明治の文豪が讃えた渓谷美!“奥羽の薬湯”小原温泉のおすすめスポット!

小原温泉は、白石川上流の美しい渓谷にたたずむ閑静な温泉郷で、近くには地獄谷の絶壁を見上げ紺碧の水を湛える『小原渓谷』もあり、新緑や紅葉の美しさは格別です。眼病に効くと言われる“奥羽の薬湯”小原温泉をご紹介します。

アイキャッチ画像出典:みやぎデジタルフォトライブラリー

小原温泉について

小原温泉

小原温泉は、開湯伝説によると今から800年以上も前に源義経の家臣・常陸坊海尊が陸奥を旅した時に発見したと伝えられる歴史ある温泉郷。

昔から「傷は鎌先、目は小原」と称され、眼病に効くと言われ“奥羽の薬湯”として地元の人たちを中心に湯治向きの湯として親しまれ、川のせせらぎに耳を傾け、美しい渓谷の姿を眺めながら心静かに湯浴みを楽しめます。

泉質・効能

小原温泉

温泉の泉質は、さらりとした単純泉・硫黄泉で、効能は神経痛・リウマチ・婦人病など特に「目に小原」と名高く眼病に効能があるとされています。

日帰り入浴はできる?

小原温泉の宿泊施設は5館で、日帰り入浴ができる施設は、3軒あります。公営の露天風呂もあり施設により入浴時間が違います。

小原温泉の足湯と共同浴場

小原温泉には共同浴場が1ヶ所と足湯が1ヶ所あります。

渓谷沿いの足湯『かもしかの湯』と共同浴場 “かつらの湯” は、紅葉の名所なので渓谷の眺めが素晴らしいロケーションにあります!

かもしかの湯

足湯

出典:PIXTA(※画像はイメージです。)

小原温泉奥の遊歩道入り口から、約15分歩いた渓谷沿いにあります。

昔は人一人がなんとか入れる湯船でしたが、現在は板の蓋がされて足湯になっており、紅葉の名所なので渓谷の自然の眺めが素晴らしいです。

■アクセス

住所:宮城県白石市小原新湯3
白石蔵王駅からのアクセス:東北新幹線白石蔵王駅より路線バスで約20分

営業時間:24時間(夜間と冬場は危険)

車でのアクセス:東北自動車道・白石ICより、国道4号線・国道113号線を経由し、約20分です。

電車/バスでのアクセス:JR東北新幹線・白石蔵王駅、JR白石駅から市民バスに乗車。『小原温泉』で下車。

かつらの湯

かつらの湯

渓谷に沿って遊歩道を歩くと、川にかかる吊り橋そばにあります。

市営の入浴施設のため入浴料も良心的で、川面を行き交うかわいいカモたちがお出迎えしてくれます。

眺めるだけでも風情を感じる白石川上流の景色、眼病の他にも効能が多い湯を、気軽に何度も楽しみたい方にオススメです。

■アクセス

住所:宮城県白石市小原坂上66
白石蔵王駅からのアクセス:東北新幹線白石蔵王駅より路線バスで約20分
営業時間:朝8時から夕方6時まで利用可能・(高校生以上200円/小・中学生100円)

車でのアクセス:東北自動車道・白石ICより、国道4号線・国道113号線を経由し、約25分です。

電車/バスでのアクセス:JR東北新幹線・白石蔵王駅、JR白石駅から市民バスに乗車。『小原温泉』で下車。

小原温泉のお宿

小原温泉は、白石川上流の深い渓谷に面し1.5kmの間に温泉場があり、対岸の渓谷断崖に広がる新緑と紅葉の景観がすばらしい温泉郷です。

ホテルいづみや

温泉

出典:PIXTA(※画像はイメージです。)

ホテルいずみやの自慢は、小原温泉100%源泉の澄んだ泉質を使用した天然温泉。湯の里ならではの豊富な湯量にて美しい名泉が24時間楽しめます。

四季の景色が一望出来る、渓流沿いの部屋からの眺めも素晴らしい!

