細倉マインパーク駅前 ホーム
アイキャッチ画像:撮影 編集部
記事中画像:撮影 編集部

「細倉マインパーク前駅」とは?

宮城県北部、栗原市にある「細倉(ほそくら)マインパーク前駅」 は、2007年(平成19)に廃線となった「くりはら田園鉄道」の終着駅です。

くりはら田園鉄道は「石越駅~細倉鉱山駅」を結んでいた単線ローカル線で、「くりでん」の愛称で親しまれていました。

細倉マインパーク 坑道内

▲細倉マインパーク

駅がある栗原市細倉地区は、かつて鉛や亜鉛を産出する鉱山町として栄えた地域。鉱山の一部は「細倉マインパーク」として開放され、地元を代表する観光名所となっています。

 

\日本の廃駅を訪ねてみよう/

ITEM
日本の廃駅&保存駅136感動編
出版社:イカロスMOOK
発行年月:2022年01月26日
ページ数:173p

廃駅になるまでの歴史

前身は「細倉駅」

細倉マインパーク駅前 線路

細倉マインパーク前駅は1990年(平成2)に開業しましたが、その前身となる「細倉駅」は1942年(昭和17)に開業。
細倉駅は、くりはら田園鉄道の前身にあたる「栗原電鉄」の駅で、旅客列車の終点でもありました。レールは、細倉駅の先にある貨物駅「細倉鉱山駅」まで伸びており、鉱石を運搬するために利用されていたようです。

 

しかし1987年(昭和62)に細倉鉱山が閉山すると、「細倉駅~細倉鉱山駅」間は廃線となります。

細倉マインパークとともに開業した駅

細倉マインパーク

1990年に「細倉マインパーク」がオープンすると、細倉駅~細倉鉱山駅の廃線を活用して、細倉駅は鉱山側に200mほど移転。駅名も「細倉マインパーク駅前」と改名されました。

“元”細倉駅の駅舎は解体され、かつて駅があった場所には石碑が立っています。

 

2002年(平成14)には「東北の駅百選」にも選定され、レジャー施設の玄関口として利用されていましたが、くりはら田園鉄道の赤字経営が改善されず、2007年に廃線が決定。「細倉マインパーク前駅」は廃駅となりました。

 

駅舎は閉鎖されているものの、ホームや線路は現役の姿をほぼそのまま保っています。駐車場やトイレも整備されており、自由に見学することが可能です。

細倉マインパーク前駅を歩いてみる

細倉マインパーク駅前 駐車場

「細倉マインパーク駅前」入り口。駐車場も広々としています。

< 前のページ 1/2 次のページ >

関連するおすすめ記事

栗原・登米に関するトピック

栗原・登米 × 観光スポットもっと見る >

栗原・登米 × グルメ・お土産もっと見る >

栗原・登米 × 歴史・人物もっと見る >

栗原・登米 × イベント・祭事もっと見る >

栗原・登米 × 体験・レジャーもっと見る >

栗原・登米 × ライフ・生活もっと見る >