GOGO MIYAGI! > 歴史・史跡 > 「仙台藩花山村寒湯番所跡」江戸時代の貴重な関所遺構を見学しよう

「仙台藩花山村寒湯番所跡」江戸時代の貴重な関所遺構を見学しよう

もとは秋田県に通じる花山越えの秋田口の関所で、国指定史跡にも登録されている「仙台藩花山村寒湯番所跡」。 栗原市の花山地区にあり、安政の初期に改築した役宅は中を見学することができます。 今回は寒湯番所跡の様子を紹介します! 

アイキャッチ画像撮影:編集部

江戸時代の関所「仙台藩花山村寒湯番所跡」を見学!

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

もとは秋田県に通じる花山越えの秋田口の関所で、国指定史跡にも登録されている「仙台藩花山村寒湯番所跡」。

栗原市の花山地区にあり、江戸時代の安政初期に改築した役宅は中を見学することができます。

 

今回は寒湯番所跡の様子を紹介します!

 

\宮城を巡ろう!/

ITEM
るるぶ 仙台 松島 宮城'23
発行年月:2022年03月09日
ページ数:124p

「仙台藩花山村寒湯番所」とは

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

「仙台藩仙北御境目寒湯番所(せんだいはんはなやまむらぬるゆばんしょ)」、通称寒湯番所は江戸時代、秋田県に通じる花山越えの秋田口の関所として使われていました。

当時他藩との境に設けられた関所を境目番所と称し、寒湯番所は奥羽山脈方面12か所の番所の1つとなっていました。 

 

伊達政宗公が拠点を岩出山城に移したあとの慶長年代から使われ、1872年(明治2)の関所廃止令に伴って廃止されました。それまで200余年間、往来する人と荷物の検問を行っていました。

現在残っているのは安政の初期に改築した、四脚門と役宅。関所遺構として残存するのは全国的にもめずらしく、貴重なものとされています

寒湯番所跡を見学しよう

早速、寒湯番所跡を見学してみましょう! まずはアクセスから紹介します。

アクセス

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

寒湯番所跡は、車での観光がおすすめです。

最寄りのICは「築館」IC または「若柳金成」ICで所要時間は約50分ほど。国道398号線の山林のなかを走ったところにある「花山温泉 温湯山荘(ぬるゆさんそう)」という温泉施設の隣にあります。

 

寒湯番所跡専用の駐車場はありませんが、温湯山荘の駐車場(無料)を利用することができます。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

道路の向いには川が流れており、水のせせらぎが心地よいです。

1855年に改築された四脚門

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

こちらの柱は一尺角の総ケヤキ造りで屋根は茅葺(かやぶき)になっています。

釘は使われておらず、くさび止めで作られており、現在の紋は1855年(安政2)7月に改築されたものです。

 

白い布には伊達家の紋である「竹に雀」(左)、「丸に竪三引き両(まるにたてみつひきりょう)」(右)が配されています。

伊達家の紋といえば「竹に雀」が思い浮かびますが、「丸に竪三引き両」は政宗以前からの伊達家にもっとも古くから伝わるとされる、伊達家本来の家紋なのだそう。伊達家の祖先が源頼朝の奥州攻めに従軍した際にいただいた紋といわれています。

関所守の住まい「役宅」

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

役宅の中を見学していきます。83坪もある大きな建物で、四脚門の残材を利用して1857年(安政4)に改築されたと伝えられています。

1961年(昭和38)に国指定史跡に登録された際に復元工事が行われました。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

こちらが入口です。中に入るとスタッフの方がいらっしゃるので料金を払って見学します。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

見学の記念になる通行手形(500円)も販売していました。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

中に入ってまず気になったのが高い天井! たくましい柱が何本も入り組み屋根を支えています。

高い吹き抜けがより一層役宅の広さを感じさせます。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

目線を下に戻し、入口から正面にあるのがこちらの囲炉裏。ここで食事をとっていたのだそう。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

さらにその奥には台所が。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

こちらもかなり広く、当時使われていた食器や調理道具も展示していました。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

立派な杵と臼も! 宮城県は米どころで有名で、現在もずんだ餅など餅料理が広く知られていますが、とくにここ栗原市では正月だけでなくお盆やお彼岸、結婚の行事などハレの食として親しまれていました。

そんな地域ならではの習慣がこの杵と臼にも表れているのですね。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

土間には石で造られた竈も。まだ使えそうなほどきれいです。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

