GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 仙台の古本屋めぐり!ここでしか出会えない本を求めて

仙台の古本屋めぐり!ここでしか出会えない本を求めて

仙台駅から徒歩圏内にある古本屋をめぐりました。古本屋には独特の雰囲気と時間が流れており、普段親しみのない分野にも思わず手を伸してしまう不思議な魅力があるのです。この記事では、本好き筆者おすすめの仙台市内の古本屋を4つ紹介します。

アイキャッチ画像:撮影 筆者
記事中画像:撮影 筆者

古本屋の魅力とは?

古本屋イメージ

一般的な書店と違い、古本屋は「そこの一店舗のみ」。大型書店にはない、その店ならではの独特な空間や、流れていく時間があります。
火星の庭様々な種類の本

店舗によって取り扱っているジャンルが違っていたり、カフェコーナーが併設されていたりと、店主のカラーが色濃く反映されているのが古本屋の特徴です。

古本屋の絶版書籍

また古本屋に置いてある本は、書店では取り扱われていない絶版の本が多数。そこでしか手に入らない、貴重な本と出会える可能性もあるのです。

 

仙台にはいくつかの古本屋がありますが、今回は筆者がおすすめしたい古本屋を4つ紹介。すべてJR仙台駅から徒歩圏内にあります。

 

\本を買ったら喫茶店へ/

ITEM
喫茶店の本 仙台 今日は素敵なあの喫茶店へ
発行年月:2021年09月28日
ページ数:82p

① 多彩なジャンルが揃う「古本あらえみし」

古本あらえみし到着時外観

JR仙台駅東口から徒歩6分、民家の一角に佇む「古本あらえみし」。
店舗も民家を改修した外観で、路地が入り組んだところにあるため、少しわかりづらいかもしれません。筆者も徒歩で仙台駅から向かいましたが、最初は通り過ぎてしまいました。

古本あらえみし入口
店舗の前にはネオンの看板が出ているので、見えてきたら一安心。この看板がなければ、もう1周ぐるぐる歩いていたかもしれません……。

古本あらえみしの玄関

玄関をくぐると靴を脱いでスリッパに履き替えます。よその家にお呼ばれしたような感覚です。

古本あらえみしの玄関の本棚

階段上はスタッフオンリー。古本屋として見て周れるのは1階部分になります。玄関にも所狭しと本がずらり。

古本あらえみしの玄関ののれん

玄関を右手に曲がりのれんをくぐると、メインフロアに辿り着きます。

古本あらえみしメインフロア本棚

棚は作家ごとに整理されているため、お目当ての本を探しやすいでしょう。

古本あらえみしメインフロア

壁の貼り紙にもありますが、ヒラヤマ探偵文庫を東北で買えるのはあらえみしだけ。

ヒラヤマ探偵文庫は、国内未紹介の古典探偵小説を翻訳出版しており、ミステリファンにはたまらない作品がいっぱい!

 

取り扱っている書籍は、主にハードカバーの文学書から文庫本、ノンフィクション、社会や地域の歴史など。宮城の郷土資料や震災関連書籍、サイン本などコレクターアイテム的なレアな本もあります。

古本あらえみし外観

 

【古本あらえみしの基本情報】

住所:宮城県仙台市宮城野区榴岡4-7-12
電話:022-298-8455
営業時間:12:00~19:00
定休日:水曜日
アクセス:JR「仙台」駅東口より徒歩約6分
HP:http://araemishi.la.coocan.jp/

② 本と文化の交流場所「book cafe 火星の庭」

火星の庭外観

独特のネーミングで、1度聞いたら忘れない「火星の庭」。JR仙台駅西口より徒歩10分ほど、定禅寺通にあります。

火星の庭はビルの1階に店舗を構えており、カフェが併設しています。

火星の庭ショーウインドー

ガラス張りのオシャレな外観で、あまりにも周囲の景色に溶け込んでいるため、近づくまで古本屋だと分かりませんでした。

book cafe 火星の庭 店内

入口をくぐると……まさに「古本屋」という雰囲気の棚に本がぎっしりと並んでいます。

火星の庭書棚

本好きにとって、この光景だけでコースメニューの前菜を食べ終えたぐらいの気分になります。眼福です。

火星の庭カフェスペース

店舗に入って左側のエリアが本棚、右側のエリアがカフェスペースとなっています。

座席数は限られていますが、時間帯を選べば空いているため、ゆったりくつろげるでしょう。

火星の庭カフェメニュー

メニューはこちら。コーヒや紅茶などのドリンク類、ガトーショコラなどのデザート、天然酵母パンを使用したトーストなどの軽食もありました。

今回筆者はカフェクレームを注文しました。

アイスカフェクリーム
アイスコーヒーにクリームがトッピングされています。

火星の庭カフェメニュー(パン)

