GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 「磊々峡」晩秋の遊歩道を歩く|仙台

「磊々峡」晩秋の遊歩道を歩く|仙台

仙台の奥座敷、秋保温泉の景勝地で知られる「磊々峡(らいらいきょう)」。名取川がつくりだした細く幅の狭い谷は、紅葉の名所でも知られています。今回は11月下旬、紅葉のピークを過ぎた磊々峡を散策してきました。晩秋の風景を、写真多めでご紹介します。

アイキャッチ出典:撮影 編集部
記事中画像:撮影 編集部

名取川が形成した絶景「磊々峡」

二口峡谷 磊々峡

磊々峡は「らいらいきょう」と読みます。

恐らく地元民以外は読めないんじゃないか、というくらいに馴染みのない漢字です。

 

『坊ちゃん』『吾輩は猫である』で知られる夏目漱石の門人で、ドイツ文学者の小林豊隆(こみや とよたか)氏が名付けたといわれています。

秋保温泉 磊々

岩と岩の重なりを見て、磊々峡と命名したんだとか。

秋保温泉 入口

そんな磊々峡があるのは、日本三名湯のひとつ「秋保(あきう)温泉」。

古くより名取の御湯と呼ばれ、仙台藩を治めた伊達家藩主の御殿湯が置かれました。

 

そんな秋保温泉内を流れる、名取川沿いに続く峡谷が磊々峡です。

今回は「秋保・里センター」を起点に、11月下旬晩秋の磊々峡をふらっと散策してみました。所要時間は片道30分ほどです。

秋保・里センターから散策スタート!

磊々峡 遊歩道 道案内板

名取川が作りだした谷の深さは、およそ20m。峡谷を沿うように、全長約650mの遊歩道が整備されています。

「磊々峡 もみじのこみち」を周遊し遊歩道へ

秋保・里センター裏手

秋保・里エンターから磊々峡の入口まで、およそ3分。

秋保・里エンターの裏手にある「磊々峡 もみじのこみち」は、磊々峡遊歩道につながる周遊ルートです。

秋保・里センター裏手

せっかくなのでこの道を通り、磊々峡の遊歩道入口を目指します。

磊々峡 もみじのこみち

磊々峡 もみじの道

▲写真右のラフレシアのような花は夜間点灯するライト

磊々峡の中でも、もみじがたくさんある場所です。

 

すでに落ちている葉、まだ緑を残した葉もありますが、全体的に赤く色づいた紅葉を楽しめました。

秋保・里センター裏手に続く磊々峡

ライトが付いているのは、例年10月下旬~11月下旬にかけて「磊々峡もみじのこみちライトアップ」のためです。

【期間】2021年10月23日(土)~2021年11月21日(日)

磊々峡 石仏群

古の石仏群もみられます。

秋保・里センターの裏道.

5分もかからず周遊できるため、遊歩道の前にぜひ寄り道を!

恋人の聖地「覗橋(のぞきばし)」

覗橋

もみじのこみちを通り抜け、覗橋のたもとに到着。

覗橋 展望スペース

半円状に突き出ているところから、見下ろしてみると…?

覗橋ハート

岩場にハートの形をした窪みを発見! 「覗橋ハート♡」です。

 

自然に形成されたもので、2014年にNPO法人地域活性化支援センターにより、「恋人の聖地」として選定されました。

今や磊々峡の名所となっています。

覗橋からみる磊々峡

下をのぞいてみると、名取川が流れています。写真左の階段部分が、磊々峡の遊歩道です。

磊々峡 覗橋からみた峡谷

覗橋から秋保・里センター方面を峡谷のぞいた景色

磊々峡は覗橋を挟み、上下約2kmにわたり続いています。

磊々峡 入口 標識

覗橋を渡ると、「磊々峡入口」の標識を発見。ここから650mの遊歩道に入ります。

覗橋のハートと磊々峡の峡谷

覗橋の下の方まで降りてきました。ハートの窪みもみえます。

秋保温泉 磊々峡

峡谷の岩には苔が広がり、その上には色のない枯れ葉が覆っています。

これはこれで、風情のある景観です。

奇面巖(きめんいわ)

奇面巖標識

覗橋のすぐ近くにある、人の横顔にみえる奇面巖。

 

奇面巖.

