石巻駅→フェリー乗り場までのアクセス

バスの場合

石巻駅 ミヤコーバス停留所

▲石巻駅前ミヤコーバス2番乗り場

バス停は、石巻駅を出て左手すぐ。

9時台発フェリー(1便)に乗るためには平日・土日祝関係なく、石巻駅発8:30(始発)に乗らなければ間に合いません。

 

コンビニに立ち寄ることも考え、8時20分くらいに石巻駅に着く電車で向かいましょう!

 

バスに乗車したら「中央一丁目」で下車(約7分)、バス停からフェリー乗り場まで徒歩約1分です。

タクシーを利用する場合は、「網地島ライン中央発着所まで」と伝えればOK。

 

※ミヤコーバス山下門脇線(平日)の時刻表はこちら

※ミヤコーバス山下門脇線(土日祝)の時刻表はこちら

徒歩(石巻中央発着所・約15分)

JR石巻駅

石巻中央発着所まで、JR石巻駅から徒歩約15分。

漫画家・石ノ森章太郎の作品『サイボーグ009』や仮面ライダーのキャラクターモニュメントが立ち並ぶ、マンガロードを歩いていきます。

石巻 マンガロード 008=ピュンマ

石巻駅を背にまっすぐ進みます。

石巻 マンガロード 009

すると『サイボーグ009』島村ジョーのモニュメントに出会うので、彼の横を通りすぎて左折。国道398号線沿いをまっすぐに進みます。

マンガロード 石巻 ハインリヒ石巻 マンガロード サイボーク009』の007=グレード・ブリテン石巻 マンガロード ちゃんちゃんこ石巻 マンガロード 仮面ライダー石巻 旧観慶丸商店

商店街を抜けると正面に「旧観慶丸商店」という、レトロな洋風建築物がみえてきます。

 

まずは横断歩道を渡って旧観慶丸商店の方へ。さらに旧観慶丸商店を背に横断歩道を渡り、真っすぐ進みましょう。

横断歩道の先に「橋通り」という標識がみえてくるので、その道を左折。近くに「津波襲来の地」と刻まれた石柱が建っています。

石巻 かわべい

少し歩くと正面に「石巻市かわまち交流センター(かわべい)」みえてくるので、横断歩道を渡りかわべい側へ、そのまま直進。

いしのまき元気いちば

かわべいの隣にある「いしのまき元気いちば」を通りすぎると、左手にバスの停留所がみえてきます。

石巻 旧北上川 堤防

停留所の奥をみると、上写真のようなフェリー乗り場の案内板があります。堤防にかかる階段を上がりましょう。

石巻 フェリー中央発着所

隣を流れるのは、旧北上川です。右手手前にみえるマンションのような建物1階に、「石巻中央発着所」の窓口があります。

石巻網地島フェリー中央発着所 待合室 入口

▲看板が出ているのでわかりやすい

到着です。フェリーの乗船券はこちらで購入します。待合室にはトイレもあるのでご安心ください。

田代島から帰ってきたら、石巻を観光しよう!

時期にも寄りますが、フェリーが石巻へ戻ってくるのはだいたい15~16時台です。まだ観光する時間は十分にありますね! 続いては石巻の観光スポットをご紹介します。

漫画・アニメ好き必見!「石ノ森萬画館」

石ノ森萬賀館

▲石ノ森先生が描いた未来の宇宙船を、そのまま建物にした石ノ森萬画館。

石巻中央発着所から橋を渡り、徒歩3分ほどで行ける「石ノ森萬画館(いしのもりまんがかん)」。

『サイボーグ009』や仮面ライダーで知られる漫画家・石ノ森章太郎の作品に浸れるミュージアムです。

石ノ森萬賀館 館内

▲1階はエントランス&グッズショップ、映像ホールなどがある。

主役はあくまでキャラクター。作品の世界観を再現した展示ルームや、ここでしか見られないオリジナルアニメの上映、マンガ・アニメ工房など、世代を問わずだれもが楽しめる場所です。

