GOGO MIYAGI! > イベント > 仙台青葉まつり2022をレポート!3年ぶりに戻ってきた活気

仙台青葉まつり2022をレポート!3年ぶりに戻ってきた活気

2022年(令和4)、3年ぶりに開催された「仙台青葉まつり」。今回は、2日間にわたって仙台青葉まつりを密着取材。どんな盛り上がりを見せたのでしょうか。当日の様子をレポートします!

アイキャッチ撮影:筆者
記事中画像撮影:筆者

仙台の初夏を彩る「仙台青葉まつり」

仙台青葉まつり

2022年(令和4)、およそ3年ぶりに開催された「仙台青葉まつり」。今回筆者は、2日間にわたり仙台青葉まつりを密着取材しました。

いったいどのような盛り上がりをみせたのでしょうか。当日行われた祭りの様子や演武などを紹介します。

仙台青葉まつりって、どんなお祭り?

仙台青葉まつり

「仙台青葉まつり」は、もともとは、1655年(明暦1)に仙台藩2代藩主・伊達忠宗の命で行われた仙台東照宮の御祭礼で「仙台祭」ともいわれました。

 

やがて政宗公の命日である5月24日に執り行われるようになり、「青葉まつり」と呼ばれるように。しかし昭和40年代後半になると、市内の交通事情等により大掛かりなイベントは途絶えてしまいます。

現在の仙台青葉まつりは、伊達政宗公没後350年を迎えた1985年(昭和60)に復活させたもので、仙台三大まつりの1つとして盛り上がりを見せています。

 

「仙台青葉まつり」が行われるのは、毎年5月の第3土曜日と日曜日。初日の土曜日は「宵まつり」で、翌日の日曜日が「本まつり」になります。

それでは、さっそく初日の会場に行ってみましょう。

5月14日「宵まつり」

仙台青葉まつり

5月14日は、市民広場で開祭式典が行われました。こちらが観客席の入口。感染防止対策のため入場制限があり、並んで案内を待ちます。

この日の天気は曇りで最高気温は25.4℃と過ごしやすい日でした。

開祭式典

仙台青葉まつり

こちらが市民広場演舞場。間隔を空けてパイプ椅子が設置されていました。

伊達武将隊の演舞後に「声を上げられずとも、その魂を拳に響かせよ!」と伊達武将隊・伊達政宗が「エイエイオー!」と勝鬨(かちどき)を上げ、第38回仙台青葉まつりのスタートです。

仙台青葉まつり

すずめ踊りを踊るグループ「祭連(まづら)」が、笛と太鼓のリズムに合わせて「ソーレ、ソレソレ」と、すずめ踊りの演舞を披露。一気にお祭りモードになってきました!

 

次に、3か所で開催されている杜の市を見てみましょう。

杜の市「市民広場」

仙台青葉まつり「杜の市」は牡蠣や地ビールなど、宮城のご当地グルメが勢ぞろいする市場です。

県内のブースだけでなく、なんと!北海道函館市・北斗市のブースもありました。中央にいるのは、北斗市の公式キャラクター「ずーしーほっきー」。1回見たら忘れられない、個性の強いキャラクターですね。

杜の市「つなぎ横丁」

仙台青葉まつり

つなぎ横丁には、北海道の虻田郡倶知安町からやって来た本物の雪だるま「くっちゃん雪だるま」がお目見え。

後ろでは、射的ゲームや金魚すくいなど懐かしい屋台が並んでいました。

杜の市「勾当台公園」

仙台青葉まつり

屋台の出店数が1番多い勾当台公園の杜の市。今年の杜の市全ての出店数は、企画出店が約25店、露天商で約46店だったそうです。

仙台青葉まつり

なかには、こんな珍しい岩魚の塩焼きの屋台も。とても美味しそうです。

仙台青葉まつり

多くのお客さんで盛り上がっていました。右手に山鉾が見えるので近くに行ってみましょう。

仙台青葉まつり

山鉾の前で記念撮影される方が多くいました。

 