水面をのぞきこむような、人の横顔にみえますね。

磊々峡 遊歩道

奇面巖を観たあと、いざ遊歩道を進みます!

磊々峡 熊注意

磊々峡は、旅館やホテルが軒を連ねる温泉街の中心にある峡谷ですが、クマの目撃情報があります。

人の気の少ない、早朝散策などは気を付けてください。

八間巖(はちけんいわ)

磊々峡 湯煙

途中、白い湯煙が立ち上っていました。温泉のようです。

 磊々峡 秋保グランドホテル

遊歩道の脇には、和風の白い外観が特徴の「秋保グランドホテル」が建っています。峡谷に面した客室は、磊々峡を見下ろせる絶景のビュースポットでしょうね。

八間巌の標識

あっという間に八間巖に到着!

磊々峡 八間巌

出典:PIXTA
看板の先にある滝の隣に、八間巖があります。八間(約14m)あるような巨大岩の壁です。

八間巖

温泉の湯けむりに包まれた、巨大な岩

八間巖よりも、その下にある巨大な岩に目を奪われ、見どころスポットを撮影し忘れる事態に……。

時雨滝(しぐれたき)

時雨滝

八間巖の隣にあるのが、時雨滝です。雨天時に現れる滝だそうですが、この日は曇りでした。

 

エメラルドグリーンのような水面は、川底の砂粒まで見通せるほど透明度が高いです。

磊々峡 展望スペース

遊歩道にある階段を下りていくと……

磊々峡 峡谷の底近く

磊々峡の底に到着。岩の影になり写真に映っていませんが、左側に時雨滝と八間巖があります。

落ち葉に覆われた磊々峡

三筋滝(みすじたき)

秋保グランドホテル沿い

遊歩道に戻り、先へ進みます。

磊々峡 ベンチ.j

所々ベンチや東屋が設置されており、休憩しながら散策を楽しめます。

三筋滝の標識

三筋滝に到着です!

三筋滝

細く白い水流が、落ち葉に覆われた岩肌を伝い、静かに流れ落ちていきます。

 

下の方で3方向に流れていることから、三筋滝と名付けられたそうです。

猪飛巖(ししとびいわ)

次第に遊歩道の幅が狭くなっていきます。

階段が多いので、ヒールのある靴だと足が疲れてしまうかもしれません。

磊々峡 東屋

東屋がみえてきました。ここも磊々峡のビュースポットなので、ぜひ足を止めて見てください。

磊々峡 階段

東屋の近くにある階段を下りていくと、展望スペースがあります。

 名取川上流.j

こちらが展望スペースからの風景。今まで狭く細い谷でしたが、この場所だけ少し開けています。

名取川猪飛巖 標識

東屋を通り過ぎると、猪飛巖はすぐそこです。

猪飛巖

朱色の橋にみえる、飛び出したような岩が猪飛巖。

秋保温泉 猪飛巌

猪や鹿が渡ったとされることから、その名が付きました。

天斧巖(てんおのいわ)

磊々峡 赤い橋とトンネル

▲右の木はイチョウ。落葉したイチョウが、黄色い絨毯をつくる。

いよいよ、最後の見どころ天斧巖へ。

磊々峡 トンネルの先

橋の下のトンネルを潜り抜けると…

磊々峡 トンネルを抜けた先

峡谷の岩壁、紅葉、名取川を、同時に広い視界でのぞめるビュースポットが待っています。

秋の磊々峡

出典:PIXTA

紅葉ピーク時は、こんな感じで色鮮やかな渓谷美がみられるようです。取材日は11月下旬の晩秋で、ほとんどの木が落葉していました。

磊々峡にかかる朱色の鉄橋

後ろを振り返ると、猪飛巖の真上にかかる朱里の橋がみえます。

天斧巖はトンネルを抜けたすぐ先にありました。

天斧巖 

階段を下りていき、展望スペースから下をのぞいてみると、真っ二つに割れた巨大な岩が姿を現します。

 

古くは神斧巖とも呼ばれていたそうです。まるで巨人が斧を振り下ろして割ったかのような、不思議な奇石です。

名もなき滝?

秋保温泉 名取川.

