アイキャッチ画像出典:PIXTA

「宮城蔵王キツネ村」について

出典:PIXTA

宮城蔵王キツネ村は、宮城県白石市にあるキツネが主役の動物園。

キツネが放し飼いにされている世界的にもみても珍しい動物園で、外国人観光客からも人気の観光地です。

蔵王キツネ村 入口

撮影:編集部

写真はキツネ村への入口。人間たちが、キツネたちの生活空間にお邪魔するような感じです。

どうして触れ合えるの?

蔵王キツネ エキノコックス看板

撮影:編集部

キツネと触れ合うと耳にすると、心配なのが寄生虫『エキノコックス』でしょう。

宮城蔵王キツネ村では、開園以来徹底した感染対策を実地しており、現在までの感染数はゼロだそうです。

 

定期的な臨床検査や薬の投与によって、安心して触れ合える環境を整えています。

もふもふ期間は冬の間

冬毛のキツネ

出典:PIXTA

皆さんが想像する写真のような”もふもふ”のキツネは、冬毛に生え変わったキツネたちなのです。

冬毛に生え変わるのは、だいたい10月頃から。

 

もふもふのキツネを拝むなら、秋~冬の間に訪れましょう。防寒対策を忘れずに!

夏のキツネ お昼寝中

撮影:編集部(夏のキツネ)
夏毛のキツネは、毛が短くサッパリとしています。涼しそうです。冬も夏もどちらも可愛いので、ぜひ両方の季節にを訪ねてみてください!

朝は活動的、午後はお昼寝タイム

蔵王キツネ お昼寝中

撮影:編集部(午後のキツネ)

キツネたちは午前中に動き回り、午後には寝ていることが多いそうです。実際に編集部が午後訪れた際も、多くのキツネたちは夢の中でした(起きているキツネもいます)。

「宮城蔵王キツネ村」の見どころ

蔵王キツネ村の稲荷神社

出典:PIXTA

春夏秋冬、季節の移り変わりと共に毛も生え変わるキツネを観察できる「宮城蔵王キツネ村」。

 

ついつい、カメラを構えるばかりになってしまうのではないでしょうか。

ここで逃さないように、宮城蔵王キツネ村ならではの見どころをご紹介します。

< 前のページ 1/2 次のページ >

関連するおすすめ記事

白石・蔵王に関するトピック

白石・蔵王 × 観光スポットもっと見る >
白石・蔵王 × 温泉・宿泊もっと見る >
白石・蔵王 × グルメ・お土産もっと見る >
白石・蔵王 × 歴史・人物もっと見る >
白石・蔵王 × イベント・祭事もっと見る >
白石・蔵王 × 体験・レジャーもっと見る >
白石・蔵王 × ライフ・生活もっと見る >