道の駅三滝堂
アイキャッチ画像撮影:編集部

「道の駅 三滝堂」ってどんなところ? 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

登米市東和町にある「道の駅 三滝堂(みたきどう)」は、三陸自動車道の中間点にある道の駅。 

一般道でももちろん行くことができますが、「三滝堂」ICが隣接しているため、三陸自動車道のサービスエリア代わりにもなっており、多くの人が訪れます。 

またキャンピングカーなどで車中泊のできるRVステ-ションやコンビニ、ドッグランも併設しているため長距離のドライブにも便利です。

 

\東北の道の駅を巡ろう/

まっぷる おいしい道の駅ドライブ 東北'23

道の駅へのアクセス 

一般道の場合

道の駅三滝堂

撮影:編集部

一般道の場合、道の駅は国道398号線沿いの高台にあります。 

最寄りの新幹線駅である「くりこま高原」駅からは約40分。 岩手県方面からは「一関」ICから約1時間です。 

高速道路の場合

道の駅三滝堂

撮影:編集部

高速道路の場合は三陸自動車道「三滝堂」ICで降りてすぐの場所にあります。 

仙台方面から道の駅までは、「鳴瀬奥松島」ICから約40分。この区間の高速料金が無料なのもうれしいポイント! 

三陸自動車道にはパーキングエリアやサービスエリアがないため、このような道の駅がサービスエリア代わりになっている場所が多くあります。

道の駅店内を見てみよう! 

販売コーナー 

では、さっそく道の駅を見ていきましょう! 

まずは正面から入ったところにある販売コーナー から。店内はそれほど広くはありませんが、多くの人で賑わっていました。 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

ナスやトマトなど、登米市や南三陸町で採れた新鮮な野菜が販売されています。 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

大きなカボチャもゴロゴロと並んでいます! 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

民芸品・工芸品もたくさんありました。 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

こちらはなんと米袋で作られたバッグ。軽くてかなり丈夫なので、買い物用のエコバッグにも便利です。 

大きめなので荷物もたくさん入ります。 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

登米市の名物、油麩もさまざまな商品が並んでいました。 

油麩は登米市に古くから伝わる食材で、小麦のグルテンを植物油で揚げて作る、全国でも珍しい揚げ麩なのだそう。お味噌汁はもちろん、登米市のB級グルメである油麩丼も簡単に作れておすすめ。

道の駅三滝堂

撮影:編集部

お土産にぴったりなお菓子類や、和菓子も豊富。 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

地元で作られたやフルーツサンド、パフェなどの洋菓子もありました。 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

道の駅 三滝堂はアイスの種類豊富が豊富! 

写真だと見えにくいですが、定番はもちろん「海のカキアイス」「三陸ウニアイス」「椎茸アイス」「ごんぼ(ごぼう)アイス」など変わり種がたくさん。 

どんな味か気になりますが、食べてみるのも少し怖いですね。「日本酒アイス」「どぶろくアイス」などお酒のアイスもありますよ。 

道の駅三滝堂

撮影:編集部

道の駅三滝堂

撮影:編集部

また、数年前にTV番組「月曜から夜ふかし」に登場して話題になった「源氏ボタルアイス」も。

ハチにしか見えないホタルが描かれたチョコレートが乗っています。

< 前のページ 1/3 次のページ >

関連するおすすめ記事

栗原・登米に関するトピック

栗原・登米 × 観光スポットもっと見る >
栗原・登米 × 温泉・宿泊もっと見る >
栗原・登米 × グルメ・お土産もっと見る >
栗原・登米 × 歴史・人物もっと見る >
栗原・登米 × イベント・祭事もっと見る >
栗原・登米 × 体験・レジャーもっと見る >
栗原・登米 × ライフ・生活もっと見る >