コバルトライン 海
アイキャッチ画像出典:PIXTA

女川町ってどんなところ?

女川港町

撮影:編集部(女川町)

女川町(おながわちょう)は宮城県の北東部、太平洋に向かって突出している牡鹿半島(おしかはんとう)の根本に位置する港町です。

仙台から電車で90分ほど。石巻線の終点「女川駅」が最寄り駅となります。

三陸の海を知れる町

コバルトライン 海

撮影:編集部(コバルトラインより)

海をのぞむテナント型商業施設「シーパルピア女川」をはじめ、絶景のドライブコース「牡鹿半島」、女川市場併設の食堂、そして震災遺構。

観光、食、景色、遺構。様々なものを通じて、三陸の海を知ることができる町です。

 

また「3年連続してお参りに行くと、一生お金に困らない」と噂のパワースポット「金華山(きんかざん)」への玄関口でもあります。

 

「ここ」注意!

女川駅には、自動改札機および自動精算機がありません。

そのためSuicaやPASMOなどのICカードで入場した場合、駅で手動精算となります。

 

とくに連休や夏休みは混雑するため、切符を利用するのがオススメです!

レンタルサイクルがある!

女川湾 自転車

撮影:編集部

シーパルピア女川内にある「女川たびの情報館ぷらっと」で、自転車を借りることができます。

 

レンタルできるのは、ロードバイク、クロスバイク、電動アシスト付き自転車のいずれか

数に限りがあるため、予約しておくと安心です。

 

普段自転車に乗らない、もしくはロードバイク・クロスバイクの経験がなければ、電動アシスト付き自転車が断然オススメです(女川町は坂が多い)。

料金:

1台1時間500円~、最大1日だと3,000円(どの自転車も料金一律)。

アクセス:

JR女川駅から徒歩約4分「女川たびの情報館ぷらっと」
URL:
https://www.onagawa.org/cycling/

「たびの情報館ぷらっと」近隣の宿をさがす

自転車で女川をめぐる、1日モデルコースはこちら。

コインロッカー

ハマテラス コインロッカー

▲ハマテラスの入口外にあるコインロッカー

スーツケースなど大きな荷物がある場合、シーパルピア女川内にある「女川フューチャーセンターCamass」、もしくは「地元市場 ハマテラス」の入口に設置されたコインロッカーを利用します。

 

コインロッカーに入らない荷物も、女川フューチャーセンターCamassで預かってくれます。

※ただし営業時間内(9:00~19:00)に引き取る必要あり。

 

ここまで旅の基本情報をお伝えしました!

続いては本題の観光スポットの紹介します。

① 駅舎に温泉!?「女川駅」&「女川温泉ゆぽっぽ」

女川駅

出典:PIXTA

ウミネコが羽ばたく姿をイメージした、白い屋根が特徴のJR石巻線「女川駅」。

 

1階は物産館、2階にはワンコインで楽しめる温泉施設「女川温泉ゆぽっぽ」。

3階の展望デッキからは、女川町の街並みと女川湾を一望できます。

美人の湯でお肌も”つるすべ”に

女川温泉ゆぽっぽ

写真提供:宮城県観光課

女川温泉の湯は、ph8.8の低張性アルカリ性温泉。泉質がpH7.5以上のアルカリ性の温泉は、肌の角質や毛穴の汚れを取り除き、石鹸のような働きをするため”美人の湯”と呼ばれています。

 

温泉は無色透明で、匂いに癖もありません。湯ざわりも優しく、あらゆる世代も入りやすい温泉といえます。休憩スペースもあるため、一息つきたい時にオススメ。

 

【女川温泉ゆぽっぽ】

所在地:

〒986-2261 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-10
営業時間:

9:00~21:00(最終入館は20:30まで)

料金:

大人(中学生以上)500円・小人(小学生)300円
定休日:

第3水曜日(第3水曜日が祝日の場合、翌日が休館日となります)
駐車場:

65台

アクセス:

JR石巻線「女川駅」下車すぐ
URL:
http://onagawa-yupoppo.com/onsen.html

「女川温泉ゆぽっぽ」近隣の宿をさがす

② テナントショップ街「シーパルピア女川」&「地元市場 ハマテラス」

女川シーパルピア

撮影:編集部

女川駅から海へ向かって続くレンガ道を歩くと、テナント型商店街「シーパルピア女川」や「地元市場 ハマテラス」がみえてきます。

 

シーパルピア女川には「買う」「食べる」「楽しむ」を体験できる、さまざまな業種が出店しており、お土産を購入したり、アクティビティを予約したり、地元の食を満喫したり……と、楽しみ方は十人十色。

サンマパン

▲味は食べてからのお楽しみ!

テイクアウトできる女川名物「サンマパン」が人気! シーパルピア女川の「きらら女川」で販売中。

目玉はレーズン、クッキー生地でウロコを表現しています。生地は中はしっとりした食感で、サンマの味はしっかりあります。

ハマテラスは、新鮮な鮮魚貝類の宝庫!

