宮城の紅葉穴場スポット「長老湖」の魅力を紹介

2020/08/11 更新

宮城県南部、山形県との県境に位置する「長老湖(ちょうろうこ)」。秋は一周2㎞の湖を錦秋の木々が囲み、絵本の世界さながらの絶景がみられる紅葉の名所です。その割には認知が低く、人も少ないためゆっくり紅葉観賞を楽しめる穴場。そんな長老湖の楽しみ方をご紹介。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

知られざる紅葉名所「長老湖」について

長老湖 紅葉

出典:PIXTA(紅葉の長老湖)

「長老湖(ちょうろうこ)」があるのは、宮城県の南西部に位置する七ヶ宿町(しちかしゅくまち)。隣には伊達家の家臣・片倉家の居城があった白石市、エメラルドグリーンの火口湖「御釜」で有名な蔵王町があります。

 

七ヶ宿町は9割が森林で占められる、自然豊かな町。江戸時代には宿場町として栄え、奥州の大名が参勤交代で利用した宿が現存しています。

長老湖 紅葉

出典:PIXTA(シーズン中はボートの貸し出しも行ってる)

長老湖があるのは七ヶ宿町の北東部、白石市との境目近くです。蔵王連峰の一角である不忘山(ふぼうさん)の麓にあり、標高約500mに位置しています。

 

縦に長細い形をした湖で、一周およそ2km。周囲にはブナ、ナラ、カエデの木々が生い茂り、秋は錦秋の絨毯が敷かれた絵本のような景色がみられます。紅葉の見ごろは、10月中旬~11月上旬。

 

湖畔を一周する散策路が整備されており、東北一大きな吊り橋がかかる「横川渓谷」へ行けます(渓谷については記事後半で)。

長老湖の水面に写る紅葉

出典:PIXTA(水面にうつる紅葉)

オンシーズンには売店や貸しボートも営業しており、湖上から紅葉狩りを楽しめます。湖の透明度は高く、水中に光る魚影がみられることも。また条件とタイミングがあえば、湖面に映しだされた紅葉の山容をみられフォトジェニックな1枚を狙えますよ。

 

県内にある紅葉名所のなかでも、ほかに引けを取らない絶景だと筆者は思っておりますが、あまり認知されておらずシーズン中でもそれほど混雑はしません。

長老湖へのアクセス

所在地:

宮城県刈田郡七ヶ宿町長老

車でのアクセス:

東北自動車道 白石I.Cより国道4号線、県道254号線、県道51号線を経由し約40分

電車/バスでのアクセス:

JR東北本線『白石駅』から七ヶ宿町営バス七ヶ宿白石線に乗車し『なないろひろば』で下車、七ヶ宿町営バス七ヶ宿長老線に乗り換え『長老湖東』で下車、徒歩で約10分

※「なないろひろば」前の国道113号において工事が行われているため、工事が完了するまでの間、終日全便「なないろひろば」に停車しません。最寄りの停留所「ファミリーマート七ヶ宿店」をご利用ください。

七ヶ宿町営バスの時刻表はこちら

駐車場:

大型10台・普通車20台が収容可能(無料)

長老湖の楽しみ方

ボートに乗り景色を眺めながらのんびりと過ごす、横川渓谷の遊歩道を歩き自然鑑賞を楽しむ……など、長老湖での過ごし方をご紹介します。

① ボートクルージングで自然を満喫

長老湖 紅葉

出典:PIXTA

シーズン中は手漕ぎボートのレンタルも行っており、30分もしくは1時間のどちらかを選びます(30分800円)。なおオフシーズンは売店や自販機・トイレも全て閉まっているので、要注意です!

 

ボートを楽しんだあとは、ちょっぷり休憩。売店では玉こんにゃく、焼だんご、豚汁といった軽食や飲み物が販売されており、小腹を満たすのピッタリ。

 

また敷地内には赤い紐で結ばれた対の大木「縁結びの木」があるので、ぜひ探してみてくださいね!

 

のんびり釣りを楽しむ

長老湖 釣り

出典:PIXTA

長老湖にはマスやイワナの大物が棲んでいるかも!? 長老湖の釣りは、釣券を買って釣りを楽しむことができます。

 

長老湖には古い伝説があります。沼の近くに長老寺という山寺に悪僧が住んでいた。悪僧は宿場の娘に恋をした挙げ句、さんざん村人に迷惑をかけ、ついには城主の家来に討伐されそうになり沼に身を投げた。果てる前に「赤い牛」となって恨みを果たすと捨て台詞を残し、その後、沼の水面に赤牛の姿が映るようになり村人を恐れさせたという。

 

伝説と静かな湖面の景観を眺めながらのフィッシングは、別世界の雰囲気にひたれます。

② さらなる絶景を求めて「やまびこ吊り橋」へ

横川渓谷とやまびこ吊り橋

出典:PIXTA(やまびこ吊り橋)

長老湖から遊歩道を15分ほど歩くと、「やまびこ吊り橋」と呼ばれる東北一の長さを誇る吊り橋があります。白石川の支流・横川が形成した横川渓谷の両岸に架かる橋で、全長は約120mほど。

横川渓谷と不忘山

出典:PIXTA(やまびこ吊り橋からの景色。正面の山が不忘山)

両岸の美しい紅葉や川の上流にそびえる不忘山、長老湖に勝るとも劣らない絶景が広がっています。橋は大きく揺れたりしませんが、水面から20メートルほどの高さがあり中々スリリングな橋です。

③ マイナスイオンを浴びながら自然鑑賞

出典:PIXTA

長老湖の周辺はブナ林やカエデ、ナラといった落葉樹林が生い茂り、紅葉すると黄色・赤色・橙色に染まります。遊歩道をのんびり歩きながら、森林浴を楽しむのもいいですね。

 

周囲の散策には、長老湖の周りを一周するコース(約40分)と横川渓谷へ向かう遊歩道コース(約15分)があります。

喧騒から離れ、のんびり過ごせる長老湖

長老湖 不忘山

出典:PIXTA

七ヶ宿町にある「長老湖」は、美しい自然にに囲まれた神秘の湖です。長い吊り橋を渡ったり、自然の渓谷散策と釣りやボート遊びが楽しめます。紅葉シーズンは、ぜひ長老湖へ足を伸ばしてみませんか?

横川渓谷とやまびこ吊り橋
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード

Mario
Mario

宮城県塩釜在住・温泉とリゾートライフが大好きのアウトランダー。 愛犬マリー。