■アクセス

住所:宮城県白石市小原湯元9

電話番号:0224-29-2221

価格帯:6,000円~(お一人)

※季節・プランによって変動あり

車でのアクセス:東北自動車道・白石ICより、国道4号線・国道113号線を経由し、約20分です。

電車/バスでのアクセス:JR東北新幹線・白石蔵王駅、JR白石駅から市民バスに乗車。『小原温泉』で下車。

ホテルいづみや:公式ページ

旅館しんゆ

温泉

出典:PIXTA(※画像はイメージです。)

開湯120年余の『旅館しんゆ』は、小原温泉郷の玄関口に位置した閑寂な宿で2種類の源泉を1つに合泉したお風呂は美容と神経痛などに特に効果があり、体の芯まで温まる “ほかほかの湯” として親しまれています。

■アクセス

住所:宮城県白石市小原字新湯5-3

電話番号:0224-29-2321

価格帯:8,000円~(お一人)

※季節・プランによって変動あり

車でのアクセス:東北自動車道・白石ICより、国道4号線・国道113号線を経由し、約20分です。

電車/バスでのアクセス:JR東北新幹線・白石蔵王駅、JR白石駅から市民バスに乗車。『小原温泉』で下車。

オススメの周辺観光施設

自然の渓谷美に恵まれた小原温泉の周辺には、春にシバザクラが一面に咲く『スパッシュランドパーク』や、国の天然記念物に指定された “材木岩” 明治時代の文豪が詩の中で讃えた『碧玉渓』などの観光スポットがあります。

スパッシュランドパーク

スパッシュランドパーク

小原温泉郷と全長73メートルの大吊橋でつながる『スパッシュランドパーク』は、春のシバザクラでも知られる花と緑にあふれた公園。

子どもと一緒に楽しめる遊具や、休憩所とトイレ併設のエントランス広場・季節の草花を眺めながら散策できる遊歩道など、子どもから大人まで楽しめる レジャースポットです。

■アクセス

住所:宮城県白石市小原字西川久保18

電話番号:0224-29-2326
車でのアクセス:東北自動車道・白石ICより、国道4号線・国道113号線を経由し、約25分です。
電車/バスでのアクセス:JR東北新幹線・白石蔵王駅、JR白石駅から市民バスに乗車。『スパッシュランド』で下車。
利用料金:無料

材木岩

材木岩

約200mにわたり高さ100mの材木を並べたような岩壁が続く『材木岩』は、国の天然記念物に指定されており間近で見ると迫ってくるような迫力があります。毎年4月下旬に “こいのぼり” の吹流しがあるので、ゴールデンウィークのお出かけにもオススメです。

■アクセス

住所:宮城県白石市小原字上台地内

車でのアクセス:東北自動車道・白石ICで降り、国道4号線・国道113号線・県道46号線(七ヶ宿街道)を経由し、約30分です。

電車/バスでのアクセス:JR東北本線白石駅より市民バスにて、『材木岩公園』で下車。

碧玉渓(へきぎょくけい)

碧玉渓

小原温泉の西側は渓谷になっていて、春から夏は新緑・秋は紅葉・冬は雪化粧した渓谷美が満喫できます。そのあまりの美しさに感銘を受けた明治時代の文豪が詩の中で青や緑の宝石の谷を意味する『碧玉渓』と詠んだことから、その名で親しまれる用になりました。

白石川に黄金色の紅葉が映り込む秋は、特にオススメです!

■アクセス

住所:宮城県白石市小原川前

車でのアクセス:東北自動車道・白石ICより、国道4号線・国道113号線を経由し、約20分です。
電車/バスでのアクセス:JR東北新幹線・白石蔵王駅、JR白石駅から市民バスに乗車。『碧玉渓』で下車。

眼病に効く“奥羽の薬湯”小原温泉に行こう!

小原温泉

小原温泉郷は春から夏は新緑、秋は紅葉、冬は雪化粧した渓谷美が満喫できます。いにしえから変わらぬ小原の大自然に魅せられ、毎年多くの宿泊客でにぎわう閑静な温泉郷です。眼病に効く“奥羽の薬湯”と渓谷が美しい小原温泉に行こう!

小原温泉
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード