GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 「仙台まるごとパス」で電車やバスが乗り放題?!巡れる観光スポットを紹介

「仙台まるごとパス」で電車やバスが乗り放題?!巡れる観光スポットを紹介

「仙台まるごとパス」は、JR・地下鉄・バス・仙台空港鉄道・阿武隈急行が2日間乗り放題になるフリー切符です。さらに切符を対象施設に提示すれば、入場料の割引などの特典を受けられます。この記事では、仙台まるごとパスで行ける宮城の観光スポットを紹介。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

仙台まるごとパスで仙台を満喫しよう!

仙台駅

出典:PIXTA

仙台の観光スポットはあちこちに点在しています。 移動手段も電車やバスなど複数あるのでどれで行くか迷ってしまう人も多いはず。

そんなときにおすすめなのが、「仙台まるごとパス」!

今回は仙台観光に便利な仙台まるごとパスについて紹介します。

仙台まるごとパスって?

るーぷる仙台

出典:PIXTA

「仙台まるごとパス」は、JR・地下鉄・バス・仙台空港鉄道・阿武隈急行のフリーエリア内がなんと2日間乗り放題になるフリー切符です。料金や対象エリアは下記の通り!

対象となる交通手段が多く、お得に使えます。 仙台市内だけでなく、人気の観光地である松島や山形の山寺まで行くことも可能です!

 

対象となる公共交通機関

料金: 大人2,720円、子ども1,350円
対象エリア:

【JR線】仙台・松島・松島海岸・山寺・白石駅区間 【仙台空港鉄道】全線 【地下鉄】仙台市地下鉄の全線【阿武隈急行】槻木駅~あぶくま駅区間【バス】るーぷる仙台・仙台市営バス・宮城交通バスの秋保線

また、購入した人には、観光施設や飲食店などで特典・サービスを受けられる「仙台まるごとパスクーポンブック」がもらえるのもうれしいポイント!

瑞鳳殿などの入場料金がお得になったり、仙台名物牛タンのお店でドリンクサービスを受けられるなど、仙台をより楽しむことができます。

仙台まるごとパスはこんな人におすすめ!

家族旅行

出典:PIXTA

仙台まるごとパスが使えるのは連続する2日間。クーポンの利用もまるごとパスの利用有効期限のみに限ります。

そのため、仙台周辺で1泊2日での旅行をしたい人におすすめです!

 

また、普通に行くと交通費のかかる観光スポットも、仙台まるごとパスがあれば気軽に行くことができます!

例えば公共交通機関ではバスでしか行けない「定義如来 西方寺」は通常片道1,160円もかかってしまうため、往復だけで切符代の8割ほどの元が取れてしまうのです。

日帰り旅行の場合でも行く場所によってはお得に利用することができます。

購入できる場所

みどりの窓口

出典:PIXTA

販売期間は通年で、利用日の1ヶ月前から購入することができます。購入できる場所は下記の通り。 

 

購入できる場所

【フリーエリア内】

・JRみどりの窓口のある駅

クーポンブックは仙台まるごとパス購入時に窓口で受け取り。

・仙台空港駅券売機(当日のみの発売のため注意)

クーポンブックは仙台まるごとパス購入時に仙台空港駅改札窓口で受け取り。

・指定席券売機

クーポンブックは仙台市観光情報センター(JR仙台駅2F)で受け取り。

・主な旅行会社

クーポンブックは仙台市観光情報センター(JR仙台駅2F)で受け取り。

【フリーエリア外】
上記以外の旅行会社で購入する場合は、フリーエリアを到着地に含む旅行商品と併せて購入してください。
クーポンブックは仙台市観光情報センター(JR仙台駅2F)または仙台空港駅改札窓口にてお受け取りください。

\宮城観光に便利な最新ガイドブック/

ITEM
るるぶ 仙台 松島 宮城'23
発行年月:2022年03月09日 予
ページ数:124p

仙台まるごとパスで巡るおすすめスポット

ここからは仙台まるごとパスで行けるおすすめ観光スポットを沿線ごとに紹介します!

【るーぷる仙台(仙台城跡バス停)】仙台城跡

仙台城

撮影:編集部

江戸時代の仙台藩主、伊達政宗が築いた仙台城。青葉城とも呼ばれています。

ここには、テレビでよく映る「政宗公騎馬像」があり、仙台の定番観光スポットとなっています! 

