「浦戸諸島」を観光!日帰りで行く全島めぐり

2021/03/31 更新

塩釜市にある「浦戸諸島(うらとしょとう)」を日帰りでめぐる、観光モデルコースをご紹介。塩釜市から船に乗り、桂島・野々島・寒風沢島・朴島の4島すべてを旅しました。各島の見どころやフォトスポットなど、余すことなくお届けします!

アイキャッチ出典:撮影 編集部
記事中画像:撮影 編集部

「浦戸諸島」ってどんなところ?

浦戸諸島

日本三景・松島湾に浮かぶ「浦戸諸島(うらとしょとう)」。数百を超える島で形成されていますが、観光できるのは以下の4島のみ。

・桂島(かつらしま)・野々島(ののしま)

・寒風沢(さぶさわしま)

・朴島(ほおじま)

この4島、なんと日帰りで巡れちゃいます!

もちろん島内には民宿もあり、宿泊も可能です。

「マリンゲート塩釜」からフェリーで向おう!

塩釜市営汽船

本塩釜駅から徒歩10分ほどの場所にある「マリンゲート塩釜」から市営の定期船が運航しており、各島に上陸することができます。

 

今回は筆者がめぐった浦戸諸島島歩きルートを、時系列でご紹介します。4島すべてに行きました。

島めぐりに関する注意点!

浦戸諸島 マップ

・島にはコンビニやスーパーがない。

・島には公衆トイレが少ない(各島1~4か所)。

・崖地など崩落の危険があるところには近づかない。

・グーグルマップは、あまり当てにならない。マリンゲート塩釜「浦戸諸島 島歩きマップ」があるので、持参しておくと安心。

【7:10】マリンゲート塩釜に到着

マリンゲート塩釜

まずは浦戸諸島の玄関口、「マリンゲート塩釜」へ。

JR仙石線「本塩釜駅」より徒歩10分くらいで着きます。

 

チケット売り場は「マリンゲート塩釜」1階。階段は上がらず、建物の側面にある出入口から入ります。

 

浦戸諸島をすべてめぐる場合、【7:15発】もしくは【9:30発】の市営汽船に乗船しなければなりません。※2020年11月執筆現在。

なお最新の運航時刻・状況は事前に下記の公式HPをご確認ください。

塩釜市営汽船の時刻表・最新情報はこちら

1階の販売機で、乗船券を買おう!

マリンゲート塩釜 チケット券売機

今回は【7:15】の船に乗り、塩釜市から一番近くにある「桂島(かつらしま)」で下船します。

 

写真は市営汽船の券売機です。片道だけ購入し、帰りは船の中で買いました。桂島までは520円です。

券売機の右隣に「浦戸諸島 島歩きマップ」があるので、お忘れなく。

マリンゲート塩釜 船

乗船は「桟橋1番のりば」です。一番奥にあるため、時間ギリギリに着くと少し危険。

塩釜市営汽船

▲船内1階

塩釜市営汽船

▲船内2階

桂島へは、マリンゲート塩釜から約23分で到着します。塩釜市に一番近く、4つの有人島のなかで最も人口の多い島です。

【7:38】桂島に到着

桂島 待合室

桂島に到着。写真は港にある待合室で、近くに公衆トイレもあります。

桂島 浦戸諸島

港から徒歩1分くらいで集落に入ります。まず目指すのは「松崎神社」です。港を背に集落を歩き、右へ曲がります。

桂島 標識

▲直進すると、桂島海水浴場。

アスファルトで舗装された道を歩いていくと、「新奥の細道 松崎神社150m」という標識を発見。標識に従い、右へ曲がります。

桂島 分かれ道

少し歩くと分かれ道に出会います。ここは左へ。

松崎神社

桂島 猫

▲矢印は島ネコ。

ほどなくして石造りの鳥居がみえてきました。「松崎神社(まつざきじんじゃ)」に到着です。

桂島 松崎神社 参道

▲桂島神社ともいい、「お竈様」が祀られている。

明治43年の桂島海水浴場開設に伴い、付近にあった八幡神社、春日神社、神明社を合祀したのが現在の松崎神社です。

境内にはタブの木をはじめ常緑樹がうっそうと茂り、朝でも暗い感じがします。

 

神社の案内版によると、「この境内の木と刃物をいれれば天罰がくだし、我が身に刃がおそいかかり傷を負うと信じられている」と書かれていました。

桂島 松崎神社

島ネコを発見。田代島ほどではありませんが、浦戸諸島の各島でネコをけっこう見かけました。

田代島については、こちらをご覧ください!

