GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 「瞑想の松」仙台の隠れた展望スポット!景色やアクセスを紹介

「瞑想の松」仙台の隠れた展望スポット!景色やアクセスを紹介

明治時代の文芸評論家・高山樗牛が、かなわぬ恋に悩み天を仰いでこの松の下で瞑想したとされている「瞑想の松」。今回は仙台市台原にある瞑想の松と、展望台を取材しました。瞑想の松の歴史や見どころを紹介します。

アイキャッチ撮影:筆者
記事中画像撮影:筆者

ロマンチックな言い伝えが残る「瞑想の松」とは?

瞑想の松展望台

仙台市青葉区台原地区の小高い丘にそびえ立つ「瞑想の松(めいそうのまつ)」。

明治期の文芸評論家で知られる高山樗牛が旧制二高(現東北大)の学生時代、下宿先にいた女性に恋心を抱き、この松の下で瞑想にふけったといわれています。

 

しかしながら近年、仙台文学館の学芸室長は「瞑想していたかどうかは、はっきりしません」と話しています。

瞑想の松と命名した影には、高山樗牛の1つ後輩で、『荒城の月』の作詞で知られる詩人・土井晩翠(どい ばんすい)の存在が影響しているようです。

土井晩翠は、自身の詩集『天地有情』を高山樗牛に大いにほめられ詩人としての名声を得ました。「樗牛の早世後、旧制二高の教師として、折に触れて樗牛の功績を学生や市民に語る中で美化されたのかも」と学芸室長は推測しています。

ITEM
土井晩翠/上田敏 (新学社近代浪漫派文庫)

高山樗牛とは?

高山樗牛胸像

出典:PIXTA

高山樗牛は、1871年(明治4)山形県鶴岡市出まれの文芸評論家で文学博士。旧帝国大学の文科大学哲学科を卒業しています。

在学中の1894年(明治27)読売新聞の懸賞小説に『滝口入道』が入選し新聞に掲載。卒業後は博文館に入社し、雑誌『太陽』の編集主幹となります。ここでは、文学、哲学、美学などの評論を執筆。

初めは日本主義を主張していましたが、ニーチェの影響で個人主義へと転じます。1901年(明治34)の論文『美的生活を論ず』では、本能満足説を提唱。晩年は日蓮上人の研究を進めていました。

 

同年、肺結核の悪化で欧州への留学を断念。東京帝国大学の講師となったものの、翌年の1902年(明治35)31歳の若さで他界しています。

一時は伐採の危機に……?

土井晩翠胸像

出典:PIXTA

1940年(昭和15)この台原地区に工場を建設するため、一帯の樹木を伐採する計画が持ち上がりました。そのなかには「瞑想の松」も含まれていました。

 

この計画を知った土井晩翠は、この工場の建設を計画した会社へ直談判するため会社社長を訪ねます。晩翠の説得に心が動いた社長は、松の保護を約束したそうです。

伐採計画は白紙になり、さらには樗牛を顕彰する碑の建立が計画されました。碑は翌年の1941年(昭和16)に建てられました。

 

伐採の危機を乗り越え、現在も大切に保護されている瞑想の松。さっそくその姿を見に行ってみましょう。

瞑想の松へGO!

瞑想の松展望台

瞑想の松のすぐとなりには展望台があり、仙台市内を一望できるビュースポット! 展望台からどんな景色が望めるのでしょうか。

まずは、瞑想の松と展望台の入口から紹介します。

瞑想の松への入口

瞑想の松展望台瞑想の松は東北医科薬科大の構内にありますが、大学の入口側からは入れません。

住宅街を通り「この先行き止まり」と書かれた電柱から階段に向かってまっすぐ進んでください。

瞑想の松展望台

階段を上って左に進むと案内板がありました。案内板の通り、赤い矢印の方向へ進みます。

瞑想の松展望台

さらに階段を上って行きます。その昔、この丘陵地一帯を天神山と呼んでいたそうです。

瞑想の松の下で瞑想

瞑想の松展望台

瞑想の松に到着です。「高山樗牛 瞑想の松」が正式名称なのだそう。昔は「天神山の一本松」とも呼ばれていました。

眺めも良いので瞑想するにはもってこいの場所ですね。

瞑想の松展望台

瞑想の松はクロマツで、仙台市の保存樹木に指定されています。昭和50年時に樹齢約620年なので、現在は樹齢660年以上になりますね。樹高18.6m、樹周は3.4mあるそうです。

