まずは王道!東松島の観光スポット特集

東松島は、日本三景で有名な松島のお隣さん。奥松島とも呼ばれており、日本三大渓に数えられる「嵯峨渓」や松島四大観の1つである「大高森」など、松島とはまた違った絶景スポットが目白押し。今回はそんな東松島の観光スポットをご紹介します

アイキャッチ画像出典:撮影 編集部

東松島ってどんなところ?

大高森 壮観

出典:PIXTA

日本三景の一つである松島は有名ですが、その隣にある東松島市にも「奥松島」と呼ばれる景勝地があります。

嵯峨渓 大迫力

撮影:筆者

切り立った崖や荒々しく削られ岩など、女性的といわれる松島とは違ったダイナミックな景観が特徴です。

東松島市 ブルーインパルス

出典:PIXTA

また東松島には航空自衛隊の松島基地があり、ブルーインパルスの曲技飛行が行われる「松島基地航空祭」が毎年開催されています。

 

今回はそんな東松島市に点在している観光名所をご紹介します。松島に負けない、魅力的なスポットがたくさんありますよ!

 

東松島へ実際に行ってきたレポート記事もあるので、参考にどうぞ

① 日本三大渓の一つ「嵯峨渓」

嵯峨渓

撮影:編集部

「嵯峨渓(さがけい)」は、岩手の貎鼻渓(げいびけい)や大分県の耶馬渓(やばけい)と並び、日本三大渓の一つ。奥松島にあたる、宮戸島(みやとじま)の南端に突き出ている半島一帯をさします。

海上から眺めるのが主流

船から見る嵯峨渓

撮影:編集部

嵯峨渓は、遊覧船に乗って海上から眺めるのがおすすめ。屋根付きなので、海の状況に問題がなければ雨でも運航しています(所要時間:約60分)。

 

外洋に出ると、雨風波によって荒々しく削られた断崖絶壁が姿を現します。島を遠目からみる大型遊覧船とは違い、近距離で島景色を楽しめるのも魅力です。

 

<嵯峨渓遊覧船の基本情報>

営業時間:8:30~17:00(年中無休)

遊覧船始発:通年8:45

最終運航時間:

(4~9月)16:00

(10~3月)15:00

住所:〒981-0412 東松島市宮戸字川原5番地1(嵯峨渓遊覧船・案内所)

アクセス:

(車)三陸自動車道 鳴瀬奥松島I.Cより約14分

(電車)JR仙台線「野蒜駅」より車で約12分

詳細はこちら

② 松島を一望できる名所「壮観(大高森山頂)」

大高森からのぞむ奥松島

出典:PIXTA

東松島観光に欠かせないビュースポットがあります。それが大高森(おおたかもり)、またの名を「壮観(そうかん)」と呼ばれています。

 

標高約105.8mの山頂からは、奥松島の絶景を望むことができます。山頂までは、およそ15~20分ほど。低山だから楽勝! となめてかかると痛い目を見る登山道となっています。

嵯峨見台にも寄ってみよう!

嵯峨渓見台

出典:PIXTA

山頂の手前に分岐点があり、「嵯峨見台」へ向かうルートがあります。余力があったら、ぜひ足を伸ばして欲しいところ。

 

嵯峨渓の上を歩くコースで、海上からみるのとはまた違った景観を楽しめますよ!

 

<大高森の基本情報>

住所:東松島市宮戸島
アクセス:R仙石線「野蒜駅」から車で10~15分、大森観光ホテル側と縄文村側の2か所登山口あり。

山頂までは登山口から徒歩約20分

③ 小さくて穏やかな「月浜海水浴場」

月浜海岸

こじんまりとした小さな海水浴場。遠浅で波も穏やかなため、小さい子供連れのファミリーにもおすすめです。温水シャワーや仮設トイレなど、最低限の設備も整っています。

絶景が望める稲ヶ崎公園にも寄ってみよう!