タブの森・椿のトンネル

松崎神社 裏道

松崎神社の脇を通り裏側へまわると、島の沿岸を散策する遊歩道があります。

桂志麻椿のトンネル桂島 タブの森

さっそく椿のトンネルが現れました! まるでジブリ作品に出てきそうな、森の通り道です。

桂島 森の標識

森の中を進んでいくと、標識を発見。「二度森展望台」方向へ進みます。

桂島 二度森展望台

二度森展望台へ到着。ベンチが設置されています。

桂島 二度森展望台からの景色

▲天気が曇りときどき雨

二度森展望台からの眺望。天気が良ければ、松島の美しい島景色が望めそうです。

  • 桂島 遊歩道

展望台をあとにし、次の目的地「観月崎展望台(みづきざきてんぼうだい)」へ。

道中は写真のような島景色がみえたり……

桂島 森の中

かと思ったら、鬱蒼とした森の中だったり…と変化に富んだ散策コースとなっています。

観月崎展望台

桂島 ベンチ

「観月崎展望台(みづきざきてんぼうだい)」に到着。港から30分くらいでしょうか。

展望台からは、松島湾内でもとくに有名な奇石「仁王島」がみられます。

松島 仁王島

▲仁王島。その背後にみえる島が「桂島」

が、木々に隠れハッキリとした仁王島の姿を撮影することができず…。松島の遊覧船からみた仁王島の写真だけ載せておきます。

桂島海水浴場

桂島海水浴場

観月崎展望台から階段を下りていくと、「桂島海水浴場」に出ます。東日本大震災から4年後、平成26年(2014)に海水浴場として再開を果たしました。

桂島海水浴場 ベンチ

▲天気がイマイチ…

海水浴場の正面に広がるのは、太平洋の海。海水浴シーズンは例年7月中旬~8月中旬に開設されます。ここには公衆トイレもあります。

桂島ネコ

島ネコがいました。

雨降石

桂島 標識

桂島海水浴場を抜けると、再びアスファルトの道へ。坂道をのぼりきると、標識がみえます。

今回は、島民が雨乞いをしたという「雨降石」をみにいくことにしました。

桂島 菜の花畑

道中に「菜の花畑跡」がありました。かつて畑では、松島系白菜の採種用として菜の花が栽培され、5月頃になると黄色一色に彩られた花畑がみられたそうです。

桂島標識

再び雨降石の標識がみえました。この道をまっすぐ進みます。

桂島 分かれ道

階段と山道の分岐点です。階段を下れば、野々島へ渡る無料渡船がある「石浜(いしはま)」へ出ます。

まずは雨降石を目指して、津森山(つもりやま)へ。

桂島 津森山

津森山は浦戸諸島で最も高い山です。標高は約61mあり、頂上付近に雨降石があります。わりと山道なので、ちょっとしたトレッキング気分。

桂島 津森山 山頂

分岐点から10分もしないで到着。行き止まりになっているので、おそらく津森山の山頂です。

桂島 雨降石

雨降石です。昔、島内の農業が雨水に依存していたため、日照りの時にこの石にむかって雨乞いをしていたことから「雨降石」と呼ばれています。

石浜漁港へ

石浜神社

先ほどの分岐点まで戻り、桂島の最終目的地「石浜漁港」へ。階段を下りていき、あとは道なりに進むだけです。途中に「石浜神社(いしはまじんじゃ)」がありました。

石浜漁港 桂島

石浜漁港に到着。桂島上陸から、およそ1時間くらいです。ここから無料渡船に乗り、「野々島(ののしま)」へ渡ります。

桂島 渡船待合室

港に渡船待合所あり、そこに渡船の電話番号が書かれた紙があるので電話しましょう。島歩きマップにも、渡船の電話番号が記載されています。

浦戸渡船

▲写真左が渡船、右は市営汽船。寒風沢島へ渡ったときのもの。

