はらこ飯
アイキャッチ画像:PIXTA

宮城の郷土料理「はらこ飯」ってなんだ?

はらこ飯

出典:PIXTA

「はらこ飯」 は、サケとイクラをつかった郷土料理です。「はらこ」とはその名の通り、鮭の腹子(イクラ)のこと。文字通り鮭をつかった親子丼が「はらこ飯」なのです。

発祥地は、亘理町!

亘理町 

「はらこ飯」は仙台より南、宮城県の亘理町(わたりちょう)が発祥の地とされています。

亘理町では、昔から阿武隈川(あぶくまがわ)を遡上してくるサケを地引網で獲り、地元の漁師飯として「はらこ飯」を作り、長い間親しまれていた郷土料理だったのです。

 

「はらこ飯」は各家庭により、味付けや作り方も異なります。一般的に知られているのは、サケの身を煮た汁を加えた炊き込みご飯の上に、煮立てたサケと醤油漬けのイクラを盛りつけたものです。

他にも、古くから伝わる「おかまぜ」という作り方があり、通常通り炊いたご飯に、少しずつ煮汁を入れて味をつけていくのだそう。

料理男子・伊達政宗公も絶賛!

伊達政宗 騎馬像

出典:PIXTA

食通の武将で知られる、仙台藩藩祖・伊達政宗公。江戸時代、荒浜の運河工事の視察に訪れた政宗公は、領民から献上された「はらこ飯」を食べ、そのあまりの美味しさに驚いたと伝えられています。

その感動を家臣たちにも話し、はらこ飯は徐々にご当地グルメとして知られるようになったとか。

はらこ飯シーズンは秋!

はらこ飯 いくらサケが遡上してくる9月~11月が、はらこ飯シーズン。この期間は、宮城県内の飲食店ではらこ飯が提供されるほか、10月8日は「はらこめしの日」となっています。

なぜ10月8日なのかというと、亘理町のHPに解説がありました。

10月は阿武隈川に鮭が上ってくる鮭漁の解禁の月で、8日の8は「はらこ」の「は(8)」であり、イクラの粒を縦に並べると数字の8に形が似ていることから。

また亘理町のお店が運営している通販サイトをみても、「はらこ飯」は12月上旬までの限定商品となっています。

 

亘理町へ直接食べに行くのが一番いいですが、シーズン外に「はらこ飯」を食べたくなる、また県外に住んでいる方もいるでしょう。

この記事では、簡単お手軽につくれる「はらこ飯レシピ」や、作るのが面倒な人にオススメしたい通販商品も紹介します。

 

\通販でお取り寄せ/

ITEM
はらこ飯 (名店「田園」監修 いくら 鮭 炊き込みごはん 宮城 郷土料理 )
内容量:600g(2合分) (はらこ飯の素:520g、味付けいくら:80g)
賞味期限:冷凍5ヶ月保
販売者:株式会社 清川屋

すごく簡単!はらこ飯の作り方

筆者は料理研究家でも料理人でもないため、様々なレシピサイトをリサーチし、結果この作り方を実施しました。

< 前のページ 1/2 次のページ >

関連するおすすめ記事

仙台に関するトピック

仙台 × 観光スポットもっと見る >

仙台 × 温泉・宿泊もっと見る >

仙台 × グルメ・お土産もっと見る >

仙台 × 歴史・人物もっと見る >

仙台 × イベント・祭事もっと見る >

仙台 × 体験・レジャーもっと見る >

仙台 × ニュースもっと見る >

仙台 × ライフ・生活もっと見る >