「仙台の夜景」デートの〆にオススメの名所を厳選

2020/08/05 更新

東北の大都市、仙台の夜景名所をご紹介。駅近の名所から人気のない静かな穴場名所など、市街にある見逃せないスポットを厳選しました。しかもすべての展望スポットが入場無料。公共交通と徒歩でもアクセスできる場所なので、車のない観光客にもオススメです。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

仙台観光のシメに夜景はいかが?

仙台 夜景

出典:PIXTA

百万人以上が暮らす、東北の大都市・仙台。市街に立ち並ぶ高層ビルや大型の商業施設、ライトアップされた電波塔などが、仙台の夜景を形づくっています。

 

今回は仙台の夜景を、無料で楽しめるスポットをご紹介。まずは最寄り駅から徒歩でいける、アクセスしやすい夜景名所からチェックしていきましょう。

アクセス良すぎ!駅チカの夜景名所

① 仙台駅から一番近い「AER(アエル)」

仙台 AER

撮影:編集部

「AER(アエル)」は仙台駅西口から徒歩約2分の場所にある、31階建て高さ約145mの高層ビルです。市内の数ある夜景名所のなかで、最も駅から一番近い場所にあります

 

展望テラスがあるのは、31階の最上階。もちろん入場無料!

AERからの夜景

出典:PIXTA

展望テラスは東西の2ヶ所設置されており、東側からは仙台駅東口周辺のオフィスビル群や楽天生命パーク宮城、仙台港などがみえます。

仙台 AERからの夜景

西側の夜景は、光輝くトンネルのようにみえる商店街のアーケードが印象的。また奥の方には、夜の仙台を象徴するライトアップされた三本の電波塔、仙台放送(フジテレビ系)の「仙台スカイキャンドル」、ミヤギテレビの「ミヤテレタワー」、TBC東北放送「テレビ塔」がみえます。

仙台 AER 展望台

撮影:編集部

各テラス30人~40人ほど入れる広さです。暖色系の温かみある光と観葉植物たちが、場内を包み込んでいます。

 

写真だと屋内のようにみえますが、上部の天窓から外気が入るため冬場は上着必須です!

【夜景データ】

絶景度:★★☆

人口率:★★☆

アクセス:★★★

【AER(アエル)の基本情報】

所在地:
〒980-6116 仙台市青葉区中央1-3-1
営業時間:
10:00~20:00
料金:
無料
アクセス:
JR仙台駅西口2F 出口2-8より徒歩2分

駐車場:

あり(520台/有料30分200円~)
AERの公式HPはこちら

② 日本の夜景100選の一つ「SS30(エスエスサーティー)」

仙台  SS30

出典:PIXTA

「SS30(エスエスサーティー)」とは、仙台駅西口から徒歩約8分の場所にある「住友生命仙台中央ビル」のこと。高さは143m、31階建てのオフィスビルです。

 

大通り沿い(国道286号)に面しており、周辺は仙台国際ホテルや河北新報本社、仙台中央郵便局、仙台中央警察署が立ち並ぶオフィス街となっています。

 SS30からの夜景

出典:PIXTA

エントランスから専用エレベーター「スカイシャトル」に乗り、30階の展望フロア「憩いの場・市民プラザ」へ。フロアからは仙台市の南側を中心に、市街の景色を一望できます。

 

SS30の夜景は夜景認定ブランド「夜景100選」に認定された、”訪れた人が感動するような夜景”というお墨付き。安心して足を運んでください。

八木山 TBC東北放送テレビ塔

出典:PIXTA(TBC東北放送テレビ塔。1棟だけ離れてみえる)

AER同様、色鮮やかにライトアップされた三本の電波塔(八木山の「TBC東北放送」、太白区の大年寺山「ミヤテレタワー」「仙台スカイキャンドル」)もみえます。

大寺山 テレビ塔

出典:PIXTA(写真左「ミヤテレタワー」右「仙台スカイキャンドル」)

100人ほど入る広いフロアには、各所にベンチや自動販売機が設置されています。照明は薄暗く、時間が経つと色が変化しムーディーな雰囲気に浸れるのが魅力です。

28階と29階にレストランがありますので、食事をしながら夜景を楽しむのもいいですね。

【夜景データ】

絶景度:★★★

人口率:★★☆

アクセス:★★☆

【SS30の基本情報】

所在地:
〒980-6030 仙台市青葉区中央4-6-1
営業時間:
7:00~23:00 (30階 憩いの場・市民プラザ)
料金:
無料
アクセス:
JR仙台駅から徒歩約8分