所在地

宮城県石巻市中瀬2-7
アクセス:

JR仙石線「石巻駅」から徒歩約12分
営業時間:

9:00~18:00
定休日:

毎月第3火曜日
駐車場:

近辺の駐車場利用してください。

石ノ森萬画館公式HPはこちら

「石ノ森萬画館」近隣の宿を探す

市内を一望できる「日和山公園」「鹿島御児神社」

石巻 鹿島御児神社

▲鹿島御児神社の鳥居

石巻中央発着所から徒歩約15分。長い急な階段(もしくは坂道)をのぼりきると、高台となっている日和山(ひよりやま)公園に着きます。江戸時代には『おくのほそ道』で有名な俳人・松尾芭蕉も足を運んだ場所です。

 

敷地内には鹿島御児(かしまみこ)神社の境内もあるので、参拝していきましょう。

ご祭神は武甕槌命(たかみかづちのみこと)と鹿島天足別命(かしま あまたりわけのみこと)。

 

勝利の神としての、職業繁栄や悪疫除けの神、安産の神、鬼門の神などのご利益があります。※御朱印あり。

石巻 日和山公園

▲日和山公園からの眺め

園内から石巻市を一望できます。震災前の景色を映した写真パネルが展示されており、災害の恐ろしさを静かに物語っています。

所在地:

宮城県石巻市日和が丘二丁目
アクセス:

石巻駅から徒歩約20分
駐車場:

有り(約20台)

日和山公園の詳細ページはこちら

鹿島御児神社の公式HPはこちら]

「日和山公園」近隣の宿を探す

ご当地のイイモノ揃ってます「いしのまき元気いちば」

石巻 元気いちば

▲いしのまき元気いちば1階

石巻中央発着所から徒歩1分くらいの場所にある「いしのまき元気いちば」。

2階建ての商業施設で、1階は特産品や土産物が販売されているお買い物フロア、2階はフードコート形式の食事処となっています。

いしのまき元気いちば 海鮮どんぶり

▲一番人気メニュー「元気丼」

フードコートで人気なのは、新鮮な海の幸をつかった海鮮丼。ほかにもサバだしラーメンやホエール丼、金華サバ焼き定食、牡蠣カレーなど、ご当地グルメをしっかり楽しめます!

所在地:

石巻市中央二丁目11-11
営業時間:

(1F)AM9:00~PM7:00

(2F)AM11:00~PM8:00(PM7:30)
定休日:

なし(年末年始・お盆・連休等は別途確認が必要)
アクセス:

JR仙石線「石巻駅」から徒歩約10分
いしのまき元気いちばの公式HPはこちら

「いしのまき元気いちば」近隣の宿を探す

1泊2日なら「網地島」「金華山」にも足をのばしてみて!

石巻から鮎川までのフェリーの

フェリーの終点は田代島ではなく、石巻市牡鹿半島の西海岸沿いにある港町「鮎川(あゆかわ)」。

鮎川からは奥州三大霊場の一つ、「金華山」に行くフェリーが運航しています。

 

日帰りで行くのは難しいですが、1泊2日あれば十分です。

海の透明度がすごい!東北のハワイ「綱地島」

綱地島 海水浴場

出典:PIXTA

石巻からは1時間、田代島だと約20分で着く網地島(あじしま)。東北のハワイとも呼ばる、透明度の高い海が特徴です。

 

網地港の近くにある「白浜海水浴場」は、遠浅で波の静かなビーチ。

海水浴期間中は売店やシャワー、トイレも整備され、多くの海水浴客で賑わいます。

 

