仙台市電保存館
アイキャッチ撮影:筆者
記事中画像撮影:筆者

かつての仙台の交通の要、仙台市電

仙台市電保存館

かつて、市民の足として活躍した仙台市電。廃止から45年以上が経ちますが、今でも市電ファンには根強い人気があります。

今回は市電を保存している仙台市電保存館を取材。どんな車両が展示されているのでしょうか。

車両本体や関連展示物、歴史なども紹介します。

昭和を走った仙台市電 レールと街並みの今昔物語

出版社 ‏ : ‎ 河北新報社; B5版 (2018/5/22)
発売日 ‏ : ‎ 2018/5/22

仙台市電保存館とは?

仙台市電保存館

仙台市太白区にある仙台市の電車保存施設「仙台市電保存館(せんだいしでんほぞんかん)」は、1991年(平成3)に開館しました。

館内には、大正時代や昭和時代に製造された車両などが展示されています。なかでも大正時代に製造された木造の市電は、レトロ感たっぷりで訪れる人々を楽しませてくれます。

乗車券や車両の部品も展示

仙台市電保存館

当時、実際に使用されていた乗車券や定期券、回数券なども展示。

仙台市電保存館

市電で使用された当時の制御器などの部品も展示されており、市電ファンにはたまらない魅力満載の施設となっています。

電車模型と仙台市内のジオラマ

仙台市電保存館

さらに、電車模型と昭和時代の仙台市内を再現したジオラマを展示。市電の模型がコトコトと走行しています。

 

では、さっそく仙台市電保存館に行ってみましょう。

< 前のページ 1/4 次のページ >

関連するおすすめ記事

仙台に関するトピック

仙台 × 観光スポットもっと見る >
仙台 × 温泉・宿泊もっと見る >
仙台 × グルメ・お土産もっと見る >
仙台 × 歴史・人物もっと見る >
仙台 × イベント・祭事もっと見る >
仙台 × 体験・レジャーもっと見る >
仙台 × ニュースもっと見る >
仙台 × ライフ・生活もっと見る >