入口に戻って、左側には畳の部屋が複数ありました。

部屋の入口上部に取り付けられ「釜男」と書かれているのは「釜神様」ともいわれるお面で、防火・魔除けの神様とされています。 宮城県北部や岩手県南部では、家を新築した際に余った材で大工さんが面を彫り、家に飾る風習があったのだそう。

 

寒湯番所までの道にある「道の駅はなやま」などにも釜男が飾られています。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

こちらの中座敷は番所で検問を行った境目守の部屋だったようです。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

右手の廊下に回ると奥にはさらに部屋がありました。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

そしてさらに進むと隠し部屋と書かれた立て札と階段が! 隠し部屋なんてわくわくしてしまいますね。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

急な階段を上ると板張りの部屋が。 2階にあたりますがここでも天井が高く、広々としていました。

座敷を裏手から回って入口に戻ると、囲炉裏の向こう側には土間がありました。

その先にも部屋があったので覗いてみると……。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

ここは駈落者(かけおちもの)の調べ室。

駈落者とは重税や犯罪などを理由に行方をくらました人を指します。ここでは番所を通って他藩に逃げる人を取り調べしていたのでしょう。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

ここに展示してあったのがこちらの高札。高札とは古くから明治時代初期にかけて法令を板面に記し掲示して民衆に周知させたものです。

この高札は1868年(明治元)3月に会津藩討伐と東北の鎮圧を目的に設置した機関「奥羽鎮撫総督府(おううちんぶそうとくふ)」の九条道孝が仙台藩に命じて掲げさせたもので、キリスト教の信仰を禁止すると書かれています。150年以上前のものですが、まだうっすら字が残っているのがわかります。

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

仙台藩花山村寒湯番所跡

撮影:編集部

役宅を出て右手には馬屋跡、正面には検断所が。ここに関所守が常駐し、関所手形を調べていたのだそう。

ここで寒湯番所の見学はおわりです。

 

【仙台藩花山村寒湯番所跡の基本情報】

住所:

宮城県栗原市本沢温湯12‐1

開館時間:

4月~11月 9:00~16:30

休館日:

12月~3月は閉館

入館料:

一般 210円

小中高生 110円

アクセス:

【公共交通の場合】

JR東北新幹線「くりこま高原」駅よりタクシー約50分

【クルマの場合】

東北自動車道「築館」IC または「若柳金成」ICより約50分

駐車場:

隣にある「花山温泉 温湯山荘」の駐車場(無料)利用可

隣に建つ「花山温泉 温湯山荘」で一息

花山温泉温湯山荘

撮影:編集部

寒湯番所の隣には、藩政時代にも湯宿として栄えた「花山温泉 温湯山荘」があります。

花山温泉の名湯は、肌がしっとりすべすべになる「美肌の湯」としても知られています。
泉質は低張性弱アルカリ高温泉で、神経痛、筋肉痛、慢性皮膚病、慢性婦人病、リウマチなどに効果があるといわれています。

宿泊施設ですが、日帰り入浴も可能です。

 

【花山温泉 温湯山荘 の基本情報】

住所:

宮城県栗原市花山字本沢温湯15‐1

日帰り入浴可能時間:

10:00~18:00
※火曜は11:00~18:00
※日帰り休憩室の利用は10:00~15:00まで

日帰り入浴料:

大人 550円

小学生 300円

アクセス:

【公共交通の場合】

JR東北新幹線「くりこま高原」駅よりタクシー約50分

【クルマの場合】

東北自動車道「築館」IC または「若柳金成」ICより約50分

駐車場:

あり/無料

公式HP:

http://www.yumeguri.jp/nuruyu/

江戸時代の面影が残る仙台藩花山村寒湯番所跡

貴重な建築物として残る仙台藩花山村寒湯番所跡。役人の当時の生活を垣間見ることのできる施設になっています。新緑の季節に伺いましたが、秋は紅葉も見事なスポット! 見ごたえたっぷりなのでぜひ足を運んでみてください。

この記事を読んだ人におすすめ

紹介されたアイテム

るるぶ 仙台 松島 宮城'23

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

仙台藩花山村寒湯番所跡
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

編集部moja
編集部moja

宮城北部で田んぼに囲まれて育ちました。今は都内在住ですが、帰るたびに地元のおいしいごはん屋さんやおもしろスポットを探し回っています。趣味は音楽とドラマ鑑賞。絶賛おかえりモネロス中です。大好きな地元宮城の魅力が伝わる記事を書けるようがんばります!

GOGO MIYAGI! > 歴史・史跡 > 「仙台藩花山村寒湯番所跡」江戸時代の貴重な関所遺構を見学しよう