駐車場:

あり(84台 /有料30分200円~)
SS30の公式HPはこちら

③ 幻想的な境内も必見「愛宕(アタゴ)神社」

仙台 愛宕神社

出典:PIXTA

火の神・軻遇土神(かぐつちのかみ)を祀っている、「愛宕(アタゴ)神社」。仙台駅から約4分、仙台市営南北線「愛宕橋駅」から徒歩約10分です。

 

境内は愛宕山(標高約75m)の頂上にあるため、入口から傾斜の急な長い石段を登ります。

 

夜景がみえる展望スポットは、境内にある展望デッキ。眼下に広瀬川が流れており、その先に市街地の夜景が広がっています。東北一の高さを誇る約180mのトラストタワーや、仙台駅前に立ち並ぶビル群もみえますよ。

仙台 愛宕神社

出典:PIXTA

慶長8年(1603)、仙台藩初代藩主の伊達政宗公によって造営された愛宕神社。以後、藩内の安全や火防の祭り祈願しなど行い、篤く信仰していたそうです。

 

灯篭に明かりが灯り、境内は幽玄な雰囲気に包まれています。境内にはベンチが備わった小規模の展望スペースがあるので、ゆっくり夜景観賞を楽しめますよ。

【夜景データ】

絶景度:★★☆

人口率:★☆☆

アクセス:★★☆

【愛宕神社の基本情報】

所在地:
〒982-0841 仙台市太白区向山4-17-1
営業時間:
終日開放
※駐車場は18時~翌6時まで閉鎖。
料金:
無料
アクセス:
仙台市営地下鉄・南北線「愛宕橋駅」から徒歩約10分
JR仙台駅から市営バスで約6分、「愛宕神社前」下車

駐車場:

夜間は閉鎖されるため、利用できません。
愛宕神社の公式HPはこちら

④ ここは穴場「八木山動物公園駅 八木山てっぺんひろば」

八木山動物公園駅

出典:PIXTA(八木山動物公園駅)

「八木山てっぺんひろば」は、仙台市地下鉄東西線「八木山動物公園駅」駐車場の屋上にある展望広場のことです。仙台駅からは地下鉄で12分とアクセスも抜群。

八木山てっぺん広場

撮影:筆者

広場は2015年12月「八木山動物公園駅」の開業と同時オープン。駅は標高136.4mの場所に位置しており、”日本一標高の高い地下鉄駅”として日本地下鉄協会から認定されています。

八木山てっぺん広場 案内版

撮影:筆者

「八木山てっぺんひろば」は、地下2階にある八木山動物公園駅からエレベーターで上がり、1階のロータリーや2~4階の駐車場を越えた5階の屋上にある公園です。園内には、八木山動物公園へ向かう連絡通路もあります。
八木山動物公園駅 てっぺん広場

出典:PIXTA(八木山山てっぺんひろば)

展望フロアのフェンスは、透明の強化ガラス製で眺めもバッチリ。広場にはトイレや長椅子も設置されており、休憩もできます。通路のウッドデッキは滑りやすいので、雨の日などはご注意ください。
八木山てっぺん広場からの景色

撮影:筆者

展望フロアからは、太白区の長町中心部や名取市周辺を一望できます。北東側には八木山にある「TBC東北放送」や、太白区の大年寺山にある「TBC東北放送」「ミヤテレタワー」「仙台スカイキャンドル」)もみえます。
八木山てっぺん広場と太平洋

撮影:筆者

昼間の景色もオススメ。晴れた日には遠くに太平洋、仙台空港もみえます。また元旦には多くの地元民が訪れる、初日の出の名所としても有名。

【夜景データ】

絶景度:★★☆

人口率:★☆☆

アクセス:★★★

【八木山動物公園駅の基本情報】

所在地:

〒982-0801 仙台市太白区八木山本町1-43

営業時間:

24時間

料金:

無料

アクセス:

仙台市地下鉄東西線「仙台駅」乗車12分「八木山動物公園駅」下車 エレベーターで5Fに上がってすぐ

駐車場:

平日211台、休日461台

100円/30分(最初の30分まで無料)
※入出庫可能時間は5:00~24:45分まで。

駅から離れたスポット

① 政宗も見た「仙台城跡(本丸大広間跡)」

仙台城本丸からみる市街

撮影:編集部(本丸大広間跡)

