「小原温泉」の自然を満喫できる観光情報!

小原温泉(おばらおんせん)は、山間の渓谷沿いにある閑静な温泉郷。昔から眼病に効くと評判で、“奥羽の薬湯”として親しまれています。小原温泉とはどんな所なのか?今回は小原温泉の魅力や、周辺の観光情報をまるっとご紹介します。

アイキャッチ画像出典:みやぎデジタルフォトライブラリー

小原温泉について

小原渓谷
出典:PIXTA

宮城県南部に位置する白石市から、七ヶ宿町方面に向かう県道113号線を走っていくこと約20分、白石川沿いにある小原温泉(おばらおんせん)がみえてきます。

 

V字の渓谷沿いにある小原温泉は、3軒の宿からなる小さな温泉郷。夏は青々しい新緑、秋は紅葉の錦、冬は雪化粧……四季折々の渓谷美を堪能できる場所です。

悲劇の英雄、源義経の家臣が発見!?

新緑に囲まれた小原温泉
写真提供:白石市・蔵王町

伝説によると、今から800年以上前の平安時代後期。源義経の家臣・※常陸坊海尊(ひたちぼうかいそん)によって、小原温泉は発見されたと伝えられています。

 

※源義経の忠臣として、武蔵野弁慶らと共に都落ちに同行した。義経の最期となった衣川の戦いで、海尊は生き延びその後は不老不死となった。そして人々に源平合戦の物語を語り続けたという。生没年不明。

眼病に効くと評判の温泉!

小原温泉

昔から「目に小原」と言われるほど、奥羽の薬湯として知られていました。泉質はサラリとした、クセのない単純泉。効能は、神経痛・リウマチ・婦人病。眼病への効能は今もなお健全だそうです。

小原温泉には何があるの?

まずは小原温泉郷から徒歩圏内で行ける、観光名所をご紹介します。

① 紅葉の隠れ名所「小原温泉遊歩道(碧玉渓谷)」

小原遊歩道

写真提供:白石市・蔵王町

温泉郷のある小原渓谷に整備された遊歩道です。全長約1.8kmあり、およそ1時間のハイキングコースとなっています。道中には白糸の滝や、入道岩、かもしかの湯、岩風呂などの立ち寄りスポットもありますよ。

碧玉渓 紅葉

出典:PIXYA

白石川がつくりだした深いV字の渓谷。その美しさに魅入られた1人に、明治の文豪・徳富蘇峰(とくとみそほう)がいます。渓谷美に感動した彼は、小原渓谷を碧玉渓(へきぎょくけい)と詠み、今ではその2つの呼び名で親しまれています。

【小原渓谷/碧玉渓の基本情報】
紅葉の見頃:
10月下旬~11月上旬
所在地:
宮城県白石市小原
アクセス:
小原温泉から徒歩約5分
駐車場:
なし

② ハイキングの休憩に「かもしかの湯」

小原温泉奥の遊歩道入り口から、およそ15分歩いた渓谷沿いにある足湯です。昔はひと一人がなんとか入れるくらいの湯船でしたが、現在は板の蓋がされて足湯となっています。

 

利用料はもちろん無料。24時間利用できるそうですが、夜間や冬場はキケンなので避けたほうが無難です。

【かもしかの湯の基本情報】
アクセス:小原遊歩道入口から徒歩約15分

③ 日帰り温泉「岩風呂 かつらの湯」

小原かつらの湯_外観

 

写真提供:白石市・蔵王町

小原温泉遊歩道の道中にある「岩風呂 かつらの湯」。市営の温泉施設のため、大人200円というリーズナブルな価格も魅力的です。

 

浴槽は岩がむき出しの岩風呂。ちょい熱めの源泉かけ流しで、日頃の疲れをリフレッシュしませんか?

【岩風呂 かつらの湯の基本情報】
所在地:
白石市小原字坂上66
営業時間:
8:00~18:00
休館日:
無休(臨時休業あり)
料金:
高校生以上200円。小中学生100円
泉質:
単純温泉
アクセス:
小原温泉旅館かつらやの駐車場より徒歩1分

④ シバザクラの名所「スパッシュランドパーク」

スパッシュランドパーク

写真提供:白石市・蔵王町

一年と通じて、四季折々の花を楽しめるレクレーション型総合公園「スパッシュランドパーク」。見どころは春にみられるシバザクラです。およそ12万5千株のシバザクラが、辺り一面をピンク色に染め上げ、観光客の目を楽しませてくれます。

スパッシュランドしろいし

写真提供:白石市・蔵王町

ほかにも子供が遊べる遊具や全長約73mの吊り橋もあり、対岸にはプールや温泉、水着着用で入れる温泉ゾーンがある「スパッシュランドしろいし」があります。

【スパッシュランドパークの基本情報】

所在地:
白石市小原字西川久保18
営業時間:
24時間
休館日:
無休
料金:
無料
アクセス:
小原温泉旅館から、徒歩10分

詳細はこちら

小原温泉に近い観光地

小原温泉からほど近い観光地は、七ヶ宿か白石市になります。方向が反対なので、事前にどちらへ行くか決めておいたほうが良さそうです。

七ヶ宿町方面

七ヶ宿

出典:PIXYA

七ヶ宿町(しちかしゅくまち)は小原温泉からさらに奥へ進んだ先にある、宮城県と山形県の境に接してる町です。

材木岩と桜

出典:PIXYA

滑津大滝(なめつおおたき)をはじめ、七ヶ宿ダムやその下にある材木岩公園(ざいもくいわ)、長老湖(ちょうろうこ)など、自然を満喫できる観光スポットが盛りだくさん。

 

七ヶ宿にある観光スポットは、こちらの記事で紹介!

白石城方面

白石城

撮影:編集部

小原温泉のある白石市には、かつて仙台藩を治めていた伊達家の家臣・片倉家の居城だった「白石城」があります。

白石市内の水路
撮影:編集部

現在でも市内には水路、商家の倉、武家屋敷などが点在しており、城下町だった当時の面影を感じさせてくれます。

 

白石市の観光スポットは、こちらの記事で紹介!

体に溜まった疲れを、小原温泉で癒そう!

小原温泉

昔から眼病に効果があると評判で、“奥羽の薬湯”とも呼ばれていた小原温泉。山間部にあるため、街の光や騒音も届きません。

 

日常と離れた静かな世界で、温泉に浸かりながらゆっくり体を休めませんか?

小原温泉
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事