城は江戸時代が終わるまで一度も戦火を見ることなく役割を終え、その後明治維新や第二次世界大戦を経て消失していますが、石垣と再建された脇櫓(わきやぐら)は残っています。

また、敷地内にある本丸会館には、CGシアターやパネル、模型などを展示する青葉城資料展示館、売店やフードコートなどが揃っています。

 

 【仙台城跡の基本情報】

住所:  
宮城県仙台市青葉区川内1

営業時間:

なし

※本丸会館の営業時間はHPをご覧ください。

料金: 

無料

定休日:

なし

※本丸会館は年に数日、館の施設・設備等のメンテナンスのため休館。

アクセス:

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台宮城」ICから車で約15分

【公共交通の場合】

循環バスるーぷる仙台乗車「仙台城跡」バス停下車、すぐ

駐車場:   

【普通車】150台/1時間500円 以後30分ごと200円(18時以降無料)

【バイク】1日200円

問合わせ: 

022-222-0218

公式HPhttps://honmarukaikan.com/

【るーぷる仙台(国際センター駅・宮城県美術館前バス停)】 宮城県美術館

宮城県美術館

出典:PIXTA

宮城県美術館は1981年11月に開館しました。 明治時代以降の近現代美術、宮城県および東北地方にゆかりのある作品、カンディンスキーやクレーなど海外作家の作品、また、戦後日本の絵本原画などをコレクションしています。

作品を観るだけでなく、作ることによって美術を体験することができるよう、個人ではなかなか持てないような大きな器材や、各種の道具類を用意したオープンアトリエや美術についてのなんでも相談など、さまざまな取り組みを行っています。

 

そのほか、特別展も開催しており、世界的に有名な絵画を鑑賞できるチャンスも! 

本館・佐藤忠良記念館にある「カフェ モーツァルト」も洗練された空間でランチやコーヒーを楽しむことができ、人気です。

 

【宮城県美術館の基本情報】

住所:  
仙台市青葉区川内元支倉34-1

営業時間: 

9:30~17:00(観覧券の販売は16:00まで)

料金:   

無料

定休日: 

毎週月曜日(ただし祝日・休日にあたる場合は開館し、翌平日が休館)

※そのほかにも休館日あり

アクセス:

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台宮城」ICから車で約15分

【公共交通の場合】

循環バスるーぷる仙台乗車「国際センター駅・宮城県美術館前」バス停下車、すぐ

駐車場: 

【普通車】100台/無料

【身障者用】5台/無料

問合わせ:

022-221-2111

公式HP: 

https://www.pref.miyagi.jp/site/mmoa/index.html 

【仙台市営地下鉄(八木山動物公園駅)】 八木山動物公園フジサキの杜

八木山動物公園

出典:PIXTA

仙台市内にある動物園「八木山動物公園フジサキの杜」。アフリカゾウやキリン、シマウマなどがいる「アフリカ園」、ライオン、スマトラトラ、ホッキョグマがいる「猛獣舎」、ヤギやヒツジなどとふれあえる「ふれあいの丘」など、エリアごとに全部で約125種類600頭の動物が飼育されています。

夏休みの時期の「ナイトズージアム」という夜間開園や、飼育員による動物のお話会など、イベントも定期的に開催し、いつ行っても楽しめる動物園です。

 

園内にはレストランでは、蔵王のモッツァレラチーズを使ったピザや動物をかたどったランチプレートなど、大人も子どもも喜ぶメニューが食べられるレストランや軽食を販売する売店、オリジナルグッズなどを取り揃えたショップが各所に充実! 家族で出かけるのにぴったりなスポットです。

 

【八木山動物公園フジサキの杜の基本情報】

住所:
宮城県仙台市太白区八木山本町1-43
開園時間:

【3月1日~10月31日】9:00~16:45(入園は16:00まで)

【11月1日~2月末日】9:00~16:00(入園は15:00まで)

料金:

一般    480円

小・中学生 120円

未就学児  無料

定休日:

月曜日(月曜日が祝日や振替休日にあたる場合は火曜日)

12月28日~1月4日

※1月2日と1月3日10:00~16:00(入園は15:00まで)は正月開園特別イベントとして臨時開園しています。

アクセス:

