福浦島 福浦橋
アイキャッチ画像出典:撮影 編集部

日本三景・松島へ来たら「福浦橋」を渡ろう!

西行戻しの公園からみる福浦橋

撮影:編集部(西行戻しの公園から望む福浦橋と福浦島)
そもそも「日本三景」とは何なのでしょうか。

江戸時代初期、全国を行脚した儒教学者・林春斎が記した「日本国事跡考」に、卓越した三つの景観として紹介されたのが現在の”日本三景”です。

 

日本三景には、京都の「天橋立」、広島の「宮島」、そして宮城の「松島(まつしま)」が選ばれています。

松島は、松島湾の島々と沿岸をふくめた景色

日本三景 松島

松島とは、松島湾とその周辺に浮かぶ260余りの島々を総称したもので、今回ご紹介する「福浦島(ふくうらじま)」もその内の一つ。

陸側から「福浦橋(ふくうらばし)」がかかっており、島へは徒歩で上陸できます。

 

とくに「西行戻しの松公園」から望める福浦島と福浦橋の景色は、松島を象徴する景色の一つ。

観光協会が発行する、松島ガイドマップの表紙を飾ったこともあります。

 

「日本三景 松島」の謎を知りたい方にこの一冊!?

ITEM
日本三景の謎 天橋立・宮島・松島 知られざる日本史の真実
出版社:祥伝社
発売日:2010年10月
ページ:252p

良縁を引き寄せるパワースポット!

福浦橋

撮影:編集部(福浦橋)

そんな福浦橋ですが、別名「出会い橋」とも呼ばれる”パワースポット”。

良縁に出会える橋といわれていますが、巷では未だに「松島の赤い橋をカップルで渡ると別れる」という通説が囁かれています。

カップルで渡っても大丈夫!

福浦橋 検索結果

実際、Googleで「松島 福浦橋」と入力すると「別れる」というキーワードが出てくるくらい……。

ですが、これは誤解です!

 

松島には福浦橋を含め、3つの”赤い橋”があります。

ほか2つは雄島にかかる「渡月橋(とげつきょう)」と、五大堂の建つ小島にかかる「透かし橋(すかしばし)」です。

 

なかでも渡月橋は、別名”縁切り橋”と呼ばれています。

同じ赤い橋ということから福浦橋も縁切り橋、と誤解されているのかもしれません。

悪い意味の「縁切り」ではない!

雄島 渡月橋

撮影:編集部(福浦橋から徒歩約20分、雄島にかかる「渡月橋」)

また渡月橋も「カップルや夫婦が別れる縁切り」ではありません。

というのも渡月橋がかかる「雄島」は中世の頃、僧たちが修業したり死者を供養する霊場でした。

 

修行のため雄島へ上陸する僧らが、俗世との縁を断ち修行に励むことから”縁切り橋”と呼ばれるようになった、といわれています。

 

つまり「福浦橋」も「渡月橋」も、カップルで渡って大丈夫! ということです。ご安心ください。

 

ちなみに3つの橋には、渡る順番があります。

1. 渡月橋(縁切り橋)…悪い縁を切り
2. 福浦橋(出会い橋)…良縁と出会い
3. 透かし橋(縁結び橋)…結ばれる

この順番で橋を渡ると、良縁が期待できるといわれています(この3つの橋を総称して「松島三大橋」ともいう)。

< 前のページ 1/3 次のページ >

関連するおすすめ記事

松島・塩竃に関するトピック

松島・塩竃 × 観光スポットもっと見る >

松島・塩竃 × 温泉・宿泊もっと見る >

松島・塩竃 × グルメ・お土産もっと見る >

松島・塩竃 × 歴史・人物もっと見る >

松島・塩竃 × イベント・祭事もっと見る >

松島・塩竃 × 体験・レジャーもっと見る >

松島・塩竃 × ライフ・生活もっと見る >