渡船は2~3人が乗船できる小型の船です。桂島の石浜から野々島へは5分ほどで到着しました。

船長さんが親切で、運転しながら島や船の紹介をしてくださいました。

【9:20】野々島に到着

野々島

あっという間に野々島(ののしま)に到着。向こうにみえるのが、桂島です。

さっそく最初の目的地「熊野神社(くまのじんじゃ)」へ向かいます。

熊野神社

熊野神社 鳥居

港を背に右へ進むと、集落の中に石造りの鳥居と熊野神社の参道がみえてきます。

熊野神社 参道

岩を削ってつくられた古道です。

野々島 標識

標識を発見。左が熊野神社、右が夜泣き地蔵です。まずは左へ曲がり、熊野神社へ。

島ネコ

ここにも島ネコ。

野々島 熊野神社

ほどなくして熊野神社に到着。

一見ふつうの神社ですが、※禁教令が出された時代に、隠れキリシタンが拝んでいたとされるキリスト仏があるそうです(残念ながら見られず)。

 

熊野神社の先に道がありますが、こちらを進むと港の方へ戻ってしまいます。

先ほどの標識まで引き返しましょう。

 ※禁教令…江戸時代に施行された、宗教の信仰・布教を禁止した法令。

椿のトンネル~夜泣き地蔵と六地蔵

椿のトンネル

「夜泣き地蔵」方面を歩いていくと、野々島名物「椿のトンネル」が現れます。4月~5月の春が見ごろで、赤やピンクの花びらをつけた椿が咲き乱れるそう。

野々島 早咲きの椿

ぽつぽつと早咲きの椿が咲いていました(11月中旬)。

野々島 仏

道の脇には野仏が点在しています。

野々島 分かれ道

椿のトンネルを抜けてしばらく歩くと、車道に出てきました。正面に墓地の入口があり、そこに夜泣き地蔵があります。

野々島 夜泣き地蔵

「夜泣き地蔵」です。”子どもの夜泣きがなおる”と伝えられており、各家でお地蔵様にお願いしていたそう。

 

夜泣き地蔵の隣には、6体のお地蔵様が並ぶ「六地蔵」があります。六地蔵とは、六道における苦しみを救う6つの地蔵菩薩のこと。

仏教の世界では、生前の善行・悪行によって地獄・餓鬼・畜生・修羅・人間・天の六道に分かれるとされています。

宇内浜~野々島桟橋(渡船)へ

宇内浜

夜泣き地蔵と六地蔵をあとにし、渡船方面へ進みます。その道中にある「宇内浜(うねはま)」へは、ぜひ立ち寄ってみてください。

野々島 ブランコ

手作りブランコや流木を利用したベンチなどが設けられており、ちょっとした休憩にもピッタリ。

宇内浜

浜は干潮時に島と陸続きになります。

野々島道路

島歩き再開! 宇内浜から渡船に乗る桟橋を目指し、車道を歩きます。

野々島の学校

浦戸小中学校を横目に坂を下れば、桟橋は目と鼻の先です! 野々島の滞在時間は90分ほどでした。

【11:00】寒風沢島に到着

寒風沢島からみる野々島桟橋

野々島桟橋で電話し、無料渡船に乗って「寒風沢島(さぶさわしま)」へ。2分くらいで到着しました。

寒風沢島 歩道

港を背に集落の中を直進し、最初の目的地である「六地蔵」へ向かいます。

寒風沢島では、今まであった案内標識をほとんどみかけませんでした。

寒風沢島 脇道

10分ほど歩くと右手に伸びる脇道(写真上)があるので、進んでいきます。

六地蔵

「六地蔵」です。先ほどの野々島にもありましたね。

ちょうど六地蔵が分岐点となっており、道が二手に分かれていますが、ここは来た道へ引き返し「田園地帯」を目指します。

田園地帯~元屋敷浜

寒風沢島 田園地帯 入口

六地蔵からほどなくして、田園地帯がみえてきます。寒風沢島の絶景フォトスポット!