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台宮城」ICから車で約15分

【公共交通の場合】

仙台市営地下鉄東西線「八木山動物公園」駅行き乗車-「八木山動物公園」駅下車、徒歩約5分

駐車場:

【普通車】あり/最初の30分無料、以降30分毎100円(上限500円)

問合わせ:

022-229-0122

公式HP:

https://www.city.sendai.jp/zoo/index.html

【阿武隈急行(丸森駅)】阿武隈ライン舟下り

阿武隈ライン舟下り

出典:PIXTA

東北第2の大河、「阿武隈川(あぶくまがわ)」は、古くは年貢米に始まり、明治に入って木材、木炭、石材などの重要な物資輸送路として利用されてきました。昭和の初めまで、その歴史を現在に伝えるのが阿武隈ライン舟下りです。

乗船時間は60~70分ほどで、阿武隈川が長い時間をかけて刻んだ渓谷と、四季折々の風景を楽しむことができます。

 

春はお弁当セット付プラン、夏は納涼船、秋は東北名物芋煮が食べられるプラン、冬はこたつ舟と、季節によって違った体験ができます! 舟下りで非日常を味わってみてはいかがでしょうか?

 

【阿武隈ライン舟下りの基本情報】

住所:  
宮城県丸森町字下滝12

営業時間: 

8:30~17:00

料金: 

【周遊コース】
大人 2,200円
小人 1,100円
【あぶくま駅コース】
大人 2,800円
小人 1,400円
定休日:

月曜

年末年始

アクセス:  

【クルマの場合】
東北自動車道「山元」ICから車で約20分

【公共交通の場合】

仙台駅から東北本線「福島」駅行き乗車-「槻木」駅下車-阿武隈急行鉄道「梁川」駅行き乗車-「丸森」駅下車、徒歩20分

駐車場: 

あり

問合わせ:

022-472-2350

公式HP:  

https://marumori.jp/spot/funakudari/ 

【阿武隈急行(角田駅)】角田市スペースタワー・コスモハウス

スペースタワーコスモハウス

出典:PIXTA

宮城県南部に位置する角田市には、「宇宙航空研究開発機構(JAXA)角田宇宙センター」があることから「スペースタワー・コスモハウス」がつくられました。

シンボルである全長49m、直径4mの「H-2ロケット実物大模型」は迫力満点!

市街地はもちろん蔵王連峰まで眺望できる「スペースタワー」、実物大の各種人工衛星模型やロケットエンジンの実物などを展示する展示室「コスモハウス」もあり宇宙を身近に感じることができます。

 

宇宙食などを販売するショップもあり、おすすめのスポットです!

 

角田市スペースタワー・コスモハウス の基本情報】

住所:   
宮城県角田市角田字牛舘100

営業時間:

3月1日~10月31日 9:00~17:00分

11月1日~2月28日 9:00~16:00
※最終入場は閉館の15分前

料金: 

【スペースタワー(展望塔)】 

一般・高校生380円、中学生以下無料 

【コスモハウス(展示館)】 

無料 

定休日: 

火曜(火曜日が祝日の場合は翌日が休館日

年末年始

アクセス: 

【クルマの場合】
東北自動車道「山元」ICから車で約20分

【公共交通の場合】

仙台駅から東北本線「福島」駅行き乗車-「槻木」駅下車-阿武隈急行鉄道「梁川」駅行き乗車-「角田」駅下車、徒歩15分

駐車場: 

あり/無料

問合わせ: 

022-463-5839

公式HP:

https://www.city.kakuda.lg.jp/soshiki/14/624.html 

【仙台市営バス(輪王寺前バス停)】 輪王寺

出典:PIXTA

輪王寺は室町時代の1441年、伊達家11代当主・持宗が祖母の願いを叶えるために創建しました。

境内の禅庭園は東北有数の名園として知られ、県内外から多くの人が訪れます。 春から夏にかけては、サクラ、ツツジ、サツキ、アヤメ、アジサイなどが咲き乱れ、秋は紅葉、冬は雪景色と、四季を通して趣のある景観が魅力!