ハマテラス

撮影:編集部

同敷地内にある観光物産施設「ハマテラス」には、 ”海” をコンセプトにした飲食店や販売ショップが8店舗出店。女川港で水揚げされた、鮮魚・貝類などを販売しています。

 

ほかにも地産素材を使ったオーガニック石鹸の販売、ワークショップを体験できるお店などもあります。

 

【シーパルピア女川・地元市場ハマテラス】

所在地:
〒986-2261 宮城県牡鹿郡女川町女川浜字大原1-4
営業時間:8:30~19:00(店舗により異なる場合があります)
駐車場:114台(無料)
アクセス:JR石巻線「女川駅」下車、徒歩約3分
URL:
http://onagawa-mirai.jp/

「シーパルピア女川」近隣の宿をさがす

③ 女川町の”うんめ~もん”を販売&体験!「女川水産業体験館 あがいんステーション」

女川町 ホタテ

出典:PIXTA(画像はイメージです)

英語の「Again(再び)」と女川弁の「あがいん(食べてください)」を掛け合わせて名づけられた、「あがいんステーション」。お土産にぴったりな物産販売コーナーや、水産業を体験できる施設です。

自分で捌いて、調理して、実食できる!

体験コーナーでは、水揚げされた養殖ホタテを清掃し、捌き、調理して実食するまで体験できます。ほたての他にも、さんまの昆布巻き体験や、海を眺めながら海鮮バーベキューも楽しめます。あがいんステーションのバーベキュー情報はこちら。

 

【あがいんステーション】

所在地:
〒986-2265 宮城県牡鹿郡女川町女川2丁目16-4
営業時間:
10:00〜17:00
※各種体験コースは事前予約と料金がかかります。
定休日:
毎週月曜日(祝日の場合は営業、翌日火曜日休み)
アクセス:
JR石巻線「女川駅」から徒歩約5分
URL:
http://www.onagawa.co.jp/again-station/

「あがいんステーション」近隣の宿をさがす

④ 震災を伝える遺構「旧女川交番」

旧女川交番

撮影:編集部

シーパルピア女川を抜けた先にある、公園のような広場にある「旧女川交番」。鉄筋コンクリート造の二階建て、昭和55年(1980)から利用されてきました。

旧女川交番 がれき

撮影:編集部(旧女川交番の基礎部分)

しかし2011年の東日本大震災で津波に飲み込まれ、引き潮により基礎部分の杭が引き抜かれてしまい、横倒しになった状態で発見されました。

当時の状態のまま保存されている

女川旧交番

撮影:編集部

震災の記憶と教訓を伝えるため、旧女川交番は保存されています。漂流物や建物の残骸も当時のままの状態で遺されており、津波の爪痕を目にみえて感じることができる遺構です。

【平成23年(2011)3月11日 14時46分 東日本大震災発生】
震源:三陸沖 深さ24km
規模:マグニチュード9.0 震度6弱
最大津波高:14.8m
最大浸水高:18.5m
※最大遡上高:34.7m
遡上高……海岸から進入してきた津波が、陸上を這(は)い上がった最高地点の高さ。
浸水区域:3.2km
死者:827人
震災関連死者:22人
住宅被害:3,934
棟非住家被害:
1,631棟

【旧女川交番】

アクセス:JR石巻線「女川駅」より徒歩約5分

「旧女川交番」近隣の宿をさがす

⑤ 海に最も近いランチ「女川市場食堂」

女川魚市場食堂 入口

撮影:編集部

女川魚市場3階にある和食店、「女川市場食堂」。魚市場の中にあるため、使用するネタはもちろん新鮮!

刺身定食や海鮮丼、女川の名物サンマ焼き、煮魚定食、珍しいクジラ肉料理など、海鮮をメインとする様々な料理を楽しめます。

女川魚市場食堂 はらこめし

▲市場のはらこ飯。税抜き1,600円。

店内席とテラス席があり、海を眺めながら食事ができるのも魅力。駅から徒歩17分と少し歩きます。

 

【女川市場食堂】

営業時間:11:00~15:00(ラストオーダー14:00)

※日曜日は昼のみ営業。夜は完全予約制。予約は0225-98-4556。

定休日:

火・金・日曜(昼以外)

※女川魚市場の休業日は営業しません。

アクセス:

JR石巻線「女川駅」より徒歩約17分

「女川市場食堂」近隣の宿をさがす

< 前のページ 1/2 次のページ >

関連するおすすめ記事

石巻・気仙沼に関するトピック

石巻・気仙沼 × 観光スポットもっと見る >
石巻・気仙沼 × 温泉・宿泊もっと見る >
石巻・気仙沼 × グルメ・お土産もっと見る >
石巻・気仙沼 × 歴史・人物もっと見る >
石巻・気仙沼 × イベント・祭事もっと見る >
石巻・気仙沼 × 体験・レジャーもっと見る >
石巻・気仙沼 × ライフ・生活もっと見る >