 

筆者もここで少しばかり瞑想してみました。短い時間ですが、少しリフレッシュできたような気がします。

 

クリアな気分になったところで、松の周辺を見てみましょう。まずは、となりにある土井晩翠の歌碑から。

土井晩翠の歌碑

瞑想の松展望台

瞑想の松の横にひっそり佇む土井晩翠の歌碑。1941年(昭和16)に設置されたそうです。

「いくたひか こゝに真晝の 夢みたる 高山樗牛 冥想の松」

当時は、現在の「瞑想」ではなく「冥想」の漢字を使っていたようですね。書は樗牛の学友・笹川臨風(ささかわ りんぷう)の筆によるもの。

 

次は、展望台に行ってみましょう。

瞑想の松展望台へ

瞑想の松展望台

竣工銘板を見ると、展望台は1974年(昭和49)に設置されたようですね。

瞑想の松展望台

展望台の入口がこちら。あまり高さはありませんが、非常に頑丈そうな構造になっています。

瞑想の松展望台

階段を上って行きましょう。しっかりとした手すりが取り付けられていました。急な階段ではないので、安心して上ってください。

瞑想の松展望台

こちらが展望台のてっぺんです。それほど広いスペースではありませんが、上り口からすでに良い景色が広がっています。

展望台からじっくり眺めてみましょう。

瞑想の松展望台からの眺望

瞑想の松展望台からの眺望は、南方面が1番開けています。

南方面

瞑想の松展望台

中央にそびえる仙台市中心部のビル群。左手の遠くには、仙台市のシンボルでもある3本の電波塔も見えます。

南西方面

瞑想の松展望台

左端に見えるのが宮城県庁です。中央にポコンと突き出ている山が太白山。その右手には蔵王連峰が広がっています。

北西方面

瞑想の松展望台

樹木のすき間から望む泉ヶ岳と周辺の山々。樹木に隠れて写っていませんが、ここから仙台大観音もよく見えますよ。

北方面

瞑想の松展望台

北側は樹木が多く、あまり遠くは望めません。手前に見える広い場所は東北医科薬科大のグラウンドです。

東方面

瞑想の松展望台

ちょうど真正面に見える瞑想の松。展望台から見ると松の全体像がよくわかりますね。

瞑想の松と展望台の紹介は以上です。

 

【瞑想の松展望台の基本情報】

住所:

宮城県仙台市青葉区台原7丁目7

アクセス:

【公共交通の場合】

仙台市地下鉄南北線「泉中央」駅行き乗車-「台原」駅下車-仙台市営バス 「仙台駅前」行き乗車-「瞑想の松」バス停下車、徒歩約4分

【クルマの場合】

東北道「仙台宮城」ICより約22分

駐車場:

なし

近隣の有料駐車場をご利用ください

瞑想の松展望台でリフレッシュ!

瞑想の松展望台

瞑想の松展望台は日中の眺めはもちろんですが、夜景も美しく隠れた仙台の夜景スポットになっています。あなたも大切な人と瞑想の松展望台で、身も心もリフレッシュしてみませんか。

この記事を読んだ人におすすめ

紹介されたアイテム

土井晩翠/上田敏 (新学社近代浪漫派文庫…
瀧口入道 高山樗牛

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

瞑想の松展望台
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

stingray
stingray

札幌出身で趣味はギター。前職の転勤で仙台に移り住み、気が付いたらもう30年になります。仙台は海の幸や山の幸も美味しく、とても暮らしやすい所です。そんな仙台の魅力を地元目線でお届けいたします。

GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 「瞑想の松」仙台の隠れた展望スポット!景色やアクセスを紹介