GOGO MIYAGI! > グルメ > 「はらこ飯」伊達政宗公も絶賛!?宮城県亘理町の郷土料理を食べよう

「はらこ飯」伊達政宗公も絶賛!?宮城県亘理町の郷土料理を食べよう

「はらこ飯」は宮城県南部、亘理町の郷土料理です。炊き込みご飯の上にサケとイクラを盛りつけた丼で、仙台藩祖・伊達政宗が絶賛し、徐々に広まったといわれています。この記事では、はらこ飯の雑学、自宅で作れる簡単レシピを紹介します。

アイキャッチ画像:PIXTA

宮城の郷土料理「はらこ飯」ってなんだ?

はらこ飯

出典:PIXTA

「はらこ飯」 は、サケとイクラをつかった郷土料理です。「はらこ」とはその名の通り、鮭の腹子(イクラ)のこと。文字通り鮭をつかった親子丼が「はらこ飯」なのです。

発祥地は、亘理町!

亘理町 

「はらこ飯」は仙台より南、宮城県の亘理町(わたりちょう)が発祥の地とされています。

亘理町では、昔から阿武隈川(あぶくまがわ)を遡上してくるサケを地引網で獲り、地元の漁師飯として「はらこ飯」を作り、長い間親しまれていた郷土料理だったのです。

 

「はらこ飯」は各家庭により、味付けや作り方も異なります。一般的に知られているのは、サケの身を煮た汁を加えた炊き込みご飯の上に、煮立てたサケと醤油漬けのイクラを盛りつけたものです。

他にも、古くから伝わる「おかまぜ」という作り方があり、通常通り炊いたご飯に、少しずつ煮汁を入れて味をつけていくのだそう。

料理男子・伊達政宗公も絶賛!

伊達政宗 騎馬像

出典:PIXTA

食通の武将で知られる、仙台藩藩祖・伊達政宗公。江戸時代、荒浜の運河工事の視察に訪れた政宗公は、領民から献上された「はらこ飯」を食べ、そのあまりの美味しさに驚いたと伝えられています。

その感動を家臣たちにも話し、はらこ飯は徐々にご当地グルメとして知られるようになったとか。

はらこ飯シーズンは秋!

はらこ飯 いくらサケが遡上してくる9月~11月が、はらこ飯シーズン。この期間は、宮城県内の飲食店ではらこ飯が提供されるほか、10月8日は「はらこめしの日」となっています。

なぜ10月8日なのかというと、亘理町のHPに解説がありました。

10月は阿武隈川に鮭が上ってくる鮭漁の解禁の月で、8日の8は「はらこ」の「は(8)」であり、イクラの粒を縦に並べると数字の8に形が似ていることから。

また亘理町のお店が運営している通販サイトをみても、「はらこ飯」は12月上旬までの限定商品となっています。

 

亘理町へ直接食べに行くのが一番いいですが、シーズン外に「はらこ飯」を食べたくなる、また県外に住んでいる方もいるでしょう。

この記事では、簡単お手軽につくれる「はらこ飯レシピ」や、作るのが面倒な人にオススメしたい通販商品も紹介します。

 

\通販でお取り寄せ/

ITEM
はらこ飯 (名店「田園」監修 いくら 鮭 炊き込みごはん 宮城 郷土料理 )
内容量:600g(2合分) (はらこ飯の素:520g、味付けいくら:80g)
賞味期限:冷凍5ヶ月保
販売者:株式会社 清川屋

すごく簡単!はらこ飯の作り方

筆者は料理研究家でも料理人でもないため、様々なレシピサイトをリサーチし、結果この作り方を実施しました。

「はらこ飯」の材料(2人分)

お米…2合
生サケ…2切れ
イクラ(しょうゆ漬け)…お好みで
ねぎ…適量

<煮込み用の調味料>
★醤油…大さじ2

★みりん…大さじ2

★だしの素(顆粒タイプ)…小さじ1

★切り出し昆布…1枚

★水…100ml

「はらこ飯」の作り方

お米は研いで、ざるに上げておきます。

 

① サケを食べやすい大きさに切る

サケは食べやすい大きさに切っておきましょう。皮や骨が気になる方は、取っておきます。

 

② フライパンに★をすべて入れて混ぜた後、サケを中火で煮込む

さけ 煮込む

落し蓋をして、煮汁の蒸発を防ぐと尚良いでしょう。落し蓋しなくても出来ます。

 

③ 煮立った後、研いでおいたお米に②の煮汁を入れる

炊飯

サケと昆布は取り出して、まずは煮汁を先に入れます。

 

④ 2合の目安線まで水を注ぎ、軽くまぜる

 

⑤ お米の上に、取り出したサケと昆布を入れて、通常の炊飯モードで炊く

はらこ飯 食材

通常の炊飯モード(白米)をスイッチオン!

 

以前、筆者は無洗米を使い「無洗米モード」で炊飯したことろ、ご飯がべちょべちょになってしまい、失敗してしまいました。

今回も同じ無洗米で、普通炊飯モードで炊いたら、問題なく仕上がりました。

 

⑥ 炊けたら、昆布とサケを取り出す

はらこ飯 炊き立て

⑦ 器にご飯を盛り、その上にサケといくらを乗せて完成!

はらこ飯 完成

炊飯時間をのぞけば、10分くらいで完成します。

本場のはらこ飯を食べるなら、宮城の亘理町へ!

「元祖はらこ飯」を食べるなら、宮城県の亘理町へ!

亘理町へは、仙台市街地から車で約50分。JR仙台駅から常磐線で約30分です。

 

「はらこ飯」のシーズンは、9月中旬~11月下旬。下記の亘理町の観光情報サイトで、はらこ飯が食べられるお店を掲載しているので、ぜひチェックしてみてくださいね!

はらこ飯|店舗一覧

この記事を読んだ人におすすめ

紹介されたアイテム

はらこ飯 (名店「田園」監修 いくら 鮭…
サイトを見る

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

はらこ飯
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

この記事のキーワード

GOGO MIYAGI 編集部
GOGO MIYAGI 編集部

GOGO MIYAGI!運営&記事編集担当。マグロとすんだ餅が好物。宮城にある神社や仏閣、景勝地、B級スポットの発掘に日々没頭中。読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。

GOGO MIYAGI! > グルメ > 「はらこ飯」伊達政宗公も絶賛!?宮城県亘理町の郷土料理を食べよう