コンビニで売られている雪見だいふく
アイキャッチ画像:撮影 編集部

「雪見だいふく」×仙台銘菓「喜久福」がコラボ!

コンビニで売られている雪見だいふく

撮影:編集部

昨年で発売40周年を迎えた、ロッテの人気アイス「雪見だいふく」。“ふるさとの味を”コンセプトに、全国の銘菓とコラボ商品を展開しています。

広島の「八天堂」、博多の「鶴乃子」、山梨の「桔梗信玄餅」に続き、第4弾は仙台銘菓「喜久福(きくふく)」とのコラボが実現しました。

喜久福って?

喜久福は、1920(大正9)仙台市創業の老舗茶番店「お茶の井ヶ田」が展開するブランド「喜久水庵(きくすいあん)」の主力商品。

上品な味わいの餡と、ほんのり甘いクリームをやわらかいお餅で包み込んだ、生クリーム大福です。

 

最近では人気漫画『呪術廻戦』に登場し、全国に知られることとなりました。仙台土産の大定番で、迷ったらこれ的な存在でもあります。

生クリーム大福 喜久福 4種 詰合せ(16ヶ入)

抹茶、生クリーム、ずんだ、ほうじ茶

喜久水庵監修、コラボした「雪見だいふく」を実食

雪見だいふく喜久福

撮影:編集部

今回のコラボ商品は、北海道の小豆を使った「こしあん」を、京都府産の宇治抹茶を使用した「抹茶アイス」と「やわらかい餅」で包み込んだ一品。喜久福の抹茶生クリームの味わいを再現したアイスです。

価格…194円(税込)
カロリー…1個86kcal

まずは見た目

喜久福 雪見だいふ
ほんのり緑色をした雪見だいふく。

一般的な雪見だいふくのフォークはピンク色ですが、こちらは金色! 特別感がありますね。

断面図はこんな感じ

雪見だいふく喜久福 断面図

出典:PR TIMES

うまく撮影できなかったので、公式の画像を拝借。イラスト通りの断面図でした。

気になる味は……?

雪見だいふく喜久福 断面

撮影:編集部

雪見だいふくの美味しい食べ方として、公式では「8分待ちがおすすめ」と紹介されていました。お餅がやわらかくなり、絶妙な食感が楽しめるからだそう。

 

冷凍庫から雪見だいふくを出し、8分待ってから食べてみました。

 

予想以上にやわらかく、モッチリした餅。餅に包まれたアイスは、抹茶の渋味とほんのり甘いクリームが交ざり合った絶妙な味。「食べるお茶」をコンセプトとする、喜久福のこだわりを感じられます。

抹茶の渋みが苦手! という方でも大丈夫です。

どこで買えるの?

雪見だいふく×喜久福は、“全国のコンビニエンスストア、「お茶の井ヶ田」が展開する「喜久水庵」の一部店舗「お茶の井ヶ田」オンラインショップで購入することができます。

個人の感覚ですが、ローソンで見かけることが多かったです。

お茶の井ヶ田のオンラインショップはこちら

宮城には美味しいものが沢山ある!

喜久福は仙台土産の大定番のため、宮城に行けば必ず手に入る銘菓。今回のコラボをきっかけに、宮城の美味しいグルメが全国に広まってくれると嬉しいです!

この記事を読んだ人におすすめ

関連するおすすめ記事

仙台に関するトピック

仙台 × 観光スポットもっと見る >
仙台 × 温泉・宿泊もっと見る >
仙台 × グルメ・お土産もっと見る >
仙台 × 歴史・人物もっと見る >
仙台 × イベント・祭事もっと見る >
仙台 × 体験・レジャーもっと見る >
仙台 × ニュースもっと見る >
仙台 × ライフ・生活もっと見る >