ガイドマップの案内によると、天斧巖が最後の見どころスポットでしたが、遊歩道は続きます。

磊々峡 紅葉と太陽

もみじは少しピークを過ぎたくらいで、11月下旬でもまだまだ楽しめそうです。

磊々峡 名もなき滝

ほどなくして、滝を発見。案内標識などはなく、名前はわかりませんでした。

磊々峡 終点.

名もなき滝を通り過ぎ、遊歩道の終点に到着。

 

来た道を戻るのも手ですし、国道286号沿いを歩いて戻るのもいいです。

国道に、昭和レトロな電車が現れる!

仙台市電

▲昭和27年新潟鉄工所で製作され、原町線開業に併せて導入された

国道286号に出て、秋保・里センター方面を歩いていると、突然レトロチックな電車の車体が現れました。

 

こちらは仙台市電のボギー車100型(119号車)です。1976年(昭和51)3月に市電が廃止されるまで、仙台市民の足として活躍しました。

秋保電鉄 車内 折り鶴

▲車内には入れない

市電廃止後は、長崎電気軌道(株)に譲渡され、平成12年12月廃車されるまで、長崎市内を走り続けたそうです。

その後「余生を故郷の仙台で送らせては?」ということで、鉄道ファンの好意もあり現在この場所に展示されています。

秋保・里センターの足湯で、のんびり休憩しよう!

秋保・里センター 足湯 案内板

磊々峡の散策を終えたら、ぜひ秋保・里センターへ立ち寄ってみてください。

無料で浸かれる温泉の足湯(寿右ェ門の湯)があります。

秋保・里センター 足湯

週替わりで異なる温泉が楽しめ、取材日は「奥州秋保温泉 蘭亭」の亀の湯でした。

秋保・里センター 足湯から眺める紅葉

湯ざわりは柔らかく、サラリとしたお湯です。ぬるま湯だったので、入りやすい温度感でした。

 

足湯の正面に広がる、もみじのこみちの紅葉景色にも癒されます。

 

名物グルメ、「主婦の店 さいち」のおはぎ

主婦の店 さいち

秋保・里センターから徒歩6分ほどの場所にある、主婦の店 さいち。

一見とくに変わった様子もなく、ごく普通のスーパーなのですが、ここで販売されている「おはぎ」がスーパーソウルフードなんです。

主婦の店 さいち おはぎ

平日でも5千個近く売れ、何回もテレビで紹介されている宮城の名物。

この日は平日ど真ん中の水曜日。11時頃にお店へ寄りましたが、入口から「おはぎ」のある惣菜コーナーまで、すでに行列ができてました。

 

甘さ控えめのあんこがたっぷり! はじめの一口はあんこだけになります笑。

さいちのおはぎ

▲写真右はきなこ(2個入り250円)

あんこ以外にも、きなこ、ごま、納豆なんていう変わり種も!

秋保・里センター 休憩スペース

秋保・里センターの敷地内に、テーブルやベンチが備えられた休憩スペースがあり、飲食スペースとしても活用できます。

主婦の店 さいちの基本情報

住所:

宮城県仙台市太白区秋保町湯元字薬師27

営業時間:

9:00~19:00

定休日:

第2・第4水曜日(8、12月は変更あり)

アクセス:

秋保・里センターより徒歩約6分

 

「磊々峡」のアクセス

公共交通の場合

・仙台駅前西口バスプールのりばより、宮城交通バス「秋保温泉行き」に乗車し約55分、「のぞき橋」下車すぐ(もしくは「秋保・里センター」下車徒歩約3分)

 

・仙台駅よりJR仙山線に乗車し約27分、「愛子駅」下車。2番のりばより仙台市営バス「二口・野尻町町北・上の原行のいずれか」に乗車し約12分、「磊々峡入口」下車

 

・仙台駅63番のりば(青葉通り沿い)よりタケヤ交通・秋保・川崎 仙台ライナーに乗車し約40分、「秋保・里センター」下車

車の場合

・仙台駅より国道48号線、県道132経由で約30分

・東北自動車 仙台南I.Cより、国道286号、県道62号経由で約15分

駐車場(2ヵ所)

 

① 無料駐車場(覗橋たもと付近の交差点近く)

磊々峡 無料駐車場

やや広く、舗装されていない駐車場。磊々峡に一番近いです。

 

② 秋保・里センター(無料)

秋保・里センターの駐車場

秋保・里センターの駐車場も、無料で利用できます。普通車38台分のスペース。※大型は事前相談が必要。

立ち寄りたい、日帰り温泉施設

写真AC 温泉イメージ

出典:写真AC(画像はイメージ)

秋保・里センター館内に、各旅館の日帰り温泉情報が公開されています。今回は、磊々峡から徒歩圏内(10分前後)にある日帰り温泉施設をピックアップ!