続いて、メイン会場の定禅寺通に設置されている「伊達門」へ。

伊達門

仙台青葉まつり

定禅寺通の国分町通りにほど近い場所に設置された「伊達門」。幕と大提灯に伊達家の家紋「竹に雀」が施されています。提灯は夕方に点灯。

仙台青葉まつり

伊達門前で、すずめ踊りの出番を待つ方々に許可をいただいて撮影。素敵なポーズありがとうございました。

 

お次は、仙台矢場が行われる錦町公園へ。

 

仙台矢場(錦町公園)

仙台青葉まつり

錦町公園では、すずめ踊りのリハーサルをしている方々も。

仙台青葉まつり

仙台矢場に到着です。伊達家の伝統弓術「日置流印西派弓術(へきりゅういんざいはきゅうじゅつ)」の演武が始まっていました。

甲冑姿の猛者が矢を射る姿は圧巻!

仙台青葉まつり

一般の方が参加できる体験コーナーもあり、子供たちが楽しそうに弓を引いていました。

 

次は、山鉾が展示されている一番町へ行ってみましょう。

山鉾拝覧会

仙台青葉まつり

今回の仙台青葉まつりで巡行する唯一の山鉾「政宗公兜山鉾」。例年は11基の山鉾が巡行します。

他の山鉾は、一番町通りの商店街や百貨店「藤崎」の前に展示されていました。

山鉾に乗って記念撮影できる「山鉾拝覧会」は大人気! 長い行列ができていました。

 

次は、すずめ踊りのパレードが15:20から始まる定禅寺通へ。

すずめ踊り宵流し

いよいよ「すずめ踊り宵流し」がスタート!

仙台青葉まつり

待ちに待った3年ぶりのすずめ踊り。

仙台青葉まつり

祭連も観客も盛り上がってきました。楽しそうです。

仙台青葉まつり仙台青葉まつり

すずめ踊りは、しなやかで躍動感あふれる踊りが特徴。笑顔がいいですね。

 

次は、18:00から始まる仙台宵山鉾巡行です。

仙台宵山鉾巡行

仙台青葉まつり

仙台宵山鉾巡行が始まりました。東日本大震災からの復興の願いを込めた提灯の明かりが幻想的です。

仙台青葉まつり

伊達武将隊の面々が、仙台市の5つの区名が入ったのぼり旗を手に歩を進めます。

仙台青葉まつり

最後は「伊達の一本締め」で、宵まつりは終了です。翌日の本まつりへと続きます。

5月15日「本まつり」

仙台青葉まつり

この日の天気も曇りで気温は20℃と過ごしやすい1日になりました。さっそく市民広場へ向かいます。

市民広場

仙台青葉まつり

市民広場は、昨日よりも人が多く入場待ちの方の行列ができていました。残念ですが筆者は入場を断念し、広場の外からステージをチェック。祭連の方々が次々とすずめ踊りを披露していました。

 

続いて、杜の市のつなぎ横丁に行ってみましょう。

杜の市「つなぎ横丁」

仙台青葉まつり

やはり昨日より人が多いようです。射的ゲームが人気でした。

昨日、一番町にあった「政宗公兜山鉾」がこちらに展示されています。

 

次は少し歩いて「せんだいメディアテーク」へ。

伊達政宗とお祭り広場「せんだいメディアテーク」

仙台青葉まつり

こちらでは、仙台市博物館体験展示「伊達政宗とお祭り広場」と題し、お祭りに関するものが展示されていました。なかに入ってみましょう。

仙台青葉まつり

こちらでは、大型スクリーンで市民広場のライブ中継や、すずめ踊りで使用された企業の法被(はっぴ)などが展示されていました。

仙台青葉まつり

すずめ踊りの装いが書かれたパンフレットです。参考になりますね。

 

次は、杜の市のある勾当台公園へ。

杜の市「勾当台公園」

仙台青葉まつり

こちらは勾当台通側ですが、ものすごい人です。こんなに人が集まっている姿を見るのは、西公園の桜まつり以来でしょうか。

3年ぶりの仙台青葉まつり恐るべし!