稲ヶ﨑公園 夕日

月浜海岸沿いを西に向かって歩いていくと、「稲ヶ崎展望台」と書かれた看板と遊歩道の入口がみえてきます。そこから150mほど階段を登ると、奥松島を代表する景勝地の一つ「稲ヶ崎公園」に到着。

 

蔵王や松島湾、牡鹿半島、天気のいい日には福島県の相馬地方まで見通せるそう。とくに夕暮れ時は、松島湾が黄金のように煌めくようで絶景といわれています。

 

 

<月浜海岸の基本情報>

海開き:2019年7月13日(土)
遊泳期間:2019年7月13日(土)~8月20日(火)
※海上の状況により遊泳禁止となる場合があります。

営業時間:9:00~15:30(予定)
施設設備:有料シャワー・仮設トイレ・見張台
アクセス:JR野蒜駅より車で約15分
駐車場:約100台(有料)

④ 古代人を深く知る「奥松島縄文村歴史資料館」

奥松島 縄文博物館

撮影:編集部

縄文時代の遺跡である「里山貝塚」から出土した土器や石器、装身具、食料であった魚や獣の骨などを展示されている歴史資料館。

 

縄文時代のある一家の暮らしを再現した映像シアターなども公開されており、わかりやすく縄文文化について解説してくれます。

勾玉作りに土器作りなど、体験学習が目白押し

東松島 貝塚

撮影:編集部

火起こし、貝塚見学、琥珀のアクセサリー作りなど、楽しみながら学べる体験学習も人気。この博物館ならではの、土器作り体験もおすすめです!

 

また館内には、約2500年前の貝塚をはぎ取った断面が展示されています。貝はもちろん、動物の骨や土器などがぎっしり詰まっています。

 

<奥松島縄文村歴史資料館の基本情報>

開館時間:9:00~16:30

休館日:毎週水曜日(年末年始)

入館料:一般400円(団体300円)、高校生300円(団体200円)、小中学生150円(団体100円)

アクセス:

(電車)

仙台駅→野蒜駅 仙石線・仙石東北ライン40分
※仙台から行く場合は、東北本線から仙石線に乗り入れる「仙石東北ライン」利用すると時短になります。

(車)
・東北自動車道 大和I.Cから約50分
・三陸自動車道 鳴瀬奥松島I.Cから約20分

公式HPはこちら

奥松島エリアの1日観光モデルコースはこちら!

⑤ 基地内見学もできる「航空自衛隊松島基地」

松島基地

出典:PIXTA

最後にご紹介するのは、ブルーインパルスでお馴染み「航空自衛隊松島基地」。事前に予約すれば基地内を見学することができます。

「松島基地航空祭」に合わせていくのがおすすめ

松島基地 ブルーインパルス

出典:PIXTA

2019年の松島基地航空祭は、8月25日(日)。午前と午後の2回にわたりブルーインパルスの曲技飛行が行われるほか、ファンの間では「平成の零戦」とも呼ばれているF-2Bによる機動飛行も披露されるようです。

 

また前日には、東松島市で「東松島夏まつり」も開催され、夜は松島基地内から花火が打ち上げられます。

 

<航空自衛隊松島基地の基本情報>

住所:〒981-0503 宮城県東松島市矢本字板取85

アクセス:

(電車)

仙石東北ライン「矢本駅」から徒歩約30分

(車)

三陸自動車道 矢本I.Cから約5分

基地見学実施日時:平日のみ 10:00~11:30、13:00~14:30)

申し込み方法:希望日の1か月前までに、電話0225-82-2111(内線211)にて予約。

予約の受付時間:平日のみ 9:00~15:00

見学料金:不要

予約に関する詳細はこちら

詳細はこちら

意外に穴場?ゆっくり過ごすなら奥松島

月浜海岸 俯瞰

松島の方に観光客が集中するため、GWや夏のハイシーズンでも人混みも少なく、のんびり寛げるのは東松島ならでは。

 

松島とはまた違った奥松島の魅力を、ぜひ体感してみてください。

 

嵯峨渓
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード

編集部員 M
編集部員 M

GOGO MIYAGI!記事執筆担当。東北の魅力にハマり、自腹で宮城県に通う日々が続く。ペーパードライバーなので、旅は徒歩・バス・電車が中心。現地のリアルな観光レポートをお届けします!