坂道を下り、田園地帯の中を歩いていきます。

寒風沢島 稲作

▲進行方向正面

寒風沢島 田園地帯

▲振り返った方

寒風沢島の奥部にある、田園地帯。この白い道は、牡蠣の殻を割って敷いた道だそうです。

 

島民の高齢化などにより、多くの水田はヨシやガマの原に覆われ減少しているそう。

島には河川がないため、現在も天水(雨)のみで浦戸米を作っているのだとか。

元屋敷浜~寒風沢神明社

田園地帯 分かれ道

田園地帯を進むと、十字路の分かれ道に出会います。左へ曲がり「元屋敷浜(もとやしきはま)」へ。

写真奥にみえる白い堤防が、「元屋敷浜(もとやしきはま)」です。

寒風沢島 堤防 階段

堤防へ上れる階段があります。

寒風沢島 元屋敷浜

▲対岸にみえるのは宮戸島

堤防の上から望んだ景色。波も小さく、穏やかな海が広がっています。しばし時を忘れ、ぼうっと海面を眺める……。

田園地帯の道

堤防から降り、反対側にある「前浜(まえはま)」方面へ向かいます。

道中に標識や看板はないため、島歩きマップが頼りです。田園地帯を横切るように進んでいきます。

寒風沢島 堤防

前浜に到着です。こちらも堤防が続いており、階段が設置されていました。

寒風沢島 堤防からの景色

▲堤防からの景色

チリ地震被災地の石碑

堤防に沿って歩いていくと、「チリ地震津波被災の地」という石碑が立っていました。

寒風沢島 分岐点

石碑があるとこから、道が二手に分かれています。次の目的地「寒風沢島神明社(さぶさわしんめいいしゃ)」があるのは、右の道です。

寒風沢島 畑の道

畑や田んぼを横目に、一本の小道を進んでいきます。

寒風沢神明社 鳥居

しばらく歩くと車道と合流し、寒風沢神明社の鳥居にたどり着きました。

鳥居をくぐると道が二手に分かれており、正面が寒風沢神明社に続く道です。

寒風沢神明社

▲社殿は江戸時代中期に建造されたと考えられている。

鳥居から2、3分で社殿がみえてきました。

境内はタブの林や杉の木に囲まれ、厳かな空気が漂っています。

 

祀られているのは、天照皇大神(あまてらすすめおおみかみ)と豊受大御神(とようけのおおみかみ)です。

 

高台にあるため、境内からは歩いてきた前浜の海岸や田園地帯が見渡せます。

砲台跡~日和山展望台

標識

次の目的地「砲台跡」へは鳥居をくぐらず、神社を背に左の脇道を通ります。

しばらく案内標識がなく、いちおう道はあるものの整備された歩道はありません。

 

不安になりながら歩くこと数分、標識が立っておりホッと一安心。

寒風沢 砲台跡

標識から徒歩5分とかからず、砲台跡に到着!

江戸時代後期にあたる慶応3年。仙台藩が寒風沢港を海防上最も重要な地点と定め、ここに砲台を建設したそうです。

寒風沢島 砲台跡からみる景色

▲砲台跡からの眺望

弾薬庫や見張所も備えられ、藩より大砲方士50人余りが警備にあたっていたと言われています。

寒風沢島 分岐点

次の目的地「日和山展望台(ひよりやまてんぼうだい)」へ向うため、標識のあった分岐点まで戻ります。

 

しばらく歩くと、再び分岐点へ。

今度は標識が見当たりません。地図と現在地を照らし合わせ、左へ進みます。

寒風沢島 獣道

▲いちおう通り道になってはいるが…。

浦戸諸島めぐりで、一番不安になった場所です。鬱蒼とした森の中を早足で進みます。

浦戸諸島 寒風沢島 日和山展望台

森の中を歩くこと6分ほど、ようやく「日和山展望台」に到着。

寒風沢島 日和山 しばり地蔵

写真右下にみえる縄で縛られたお地蔵さまは、「しばり地蔵」と呼ばれています。

昔、寒風沢島には遊郭があったころ。遊女たちが男たちの船出を止めようと、お地蔵さまを荒縄で縛り逆風祈願をしたと伝えられています。

化粧地蔵と延命地蔵

寒風沢島 車道

日和山展望台から階段を下りていくと、集落に出ます。次の目的地「化粧地蔵(けしょうじぞう)」と「延命地蔵(えんめいじぞう)」は、この集落にある「松林寺」の敷地内にあります。