網地島には「網地港」と「長渡(ふたわたし)」という二つの港があり、両者の距離は徒歩で約1時間。

フェリーの時刻に合わせて島内を走る市民バス(大人200円、小学生100円)を利用すれば、10分足らずで着きます。

網地島ラインの運航時刻はこちら

牡鹿地区住民バスの時刻表はこちら

<フェリーの料金(片道・税込)>
石巻→網地…大人1,360円(小学生680円)
石巻→長渡…大人1,470円(小学生735円)
大泊・仁斗田→網地…大人350円(小学生175円)
大泊・仁斗田→長渡…大人740円(小学生370円)

網地島と赤い灯台

出典:PIXTA

島一番の見どころは、ドワメキ(ドミキ崎)と呼ばれる場所。

漢字だと涛波岐埼灯台と書きます。網地島の南端部にあり、長渡港から徒歩20分ほど。

 

赤と白の縞模様を描いた灯台、どこまでも広がる青い海。

霊島・金華山も望める、島内随一のビュースポットです。

 

島には民宿やペンションが数件あります。1泊2日なら網地島で宿泊し、2日目の1便で鮎川へ行き「金華山」へ向かうのもオススメ。

<フェリーの料金(片道・税込)>

大泊→鮎川…大人970円(小学生485円)

仁斗田→鮎川…大人810円(小学生405円)

網地・長渡→鮎川…大人470円(小学生235円)

一生お金に困らない!?霊島「金華山」

金華山 海

出典:PIXTA

金華山は青森県の恐山、山形県の出羽三山とともに”奥州三大霊場”の一つ。山と付いていますが島です。

 

鮎川からフェリーで20分ほど。フェリーは毎週日曜日のみ運行し、1日1往復(鮎川10:30発、金華山12:30発)しかありません。

出航時刻に間に合わなかった場合は、海上タクシーくろしおを利用します。

鮎川→金華山の時刻表はこちら

<フェリーの料金(往復・税込)>

鮎川→金華山…大人2,500円、小人1,250円、幼児無料

※日曜日のみ運行

金華山 神社

▲金華山黄金山神社

観光客のお目当ては、島の中心部にある「黄金山神社(きんかさんこがねやま)」。

“3年連続でお参りに行くと一生お金に困らない”といわれている金運のパワースポットです。

 

フェリー発着場の桟橋から神社までは、無料の送迎バスが出ています(約5分)。※徒歩だと行くと15~20分ほどかかります。

 

日帰りで参拝するのが一般的ですが、島内にある宿坊「参集殿(さんしゅうでん)」に1泊し、早朝祈祷に参加することも可能です。

参集殿に関する詳細ページはこちら

金華山 シカ

▲島の住人はシカ

田代島は人口よりもネコが多いですが、金華山はシカ。

というのも金華山の住民は、神社に務めている数人の関係者のみ。一般人は住んでいません。

 

発着場から徒歩10分の場所に鹿山公園がありますが、そこまで足を伸ばさずともあちらこちらにシカがいます。

「金華山」近隣の宿を探す

ネコのエサはお預かりボックスへ!

田代島 猫ごはんお預かりbox

ネコ好きのシャングリラ、田代島はいかがでしたか? とにかく島のどこへ行ってもネコだらけ。しかも人慣れしているネコが多く、自ら寄ってきます。

 

とはいえネコの健康上、エサを与えるのは厳禁です。島内にはネコのエサを投入できるお預かりBOXがあるので、そこに入れましょう。島民が適切なタイミングでネコに食べさせてくれるようです。

※本記事の情報は、2019年10月に撮影・執筆したものです。最新の情報は現地へお問い合わせください。

< 前のページ 4/4 次のページ >

関連するおすすめ記事

石巻・気仙沼に関するトピック

石巻・気仙沼 × 観光スポットもっと見る >
石巻・気仙沼 × 温泉・宿泊もっと見る >
石巻・気仙沼 × グルメ・お土産もっと見る >
石巻・気仙沼 × 歴史・人物もっと見る >
石巻・気仙沼 × イベント・祭事もっと見る >
石巻・気仙沼 × 体験・レジャーもっと見る >
石巻・気仙沼 × ライフ・生活もっと見る >