パンやクッキー、スコーンやケーキなどのスイーツもありました。手作り感があって美味しそうです。

火星の庭取り扱い書籍

取り扱い書籍のジャンルは、文学、美術、社会、歴史、洋書など。とくに美術関係や、写真に関する書籍が多く取り揃えられていました。

火星の庭では読書会や音楽イベントも開催されており、古本を売るだけに留まらず、本を通しての文化交流にも力を入れています。

火星の庭外観

 

【book cafe 火星の庭の基本情報】

住所:宮城県仙台市青葉区本町1-14-30 ラポール錦町1F
電話:022-716-5335
営業時間:11:00~18:00
定休日:火曜日、水曜日(祝日の場合は営業)

アクセス:JR「仙台」駅西口より徒歩約10分
HP:https://www.kaseinoniwa.com/

③ コーヒを片手にゆっくりできる「書本&cafe magellan」

書本&cafe magellan看板

JR仙台駅西口から徒歩20分ほど、仙台市地下鉄南北線「勾当台公園」駅から徒歩7分の距離にある「書本&cafe magellan(マゼラン)」。
晩翠通に面した一角に店舗があります。

書本&cafe magellan外観

「古本とコーヒーあります。」の縦長の看板が目印です。看板の立っている角を曲がると到着。

書本&cafe magellan屋外に並べられた古本
晴れた日には店先に文庫本やハードカバーの書籍がずらりと並べられ、訪れた人々の目を惹きます。

取り扱いジャンルは、主に美術や文学、思想、哲学、郷土資料。さらには、写真集や絵本、実学書なども置いてあります。

書本&cafe magellan入口

こちらの古本屋さんもその名前の通り、カフェとしてコーヒーや紅茶などを注文することができます。

本を購入した場合は、合計金額から50円のディスカウントもあり!

 

カウンターとテーブル席の計4席で、筆者が訪れたときは大学生風の女性が2人、テーブル席で本を片手に会話を弾ませていました。
近所にこういうお店があれば通うのに! と本好きの筆者としては羨ましい限り。

旅先として訪れた場合は、滅多に行けないからこその味わい深い時間がきっと過ごせるはず。

書本&cafe magellan

 

【書本&cafe magellanの基本情報】

住所:宮城県仙台市青葉区春日町7-34
電話:022-224-7560
営業時間:10:00~20:00(土・日曜日10:00~19:00)
定休日:火曜日
アクセス:仙台市地下鉄南北線「勾当台公園」駅から徒歩約7分、またはJR「仙台」駅西口より徒歩約21分
HP:http://magellan.shop-pro.jp/

④ 静かな空間で本と向き合う「ボタン」

ボタン外観

JR仙台駅西口から北に向かって徒歩10分ほど、空堀丁通りに面している古本屋「ボタン」。1度に入店できる人数が3人と限られており、混雑する場合は外で待つことになります。

昭和レトロな外観に、昔懐かしい引き戸の玄関は趣があります。

ボタン
取り扱いジャンルは、文学、社会、エッセイ、ノンフィクション、絵本等。
普段自分が手に取らないジャンルでも、ここに行くとなぜか手に取りたくなる、そんな不思議な感覚で店内を見て周りました。

 

店舗内の撮影は禁止のため、外観の写真しか紹介できませんが、限られた人数しか入れないということによって、逆に静かに本を選ぶ楽しみを満喫できる、まさに隠れた名店です。

ボタンとお隣のカフェ

すぐ隣にはカフェもあり、本を楽しんだ後に一休みするもよし、カフェでのんびりした後に本を見て帰るのもよし。のんびりと本を見たい人におすすめの古本屋です。

 

【ボタンの基本情報】

住所:宮城県仙台市青葉区花京院2‐1-40南側
営業時間:12:00~18:00
定休日:火曜日、水曜日(臨時休業日あり)
アクセス:JR「仙台」駅西口より徒歩約10分
HP:https://button-sendai.stores.jp/

休日の昼下がり、仙台の古本屋で穏やかな時間を

古本屋は大抵開店時間が遅く、お昼前後からの営業となっています。そのため、お昼を済ませてから午後に訪れるのがおすすめです。

ぜひ仙台を訪れた際は立ち寄ってみてください!

この記事を読んだ人におすすめ

紹介されたアイテム

喫茶店の本 仙台 今日は素敵なあの喫茶店…

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

この記事のキーワード

徒歩三日
徒歩三日

バックパックを背負って海外をほっつき歩き、一人旅に魅せられました。非日常の中の予期せぬ感動がたまらなく楽しい!読んでいる内に段々その地へ行きたくなってくるような、そんな旅の魅力を発信していきます。

GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 仙台の古本屋めぐり!ここでしか出会えない本を求めて