 

また、庭園にそびえる三重塔には仙台市指定有形文化財の釈迦如来坐像を祀っており、御開帳日の毎月1日と15日には観覧することができます。

 

【輪王寺の基本情報】

住所: 
宮城県仙台市青葉区北山1‐14-1
開園時間:  
8:00~17:00

拝観料: 

300円(小学生未満無料)

アクセス:

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台宮城」ICから車で約15分

【公共交通の場合】

仙台市営バス「西中山」、「桜ヶ丘七丁目」行き乗車-「輪王寺前」下車、徒歩約5分

駐車場: 

【普通車】あり/無料

問合わせ:   

022-234-5327

公式HP:

https://rinno-ji.or.jp/ 

【仙台市営バス(定義バス停)】定義如来 西方寺

定義如来

撮影:編集部

「定義如来 西方寺(じょうぎにょらい さいほうじ)」は、平家の末裔から現代に至るまで約800年もの間、多くの人の人生の大願や年の節目に無事を願う、心の拠り所として信仰されており、親しみを込めて「定義(じょうぎ)さん」と呼ばれています。 縁結び、子宝、安産にご利益があるとされています。 

境内は広く、五重塔や安徳天皇の遺品を埋葬したといわれる天皇塚など見どころが多く、人気の観光スポット。抹茶処もありゆっくり楽しめます。

 

また、ここで欠かせないのが参道にある定義とうふ店の「三角油揚げ」! シンプルに醤油と七味で食べる油揚げはとても香ばしくおすすめの一品です。

 

【定義如来 西方寺基本情報】

住所: 
宮城県仙台市青葉区大倉字上下1

参拝時間:

開門時間 大本堂境内 7:45~16:15

貞能堂境内      8:00~16:15

五重塔境内      8:00~16:15
拝観料: 

無料

アクセス:  

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台宮城」ICから車で約45分

【公共交通の場合】

仙台市営バス「定義」行き乗車-「定義」下車、徒歩すぐ

駐車場:  

【普通車】300台/無料

問合わせ: 
022-393-2011

公式HP:  

https://jogi.jp/ 

【JR仙石線(中野栄駅)】仙台うみの杜水族館

仙台うみの杜水族館 

撮影:編集部

2015年にオープンした仙台うみの杜水族館。「日本の海-東北の海-」の世界三大漁場である三陸の海を切り抜いたような巨大な水槽が見どころです。太陽の光がそのまま降りそそぎ、生き物本来の色鮮やかな姿を観察できます。

また、海藻やアマモ場、三陸の海岸で養殖される牡蠣など、ほかの水族館にはないユニークな展示もおすすめのポイント!

 

2階では世界各国の海の生き物やクラゲ、ペンギンなどの海獣の展示するほか、約1,000人を収容できる東北最大のスタンドでのイルカとアシカ、バードのショーも開催!

魚について学べるだけでなく、自然環境や沿岸部に住む人々の暮らしにも目を向けられるような楽しい展示が盛りだくさんな水族館です。

 

【仙台うみの杜水族館の基本情報】

住所:   
宮城県仙台市宮城野区中野4‐6

営業時間: 
・3月19日~4月28日、5月9日~7月15日

9:00~17:30(最終入館17:00)

・4月29日~5月2日、6日~8日

9:00~18:30(最終入館18:00)

・5月3日~5月5日

8:00~18:30(最終入館18:00)

料金:  

大人(18歳以上)     2,200円

中・高校生(12~18歳) 1,600円

小学生(6~12歳)     1,100円

幼児(4歳~未就学児)  600円

シニア(65歳以上)    1,600円

定休日:

なし

アクセス: 

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台港」ICから車で約5分

【公共交通の場合】

JR仙石線「石巻」駅行き乗車-「中野栄」駅下車-宮城交通バス「仙台うみの杜水族館線」乗車-「仙台うみの杜水族館」バス停下車、徒歩すぐ

駐車場: 

【普通車】800台/無料

問合わせ: 

022-355-2222

公式HP:  

http://www.uminomori.jp/umino/ 

【JR仙石線(松島駅)】松島島巡り観光船

撮影:編集部

松島島巡り観光船は、松島湾の景色を存分に楽しめる遊覧船。2020年に就航した新造船「仁王丸」で、快適な船旅を楽しめます。
おすすめなのは、仁王島、鐘島、千貫島、雄島、双子島、といった松島を代表する島々を巡る「仁王丸コース」(所要時間:約50分)。
また顔が出ないようにキャリーバッグに入れれば、ペットと一緒に乗船することも可能です!

