には、震災前の石巻を移した写真が展示されており、現在の景色と見比べることができます。

▲2019年撮影(日和山公園からみる、沿岸側の南浜地区・門脇地区。石巻南浜津波復興祈念公園の工事風景)

この地区は津波と火災の延焼により、500名もの方々が犠牲になられた場所です。

 

亡くなられた方々への追悼、震災の記憶と教訓の後世への伝承のため、「石巻南浜津波復興祈念公園」が建設されます。

震災前の日和山からの石巻市の景色

▲震災前の景色

訪問日の2019年はまだ建設途中でしたが、「石巻南浜津波復興祈念公園」は2021年3月28日(日)開園する予定です。

▲2019年撮影(石ノ森萬画館のある内陸側)

写真中央を流れている、旧北上川の中州に建つ白いドーム状の建物は、石ノ森萬画館(いしのもりまんがかん)。

『仮面ライダー』や『サイボーグ009』でおなじみ、漫画家・石ノ森章太郎ワールドにどっぷりつかれるミュージアムです。

詳しくはこちらの記事をご覧ください!

震災前の旧北上川と石巻萬画館

▲震災前の景色

あの松尾芭蕉も足を運んだ!

日和山公園 松尾芭蕉

▲おくのほそ道紀行三百年記念に建造された

こちらは日和山公園に建つ、江戸時代の俳人・松尾芭蕉と弟子の曾良(そら)の像です。

代表作『※おくの細道』の道中で、芭蕉と曾良は石巻を訪ねています。

 

「平泉を目指していた芭蕉と曾良は、道を誤り石巻というところへ出た。

金華山がみえる海を見渡してみると、数百の船が湾内に集まり、土地を争うように家がひしめき合い、炊事の煙が立ち上っている。」

 

と、石巻の活気ある様子を『おくの細道』で記しています。

また弟子の曾良が書いた『曾良旅日記』では、日和山に上り石巻の海を見渡した、とも記されています。

※おくの細道…俳人・松尾芭蕉による紀行文。

江戸から旅立ち、奥州、北陸道をめぐった旅行記であり、紀行作品の代表的な存在。

日和山公園の楽しみ方

そんな日和山公園での過ごし方をご紹介します。

石巻市街と海を眺める

石巻 日和山公園

▲出典:PIXTA 日和山頂上

まずは松尾芭蕉も眺めたという、石巻の海景色を楽しみましょう!

 

冒頭でご紹介した震災前の風景写真が、公園を囲む柵に展示されています。ぜひ見比べてみてください。

出典:PIXTA

また日和山公園は、400本の桜が咲き誇る石巻の花見名所でもあります。

開花シーズン中の夜は例年ライトアップが行われ、夜桜と石巻の夜景を同時に観賞できるのも魅力です。

※2021年のライトアップは開催中止。

 

桜の見ごろ
4月上旬~中旬

鹿島御児神社を参拝しよう!

鹿島御児神社

日和山の頂上に鎮座する「鹿島御児神社(かしまみこじんじゃ)」を参拝しましょう!

※延喜式神明帳に名を連ね、平安の朝廷からも重要視された由緒ある古社です。

※延喜式神明帳(えんぎしきじんみょうちょう)……延長5年(927)にまとめられた『延喜式(平安時代の宮中における年間行事や制度をまとめた実務規定)』の巻九・十のこと。

当時「官社」に指定された全国の神社一覧(全2,861社)。

 

 

鹿島御児神社

ご祭神は、武甕槌命(たかみかづちのみこと)と鹿島天足別命(かしま あまたりわけのみこと)の二柱。

武神の親子神です。

 

ご利益は、職業繁栄、安産、悪疫除け、鬼門除け、海上安全守護、交通安全。

鹿島御児神社 手水舎

八幡神社や稲荷神社なども鎮座しています。

鹿島御児神社 御朱印

また御朱印をいただけます。右のネコスタンプは、鹿島御児神社の看板ネコ・シャム夫くん。

訪問した際は会えませんでしたが、人懐っこい性格なんだそうです。

 

鹿島御児神社の公式HPはこちら

シュークリームで一息つこう

石巻のお店 かざみどり

▲営業時間は9:30~18:00

日和山公園の前にある「工房 かざみどり」。

シュークリーム専門店で、TVで雑誌などで取りあげられている人気店です。

石巻 かざみどり シュークリーム

▲レアチーズ260円

定番のカスタードから、ずんだや抹茶など、およそ6~10種類ほど(日によって変わります)。

なかでも一番人気は「レアチーズ」。

 

サクッとした生地に、フランス産の高級高級クリームチーズがたっぷり!

またブルーベリーが添えられており、ほどよい酸味もある上品な味です。

 

テイクアウトして日和山公園(ベンチは複数ある)で食べるのもよし、店内もいただけます。

 

工房 かざみどりの公式HPはこちら

日和山公園へのアクセス

JR石巻駅から徒歩で向かう(約20分)

日和山公園の坂道

▲山頂に向かう階段と坂道(この上りを10分ほど歩きます)

仙台から石巻まで、仙石東北ラインで約60分。石巻駅から日和山公園までは、徒歩20分ほど。

 

日和山公園は標高56mの「山」ですが、公園として整備されているた山道はありません。

日和山公園

階段をのぼりきると、日和山公園の入口がみえてきます。

鹿島御児神社

こちらの階段を上がると…

日和山山頂

鳥居の建つ広場にでます! ここからの眺望がとくに素晴らしいです。

車で向かう

石巻市かわまち立体駐車場

▲石巻市かわまち立体駐車

JR石巻駅から、7分ほどで着きます。

ただし駐車場へ至る道幅が狭いのと、駐車台数は27台と限りがあります(無料)。

とくに桜シーズンは周辺道路も混雑するため、「石巻市かわまち立体駐車」を利用するのも手です。

石巻市かわまち立体駐車から日和山公園へは、徒歩15分ほど。

 

8:00~18:00までの入場で2時間無料、以降30分150円です。

石巻市かわまち立体駐車の詳細ページはこちら

眺望名所、そして命の山

日和山公園から望む石巻湾

出典:PIXTA(鹿島御児神社の境内からのぞむ日和山公園)
江戸時代から眺望の名所として知られた、石巻の「日和山公園」。
2011年の東日本大震災では、避難してきた人々を津波から守った命の山となりました。
眺望も良さもさることながら、震災の記憶を今に伝える、石巻のシンボルです。

 

石巻 日和山公園
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

編集部員 M
編集部員 M

GOGO MIYAGI!記事執筆担当。東北の魅力にハマり、自腹で宮城県に通う日々が続く。ペーパードライバーなので、旅は徒歩・バス・電車が中心。現地のリアルな観光レポートをお届けします!

GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 【石巻・日和山公園】江戸時代から変わらぬ眺望名所