仙台大観音
アイキャッチ撮影:撮筆者
記事中画像撮影:筆者

日本一の高さを誇る「仙台大観音」

下から見上げた仙台大観音

「仙台大観音(せんだいだいかんのん)」は、仙台市泉区実沢に位置しています。正式名称は、仙台天道白衣大観音(せんだいてんどうびゃくえだいかんのん)です。

1991年に建立された

仙台大観音は、実業家の菅原萬(すがわら よろず)氏が立願し、1991年(平成3)に個人の所有物として建立しました。その後、大観密寺(だいかんみつじ)に譲渡され現在にいたっています。

 

菅原氏は開発グループ会社を率いて、1964年(昭和39)から周辺地域の開発事業に着手。事業は見事に成功します。

「この成功は観音様のおかげ」とする菅原氏の日頃の信仰心と、名所を仙台につくりたいという想いから、大観音像を建てる願いをおこしたそうです。

自由の女神より高い!

自由の女神

仙台大観音の高さは100m。観音像としては日本一の高さを誇り、立像としては茨城県の牛久大仏に次ぐ大きさになります。ちなみに、かの有名なアメリカの「自由の女神像」は93mですから、仙台大観音の方が7m高い!

 

100mという数字は、仙台市が市制100年を迎えたことにちなんで100mとしたそうです。公開されていませんが、21世紀の繁栄を願い、地下は21mまで掘られているとか。

\仏像に興味がある方へ/

ITEM
マンガでわかる仏像 仏像の世界がますます好きになる!
発行年月:2014年10月08日
ページ数:191p

それでは、さっそく見に行ってみましょう!

仙台大観音の胎内へ!

仙台大観音  空

下から見上げた、高さ100mある観音様のお姿はとてつもなく巨大! 観音様のお顔は、約7km先にある仙台駅を向いているそうです。まずは観音様の入口へ向かいます。

仙台大観音の入口

仙台大観音 入口

階段を上がっていくと、胎内への入口が見えてきました。「龍の口」のような形をしていますね。

仙台大観音 玄関

こちらから入り、左手にある受付で拝観手続きをします。胎内拝観料は500円(高校生以上)。

胎内にはトイレがないのでご注意ください。仙台大観音手前にあるトイレが閉鎖されている場合は、大観密寺のトイレを利用してください。

 

それでは、中に入って行きましょう!

< 前のページ 1/3 次のページ >

関連するおすすめ記事

仙台に関するトピック

仙台 × 観光スポットもっと見る >

仙台 × 温泉・宿泊もっと見る >

仙台 × グルメ・お土産もっと見る >

仙台 × 歴史・人物もっと見る >

仙台 × イベント・祭事もっと見る >

仙台 × 体験・レジャーもっと見る >

仙台 × ニュースもっと見る >

仙台 × ライフ・生活もっと見る >