 

海風を感じながら、海岸からは見れない島々の風景を間近で楽しむことができ、松島観光には欠かせない体験スポットです。

 

【松島島巡り観光船の基本情報】

住所:  
宮城県宮城郡松島町松島字町内85

営業時間:  
8:00〜17:00

※乗船時刻は時刻表をご確認ください。

アクセス:  

【クルマの場合】
三陸自動車道「松島海岸」ICから車で約5分

【公共交通の場合】

JR仙石線「石巻」駅行き乗車-「松島海岸」駅下車、徒歩約5分

駐車場:

なし(近隣の駐車場を利用してください。)

問合わせ: 

022-354-2233

公式HP:

https://www.matsushima.or.jp/ 

【JR仙石線(東塩釜駅)】塩釜水産物仲卸市場

塩釜水産物仲卸市場

撮影:編集部

全国でも有数のマグロ水揚げ量を誇る「塩釜港」。
活気あふれる場内市場には100以上の店舗が並び、新鮮な魚介類や加工品を販売しています。
場内には5か所の食事処もあります。なかでも場内で食べたい海産物を購入し、6号売場のマイ海鮮丼コーナーでごはんを購入して盛り付ける「マイ海鮮丼」がおすすめ!  オリジナルの海鮮丼を作ることができます。ほかにも自由に焼いて食べれる「自由炉端」なども!

 

また毎週末には八百屋や雑貨店などが集まる「 WEEKEND BAZAAR」や日曜日は「朝市」を開催しています。

 

【塩釜水産物仲卸市場の基本情報】

住所:   
宮城県塩竈市新浜町1‐20‐74

営業時間:
平日  3:00~13:00
土曜日 3:00~14:00
日・祝 6:00~14:00

定休日:

水曜

アクセス:

【クルマの場合】
仙台南部道路「利府中」ICから車で約15分

【公共交通の場合】

JR仙石線「石巻」駅行き乗車-「東塩釜」駅下車、徒歩15分

駐車場:  

【普通車】約1,000台/無料

問合わせ:

022-362-5518

公式HP: 

http://www.nakaoroshi.or.jp/

【宮城交通バス(秋保神社前バス停)】秋保神社

秋保神社 PIXTA

出典:PIXTA

秋保神社は「勝負の神」として知られる神社です。

平安初期に時の征夷大将軍坂上田村麻呂が蝦夷平定の際に、この地に熊野神社を祀ったのが初めといわれています。

商売繁盛や合格祈願、必勝祈願に対してご利益があるとされ、 宮城県出身でオリンピックのフィギュアスケート金メダリストの羽生結弦選手をはじめ、スポーツやレース界の著名人が訪れたことで、ファンの聖地にもなっています。

 

勝負のお守りや絵馬も多数あるので、勝負事のある方や応援したいスポーツ選手がいる方におすすめ!

 

【秋保神社の基本情報】

住所:  
宮城県仙台市太白区秋保町長袋字清水久保北22

参拝時間:

9:00~17:00
拝観料:

無料

アクセス:

【クルマの場合】
東北自動車道「仙台南」ICから車で約20分

【公共交通の場合】

宮城交通バス「秋保大滝」行き乗車-「秋保神社前」下車 、すぐ(土日祝のみ運行)

駐車場: 

【普通車】あり/無料

問合わせ:    
022-399-2208

公式HP:  

https://akiu.org/index.html

1泊2日旅行には仙台まるごとパスがおすすめ!

仙台まるごとパスについて紹介しました。交通費がお得になるだけでなく、クーポンまで付いてくるので、2日間での旅行を考えている方にはおすすめですの切符です。 このパスを活用して観光をより楽しみましょう!

「楽天トラベル」で、仙台の宿をさがす

「Yahoo!トラベル」で、仙台の宿をさがす

この記事を読んだ人におすすめ

紹介されたアイテム

るるぶ 仙台 松島 宮城'23

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

るーぷる仙台
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

編集部moja
編集部moja

宮城北部で田んぼに囲まれて育ちました。今は都内在住ですが、帰るたびに地元のおいしいごはん屋さんやおもしろスポットを探し回っています。趣味は音楽とドラマ鑑賞。絶賛おかえりモネロス中です。大好きな地元宮城の魅力が伝わる記事を書けるようがんばります!

GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 「仙台まるごとパス」で電車やバスが乗り放題?!巡れる観光スポットを紹介