化粧地蔵 参道 入口

松林寺の入口です。この坂を上った左手に、化粧地蔵があります。

化粧地蔵 寒風沢島

▲化粧地蔵

作者、年代は不明。古くからお地蔵様の顔に白粉を塗って祈願すると、美しい子宝に恵まれると言われています。

寒風沢島 松林寺

化粧地蔵の先にあるのが、松林寺。砲台跡で警備をしていた藩士たちが駐屯した、お寺でもあります。

寒風沢島 延命地蔵

松林寺の奥に、延命地蔵と六地蔵がありました。

 

寒風沢島には2時間近く滞在。いよいよ最後の島「朴島(ほおじま)」へ。

野々島からの渡船で降りた、寒風沢島の漁港へ戻ります。

【13:10】朴島に到着

朴島の港

無料渡船に乗り、10分ほどで朴島に到着。4つの有人島のなかで一番小さな島です。江戸時代に仙台藩の軍用金や宝物が隠されていた、という伝説があり「宝島(ほおじま)」と呼ばれていたことも。

朴島 集落

港から集落の中を通り、まずは「神明社(しんめいしゃ)」へ。奥の方に鳥居がみえますね。

朴島 鳥居神明社

神明社です。寒風沢島にもありましたね。神明社とは天照大御神を主祭神とし、伊勢神宮内宮(三重県伊勢市)を総本社とする神社のことです。

朴島 菜の花畑の道

神明社をあとに、いよいよ最後の目的地「菜の花畑」へ。民家の裏側にある、細い小道を通っていきます。

朴島 道

ちょっとした坂道を上ること、およそ3分。

朴島 菜の花畑

菜の花畑に到着です。訪問日が11月なので、当然菜の花畑はありません。

奥には、こんもり頭をしたタブ林があります。

朴島 菜の花畑

出典:PIXTA(見ごろは4月中旬~5月上旬)

この菜の花畑は、地元の方が他の植物との交配を避けるため、丹念に雑草を抜くなど、大変な手間をかけて大切に育てているものです。

他所の観光菜の花園とは違います。ルートから畑に入ったり、花を摘んだりしないでください。(花を取らずに写真に撮ってください。)出典:塩釜市

 

朴島発の市営汽船は【14:00】もしくは【16:30】があります。16:30を逃すと、塩釜市に帰れなくなるので要注意。

なお火曜日、金曜日のみ朴島~塩釜市直行便が【18:55】に出ます。※年末年始、祝日、月遅れ盆は除く。

塩釜市に1泊しよう!

今回ご紹介した浦戸諸島は、日帰りでも十分満喫できます。

ただ全島まわるのに半日以上はかかり、それなりの距離を歩くため、翌日の目的地が遠い場合は市内で1泊するのがオススメ!

 

リーズナブルな価格で宿泊できるホテルもあるので、ぜひチェックしてみてください!

「楽天トラベル」で塩釜(塩竈)市の宿・ホテルをさがす「Yahoo!トラベル」で塩釜(塩竈)市の宿・ホテルをさがす「じゃらん」で塩釜(塩竈)市の宿・ホテルをさがす

気軽に離島トリップを楽しめる「浦戸諸島」

浦戸諸島 切符

浦戸諸島は日帰りで非日常な島散策を楽しめる、穴場スポット。野々島の椿のトンネルや、朴島の菜の花畑など四季折々の絶景もあるため、その時季を狙っていくのもいいですね。

観光客の少ないオフシーズンもオススメですよ。

 

 

寒風沢島 稲作
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード

編集部員 M
編集部員 M

GOGO MIYAGI!記事執筆担当。東北の魅力にハマり、自腹で宮城県に通う日々が続く。ペーパードライバーなので、旅は徒歩・バス・電車が中心。現地のリアルな観光レポートをお届けします!