宮城蔵王の樹氷をみるためには?

宮城蔵王の樹氷めぐりツアーを実施しているのは、「すみかわスノーパーク」のみ。で、無休です。ツアーの所要時間はおよそ2時間。

 

まずは予約からツアー体験までの流れを確認しておきましょう!

①  電話で予約

電話をかける女性
出典:PIXTA

まずは、みやぎ蔵王の樹氷巡りツアーの予約専用ダイヤルに電話をかけて、事前予約をします。

<予約専用ダイヤル>
0224-85-3055(受付時間9:00~16:00)

※予約する前に、必ず注意事項やキャンセル料を確認してください。

②  すみかわスノーパークへ

すみかわスノーパークと雪上車

ツアー当日。まずは蔵王エコーラインを経由で、「すみかわスノーパーク」へ向かいましょう。

雪道運転が不安な方でも、仙台駅や遠刈田温泉から送迎バスが出ているので安心!

 

アクセスの詳細は記事後半で紹介しています。

③  雪上車「ワイルドモンスター号」に乗車

ワイルドモンスター 通常車輌ベンチシート

受付が済んだら、雪上車”ワイルドモンスター”に乗って、樹氷原へ出発!

ワイルドモンスターは「スタンダードクラス」と「デラックスクラス」の2種類あり、ツアーの価格も異なってきます(ツアー内容は同じです)。

 

まずは写真上のスタンダードクラスですが、8名、20名、30名乗りで、スキー場側が配車します。

座席は1列シートに数人が腰をかけるスタイル。暖房付きなので、車内はポカポカです。

 

ですが樹氷見学の際は外に出るため、防寒対策は必至! 服装は上下スキーウェアが理想です。

他にもマフラーやニット帽子、手袋、サングラスなどもあると便利。

ワイルドモンスター グランクラス車輌独立シート

こちらはスタンダードクラスから1ランク上の雪上車、デラックスクラス。

15名、20名(補助席含む)乗りです。席が独立しており、くつろぎやすい車内となっています。

 

また車内用のブランケット貸し出しや、飲み物のサービス、オリジナルグッズのプレゼントなど、うれしい特典もついてきます。

すみかわスノーパーク
すみかわスノーパーク
雪上車は全車両暖房つきです。寒さを感じることなく、氷点下の樹氷原にお連れ致します。

④  いざ宮城蔵王の樹氷原へ!

ホワイトアウトと雪上車

ワイルドモンスターに乗車し、いよいよ樹氷原へ出発! 一緒に乗車するガイドさんのトークにも注目です。

すみかわスノーパーク
すみかわスノーパーク

雪上車はゲレンデ内も走行するので、スキー、スノーボードを楽しむ人を見れたりします。また車内ではガイドがスキー場や樹氷、蔵王連峰についてのトークで盛り上げてくれますよ。

⑤  樹氷原を散策!間近でじっくり観察しよう

宮城蔵王 樹氷コースルート

樹氷原に到着です! ワイルドモンスターを降りて、樹氷の傍へ寄ってみましょう。

みやぎ蔵王 樹氷

あまりの大きさに、度肝を抜かれること間違いなし!

すみかわスノーパーク
すみかわスノーパーク
雪上車を降りれば樹氷原が広がり、快晴の日には、太平洋まで見渡せる大パノラマがご覧頂けます。

⑥  御釜カレーでエネルギーチャージ!

すみかわスノーパーク 御釜カレー

樹氷を楽しんだら、ワイルドモンスターに乗り込み下山します。出発地であるすみかわスノーパークまで戻ってきたら、ツアー終了です。

 

とりあえず敷地内にあるレストランで、ほっと一息。さまざまなメニューがありますが、なかでも蔵王のシンボル”御釜(おかま)”をイメージした「御釜カレー」が人気みたいです。

 

牛すじの旨味が引き締まったルーに、御釜の形をしたライス。その上にはとろ~りチーズがのっており、食欲をそそります。

すみかわスノーパーク
すみかわスノーパーク
御釜カレーにはゴロゴロと大きな牛筋が入っていて満足の一品です。

樹氷ツアー後の過ごし方

< 前のページ 2/3 次のページ >

関連するおすすめ記事

白石・蔵王に関するトピック

白石・蔵王 × 観光スポットもっと見る >
白石・蔵王 × 温泉・宿泊もっと見る >
白石・蔵王 × グルメ・お土産もっと見る >
白石・蔵王 × 歴史・人物もっと見る >
白石・蔵王 × イベント・祭事もっと見る >
白石・蔵王 × 体験・レジャーもっと見る >
白石・蔵王 × ライフ・生活もっと見る >