⑧ 賑やかな町にひっそりと佇む「日吉山王神社」

日吉山王神社 松島

「延福寺(現在の瑞巌寺)」を創建する際に、慈覚大師が近江(おうみ/現在の滋賀県大津市坂本)の山王社「日吉大社」の分霊を祀られたのが、日吉山王神社(ひよしさんのうじんじゃ)のはじまり。

 

その後、3代将軍・徳川家光の治世にあたる寛永17年(1640)に、雲居禅師が現在の地に移したそうです。

 

神社の本殿は江戸時代中期に造営されたもので、宮城県指定有形文化財に指定されています。

 

■基本情報

所在地:

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島

アクセス:

<公共交通>

JR仙石線「松島海岸駅」より徒歩約6分

<車>

三陸自動車道 松島海岸I.Cより車で約15分

駐車場:

なし(周辺の有料駐車場をご利用ください)

⑨ 松島四大観その3「大高森」

大高織山頂からの景色

出典:PIXTA(四大観「壮観」の景色)


“奥松島”と呼ばれる、東松島市の宮戸島(みやとしま)。その景色を一望できるのが、松島四大観の1つ「大高森(おおたかもり)」です。

 

山頂には展望デッキが設けられ、里浜漁港や奥松島の島々を一望できます。

別名、壮観。規模が大きく、素晴らしい眺めという意味です。

大高森 登山道

標高106mの小高い山で、登山口から山頂までは徒歩約15~20分ほど。

遊歩道や階段が整備されていますが、歩きやすいスニーカーがオススメです。

 

■基本情報

所在地:

〒981-0412 東松島市宮戸(大高森)

アクセス:

<公共交通>

JR仙石線「野蒜駅」よりタクシーで約15分

<車>

JR仙石線「野蒜駅」より車で約10分

駐車場:

無料/登山口前に数台、セルコホームあおみな、奥松島縄文村歴史資料館を利用。

⑩ 迫力のある奥松島を楽しむ「嵯峨渓遊覧船」

嵯峨渓

出典:PIXTA(見どころの1つ屏風岩)

奥松島遊覧船

奥松島を象徴する景色、それが「嵯峨渓(さがけい)」です。

岩手県の猊鼻渓(げいびけい)、大分県の耶馬渓(やばけい)並び、日本三大渓に数えられています。

 

嵯峨渓へは遊覧船に乗り、海上から観賞するのが一般的。先ほどご紹介した大高森登山口近くにある、セルコホームあおみな内に遊覧船の案内所があります。

嵯峨渓 大迫力

松島湾の遊覧船は、大型のため島へは近づけません。

しかし嵯峨渓遊覧船は小型船のため、島にぐっと近づけるのです!

 

また地元船長さんのトークも面白く、アットホームな船旅を楽しめます。

所要時間は約60分。料金は、中学生以上2,000円、小学生1,500円。

 

■基本情報

所在地:

〒981-0412 宮城県東松島市宮戸川原5‐1

運航時間:

[4月~9月] 8:45~16:00

[10月~3月]8:45~15:00

※定期運航ではありません。大人3名様以上で運航します。

アクセス(セルコホームあおみなまで):

<公共交通>

JR仙石線「野蒜駅」よりタクシーで約15分

<車>

JR仙石線「野蒜駅」より車で約10分

駐車場:

無料/約80台

嵯峨渓遊覧船の公式HPはこちら

王道から外れてみるのも、旅の醍醐味!

さとはま史跡公園

▲東松島市宮戸島にある「さとはま縄文の里 史跡公園」

いかがでしたか? 今回は旅行雑誌には紹介されにくい、ローカルな穴場スポットをご紹介しました。

 

観光地化されていない場所もあるため、どちらかというと大人向けのスポットかもしれません。

最後にご紹介した嵯峨渓遊覧船は、お子様連れでも楽しめるので、ぜひ検討してみてくださいね!

 

■松島町に泊まろう!

県外から松島を旅行するのであれば、1泊2日が理想です。客室から松島湾を望める温泉宿・ホテルも多く、夜には福浦橋がライトアップされたりします。

「楽天トラベル」で松島の宿をみる

「Yahoo!トラベル」で松島の宿をみる

 

この記事を見た人はこちらもおすすめ

< 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ >
    - 3/3 -

    関連するおすすめ記事

    松島・塩竃に関するトピック

    松島・塩竃 × 観光スポットもっと見る >
    松島・塩竃 × 温泉・宿泊もっと見る >
    松島・塩竃 × グルメ・お土産もっと見る >
    松島・塩竃 × 歴史・人物もっと見る >
    松島・塩竃 × イベント・祭事もっと見る >
    松島・塩竃 × 体験・レジャーもっと見る >
    松島・塩竃 × ニュースもっと見る >
    松島・塩竃 × ライフ・生活もっと見る >