仙台市を象徴する「仙台城跡」。初代仙台藩初代藩主・伊達政宗によって築かれた城は、東と南を断崖、西を山林が囲む、自然の地形を利用した山城でした。現在はかつて城下町だった市街を一望できる、仙台を代表する夜景名所の一つです。

 

しかし新明治政府によって城は取り壊され、残っていた「大手門」と「隅櫓」も昭和20年(1945)の仙台空襲によって焼失、当時の姿のまま現存しているのは石垣のみ。また再現された大手門脇櫓などがみられます。

仙台国司センター駅

撮影:編集部

夜景をみる場合のアクセス方法は、仙台市地下東西線「国際センター駅」から15分ほど歩きます。※るーぷる仙台の最終便は仙台駅西口発16:00、仙台城跡発は16:22のため。

 

道中はなだらかな坂道が続くので、歩きやすい靴で向かうのがオススメです。

仙台城跡からみえる夜景

出典:PIXTA

仙台城跡は、標高約130mある小高い丘陵に位置しているため、広瀬川をはさんで仙台市街の夜景を一望できます。

 

市街中心部には高層ビルやオフィスビルが立ち並んでおり、光が多い都市夜景を楽しめますよ。

ライトアップされる伊達政宗像

出典:PIXTA

また伊達政宗騎馬像と石垣は、日没から23時まで毎日ライトアップされています。こちらも併せてチェックしてみてください!

【夜景データ】

絶景度:★★★

人口率:★☆☆

アクセス:★☆☆

【仙台城跡の基本情報】

所在地:

〒980-0862 仙台市青葉区川内1

営業時間:

24時間

料金:

無料

アクセス:

仙台駅から車で約15分

仙台市営地下鉄東西線「国際センター駅」下車、徒歩約15分

駐車場(青葉城本丸会館駐車場):

8:00〜18:00(無休)

1時間400円/以降30分……毎200円(普通車)
1時間1,200円/以降30分……毎600円(大型・マイクロ)

仙台城跡に関する詳細ページはこちら

② 人気が少ない穴場「瞑想の松 展望台」

仙台 瞑想の松

出典:PIXTA

瞑想の松 展望台(めいそうのまつ てんぼうだい)は、仙台市青葉区にある東北薬科大学の敷地内にあります。仙台駅からは車で15分ほど。

 

明治時代の文学者・※高山樗牛(たかやまちょぎゅう)が、旧制仙台第二高等学校の学生時代に松の下で瞑想したことから、「高山樗牛 冥想の松」と呼ばれています。

 

樹齢620年を超えるといわれる、瞑想の松はクロマツで仙台市指定の保存樹木です。樹高18.6mで、樹周は3.4m。1941年(昭和16年)に建立された土井晩翠(どいばんすい)による石碑がそっと寄り添っています。展望台はそのすぐ隣です。

 

※高山樗牛:山形県鶴岡市生まれの明治の文学博士。仙台第二高等学校の教授や東京大学の講師を歴任。代表作「滝口入道」小説(1894年)

 

瞑想の松は、仙台人でも知る人ぞ知る隠れ夜景スポット。展望台からは仙台駅周辺のビル群が一望でき、ライトアップされた3本の電波塔も遠くにみえます。

【夜景データ】

絶景度:★☆☆

人口率:★☆☆

アクセス:★☆☆

【瞑想の松 展望台】

所在地:

〒981-0905 仙台市青葉区小松島4-4-1(東北薬科大学敷地内)

営業時間:

24時間

料金:

無料

アクセス:

仙台駅から車で約15分

仙台市営バス 仙台駅前から「旭ケ丘駅行」に乗車約13分、「東北医科薬科大・東北高校前」下車徒歩3分

駐車場:

なし、近隣の有料駐車場を「タイムズ小松島第4(瞑想の松まで徒歩約6分/543m)」を利用

12台収容可能

8:00~20:00…40分/220円

20:00~8:00…60分/110円

冬にしかみられない2つの夜景

冬の風物詩、イルミネーション。この時期にしかみられない、夜景の一つですよね。

① SENDAI光のページェント(12月初旬~12月下旬)

仙台光のページェント 2019 

撮影:編集部

SENDAI光のページェントは、仙台の定禅寺通りと青葉通りにあるケヤキに電飾を施したイルミネーションイベント。電球は全てLEDで、その数は約60万球もあります。

 