仙台青葉まつり

こちらは公園内です。お昼時も重なってか、ほとんどの屋台に行列ができていました。

 

さて、お次は12:10から「仙台消防階子乗り」が始まりますので定禅寺通に向かいましょう。

仙台消防階子乗り

仙台青葉まつり

お、落ちる~! と、ドキドキしながら見る「仙台消防階子乗り」。1年の安全と防火を呼びかけるなど、仙台消防の伝統と心意気を伝える風物詩です。

下段で何人もの団員が特殊な道具を使って階子(はしご)を支えています。上段では華麗な妙技を披露。写真は青葉消防団による見事な階子乗りでした。

 

続いて、伊達古式火縄銃演武へ。

伊達古式火縄銃演武

仙台青葉まつり

仙台消防階子乗りと同時刻に行われた伊達古式火縄銃の演武。仙台青葉まつりの見どころの1つです。

お腹まで響く火縄銃の轟音と白煙が迫力満点! 五葉山火縄銃鉄砲隊と花山鉄砲組による驚きの演武でした。

 

この後、いよいよ本まつり巡行が始まります! 早めに移動を開始して待機です。

本まつり巡行

新型コロナウイルス収束を祈願して行われた今年の本まつり巡行。15の団体が定禅寺通を巡行します。

笑顔でポーズを決める伊達武将隊の伊達政宗公。

白馬に乗って登場! 仙台伊達家18代当主・伊達泰宗氏。

サン・ファン・バウティスタ号とともに巡行する、みやぎ川崎支倉常長隊の皆さん。

ズラリと並んだ鉄砲を包む赤色が美しい鉄砲隊の面々。

山鉾に乗って登場したのは、仙台商工会議所・2022杜の都親善大使の方々です。

仙台青葉まつり

最後の巡行は、政宗公兜山鉾に乗った仙台市長の郡和子(こおり かずこ)氏。

この後、最後のすずめ踊りが始まります。

すずめ踊り定禅寺流し

仙台青葉まつり仙台青葉まつり

最後のすずめ踊りに力が入る祭連たち。笑顔がステキでした。

仙台青葉まつり

すずめ踊りが終わり、一休みされているところを許可をいただいて撮影。スペシャルポーズをいただきました。ありがとうございます。

 

仙台青葉まつりの現場からは以上です。

 

【第38回仙台青葉まつり】

テーマ:

「響け!青葉に」

開催日:

2022年(令和4)5月14日(土)~5月15日(日)

開催場所:
市民広場演舞場・定禅寺通・錦町公園・勾当台公園ほか

主催:

仙台・青葉まつり協賛会事務局

住所:

宮城県仙台市青葉区錦町1丁目3-9

仙台市役所錦町庁舎3階

電話番号:

022-223-8441

公式HP:

https://www.aoba-matsuri.com/

来年も仙台青葉まつりへ

仙台青葉まつり

3年ぶりの開催は、出演者も観客の皆さんもやはり「待ってました!」という熱い想いを感じました。とくに最高だったのが、すずめ踊りに参加された方の笑顔。来年は例年通りの規模で開催されるといいですね。また来年も、仙台青葉まつりでお会いしましょう!

この記事を読んだ人におすすめ

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

仙台青葉まつり
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

この記事のキーワード

stingray
stingray

札幌出身で趣味はギター。前職の転勤で仙台に移り住み、気が付いたらもう30年になります。仙台は海の幸や山の幸も美味しく、とても暮らしやすい所です。そんな仙台の魅力を地元目線でお届けいたします。

GOGO MIYAGI! > イベント > 仙台青葉まつり2022をレポート!3年ぶりに戻ってきた活気