伝承千年の宿 佐勘

秋保温泉内で、唯一名取川を眺めながら源泉掛け流しを楽しめる温泉。大浴場のみ利用できます。

【利用時間】11:00~14:00(受付13:00まで)
【休み】土、日、祝
【料金】大人1,300円、小人(3歳~小学生)600円

伝承千年の宿 佐勘|公式

ホテルニュー水戸屋

広々とした大浴場と、外気を感じられる満月風呂、1人でゆっくり浸かれる陶器風呂など、さまざまなタイプの入浴を楽しめる。

【利用時間】11:00~15:00
【休み】
【料金】大人1,100円、小人(3歳~小学生)550円

ホテルニュー水戸屋|公式

岩沼屋

3種類の湯温から選べる大浴場があります。

【利用時間】11:00~15:00(受付14:00まで)
【休み】不定休
【料金】大人1,170円、中学生1,100円、小学生550円、幼児無料

岩沼屋|公式

佐藤屋旅館

大浴場と露天風呂が楽しめる。※男女入れ替わり制です

【利用時間】10:00~15:00(受付14:00まで)
【休み】火曜日
【料金】大人730円、小人(3歳~小学生)330円

佐藤屋旅館|公式

奥州秋保温泉 蘭亭

大浴場の床が畳という、珍しい温泉。露天風呂も楽しめます。

【利用時間】11:00~17:00(受付16:00まで)
【休み】火曜日
【料金】大人900円、中学生830円、小人(小学生)500円

奥州秋保温泉 蘭亭|公式

篝火の湯 緑水亭

敷地から湧き出る自家源泉をもつ施設で、引き込んだ温泉を満喫できる。大浴場、露天風呂あり。

【利用時間】11:00~18:00(受付17:00まで)
【休み】月曜日
【料金】大人1,300円、小人(4歳~小学生)650円

篝火の湯 緑水亭|公式

ホテル瑞鳳

ゆっくりとくつろげる大浴場、日本庭園にある露天風呂、ジャグジー、サウナなど、日帰りでも多様な温泉を楽しめる。

【利用時間】10:00~15:00(受付14:00まで)
【休み】不定休
【料金】大人1,390円、小人(3歳~小学生)660円

ホテル瑞鳳|公式

秋保グランドホテル

磊々峡の傍に建つ施設で、峡谷に生い茂る緑をみながら森林浴と温泉を楽しめる。露天風呂あり。

【利用時間】10:00~15:00(受付14:00まで)
【休み】不定休
【料金】大人1,200円、小人(3歳~小学生)600円

※土日祝は大人1,500円、小人750円

 

秋保グランドホテル|公式

ホテル華乃湯

自噴する自家源泉をもち、豊富な湯量が自慢で源泉掛け流しを楽しめる。露天風呂あり。

【利用時間】10:30~15:00(受付14:00まで)
【休み】不定休
【料金】大人900円、小人(3歳~小学生)500円

※毎月7と8は、大人600円。

 

ホテル華乃湯|公式

 

※入浴時間や定休日など、営業内容は変更される場合があります。必ず、お出掛けの前に各施設へ直接ご確認ください。

磊々峡は、いつでも美しい

紅葉シーズンの磊々峡はもちろんですが、季節の移ろいを感じる晩秋もオススメです。人も少なく、ゆっくり散策を楽しめます。

歩いた後は、足湯や日帰り温泉でのんびり過ごすのもいいですね。

 

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

編集部員 M
編集部員 M

GOGO MIYAGI!記事執筆担当。関東出身・在住ですが、宮城の魅力にハマり、夜行バスで通う日々。ペーパードライバーなので、旅は徒歩・バス・電車が中心。地元民じゃないからこそ発見できる、宮城の魅力をお伝えします。

GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 「磊々峡」晩秋の遊歩道を歩く|仙台