この中に1つだけピンク色の光があり、見つけられると幸せになれるというジンクスが存在します。ちなみにカップルの場合は、永遠の愛を手にすることができるとか。

仙台光のページェント

撮影:編集部

勾当台公園市民広場には、装飾された山小屋風の飲食店や雑貨店が建ち並ぶ「Sendai Winter Park クリスマスマーケット」が開催されています。また日本のフィギュアスケート発祥の地らしく、特設スケートリンク「スターライトリンク」も目玉コンテンツです。

 

また、催期間中はイルミネーションを施した、るーぶる仙台の「光のページェント号」が特別運行します。車窓と歩道、両方から光のページェントをお楽しみください。

【夜景データ】

絶景度:★★★

人口率:★★★

アクセス:★★★

【仙台光のページェントの基本情報】

所在地:

仙台市青葉区定禅寺通り

点灯時間:

[日曜日~木曜日]

17:30~22:00

[金土曜日、24日]

17:30~23:00

[12月31日]

17:30~24:00

料金:

無料

アクセス:

仙台駅から車で約5分

仙台市地下鉄南北線「仙台駅」から泉中央行きに乗車約3分、「勾当台公園駅」で下車徒歩3分

仙台市営バス「仙台駅前」から「交通局東北大病院行き」に乗車約6分、「定禅寺通市役所前」で下車すぐ

駐車場(仙台市勾当台公園地下駐車場):

入出庫可能時間……7:30~22:30

7:30~22:30……20分ごと100円
21:00~8:00……1,200円

収容可能台数……214台

SENDAI光のページェント公式HPはこちら

② みどりの杜ファンタジーナイト(1月中旬~2月中旬)

みどりの杜ファンタジーナイト2019

出典:PIXTA

みどりの杜ファンタジーナイトは、若林区荒井にある「せんだい農業園芸センターみどりの杜」で開催される冬季限定のイルミネーションイベント。仙台駅からは車で20分ほどの所にあります。

みどりの杜ファンタジーナイト

出典:PIXTA

このイベントのコンセプトは「親子で楽しめるイルミネーション」。園内が「ふれあい交流広場」を中心に約10万球のLEDでライトアップされます。中でも、最大で全長約10メートルもある恐竜のイルミネーションは大迫力!

 

期間は1月中旬~2月中旬で期間中の金、土、日、祝日のみ開催なので、ご注意ください。※2020年は、1月17日(金)~2月16日(日)に開催されました。

 

Instagramを使ったフォトコンテストや苺の甘酒おふるまい、宝探しゲームなどの各種イベントも人気です。アプリユーザー限定割引サービスもオススメ。
・リピート割引:金曜日に行くと100円割引になります。
・リピート割引:2回目以降が入場料半額になります。

【夜景データ】

絶景度:★★☆

人口率:★★☆

アクセス:★★☆

 

【みどりの杜ファンタジーナイトの基本情報】

所在地:

〒984-0032 仙台市若林区荒井字切新田13-1

営業時間:

16:30~20:30

最終入場は20:00

料金:

大人600円(税込)(高校生以上)
小人400円(税込)(3歳以上中学生まで)

2歳以下無料

アクセス:

仙台駅から車で約20分

仙台市営地下鉄東西線「仙台駅」から「荒井行」に乗車約14分「荒井駅」で下車徒歩約6分 仙台市営バス「荒井駅」から「旧荒浜小学校前行」に乗車約7分「農業園芸センター前」で下車徒歩約3分

駐車場:

無料

収容可能台数……160台

市民農園駐車場……200台

せんだい農業園芸センターみどりの杜の公式HPはこちら

大切なデートのシメは夜景で決まり!

仙台 夜景

出典:PIXTA

今回は仙台の夜景名所を厳選して紹介しました。穴場スポットは珍しさもあって、話がはずむかもしれません。大切な人と仙台に訪れてみてはいかがでしょうか。

    仙台 夜景
    このまとめが気に入ったら
    「いいね!」をしよう

    関連する記事

    この記事のキーワード

    stingray
    stingray

    札幌出身で趣味はギター。前職の転勤で仙台に移り住み、気が付いたらもう30年になります。仙台は海の幸や山の幸も美味しく、とても暮らしやすい所です。そんな仙台の魅力や地元ならではの情報をお届け致します。