GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 「鐘崎総本店 笹かま館」手焼き体験や七夕飾りの展示など仙台の文化を体感しよう

「鐘崎総本店 笹かま館」手焼き体験や七夕飾りの展示など仙台の文化を体感しよう

仙台名物といえば「笹かまぼこ」ですよね。ということで、今回は株式会社鐘崎の施設「鐘崎 笹かま館」を取材しました。どんな施設なのか、館内を隅々まで詳しく紹介します。

アイキャッチ撮影:筆者
記事中画像撮影:筆者

仙台名物といえば「笹かまぼこ」!

鐘崎笹かま館

仙台名物といえば「笹かまぼこ」ですよね。今回は、笹かまぼこをはじめ宮城の文化を体感できる株式会社鐘崎の施設「鐘崎総本店 笹かま館」を取材しました。

 

「鐘崎総本店 笹かま館」がどんな施設なのか、隅々まで詳しく紹介します。

「鐘崎総本店 笹かま館」とは?

鐘崎笹かま館

「鐘崎総本店 笹かま館(かねざきそうほんてん ささかまかん)」は、仙台市若林区の本社工場隣接地に1989年(平成1)にオープンしました。その後、2019年(令和1)にリニューアルし現在に至ります。

 

鐘崎の創業は、1947年(昭和22)。今年でちょうど創立75周年を迎えました。

鐘崎の企業理念は「おいしさ、楽しく」。この企業理念を伝えるため「ここでしか見られない」 「ここでしか体験できない」 「ここでしか味わえない」の3つをテーマとし「鐘崎総本店 笹かま館」を訪れるすべての人が楽しめる場所としています。

「鐘崎総本店 笹かま館」は、 かまぼこはもちろん宮城の食や文化も満喫できるアミューズメント・パークなのです。

 

それでは、さっそく「鐘崎総本店 笹かま館」にレッツゴー!

「鐘崎総本店 笹かま館」の館内を巡ろう

鐘崎笹かま館

仙台市若林区の鶴代町に位置する「鐘崎総本店 笹かま館」は、仙台東部道路「仙台東」ICより約5分のところにあります。仙台駅からでも車で18分ほど。

笹かま館の駐車場

鐘崎笹かま館

こちらが笹かま館の入口付近にある専用駐車場。駐車可能台数は28台(無料)です。

車を置いたら、笹かま館の入口へ。

ウェルカムホール

鐘崎笹かま館鐘崎笹かま館

入口から入ってすぐのところにあるウェルカムホール。シンプルで美しいスペースです。正面がインフォメーションセンター。不明な点はこちらでお聞きください。

 

さっそく館内を拝見しましょう。まずはじめに、ぷっくら焼きコーナーへ。

ぷっくら焼きコーナー

鐘崎笹かま館

こちらが笹かまぼこの手焼きが体験できる「ぷっくら焼きコーナー」。中央カウンターで注文できます(1本税込250円)。

さっそく筆者も体験させていただきました。

鐘崎笹かま館

笹かまぼこを受け取り、焼き機に乗せます。少しずつ焼き機が赤くなってきました。

鐘崎笹かま館

焼き方の秘訣がこちら。2~3分に1回ひっくり返しながら焼くのがコツだそうです。

鐘崎笹かま館

10分ほど焼いて焼き目が付いたらできあがり。焼きたては魚の香りがと~っても香ばしく、まるで焼き魚のようです。

 

続いて「杜のこんだてCafe」に行ってみましょう。

杜のこんだてCafe

鐘崎笹かま館

「杜のこんだてCafe」では、広々としたおしゃれな空間でゆっくりとランチやスイーツが楽しめます。

お魚コロッケ

笹かま×コロッケ=お魚コロッケという、かまぼことじゃがいもの旨味が凝縮された商品も売られていました。

鐘崎笹かま館

鯛だしミニごはんや季節のココット、サラダやデザートもついたスペシャルプレートが人気なんだとか。

鐘崎笹かま館

なんと! こんなソフトクリームを発見。笹かまぼこですくって食べるというソフトクリームです。これもおいしそうですね。

 

次は、中庭から隣の建物に移動します。

中庭を抜けて鐘崎ショップへ

鐘崎笹かま館

この中庭を通って鐘崎ショップがある建物へ。

鐘崎ショップ

鐘崎笹かま館

鐘崎ショップは買い物スペースになっています。主力商品の笹かまぼこ「大漁旗(たいりょうばた)」をはじめ、かまぼこ製品の幅広いラインナップがずらり。

鐘崎笹かま館

明治時代に製作されたという、宮城県指定伝統的工芸品・堤焼のすり鉢も展示されていました。実際に笹かまぼこの製造に使われていたそうです。

鐘崎笹かま館

入口から見た鐘崎ショップの全体像です。

鐘崎笹かま館

牛たんやお好み焼きのようなかまぼこ商品まで幅広く取り揃えていますよ。

鐘崎笹かま館

鐘崎自慢の笹かまぼこや揚げかまぼこが各種単品で購入可能です。

このなかで鐘崎さんから教えていただいたイチオシ商品を紹介します。

鐘崎笹かま館鐘崎さんイチオシ商品はこちら! 

左は地元民なら誰もがご存じ、主力商品の笹かまぼこ「大漁旗」313円(税込)。右は「季節のかねささ(とうもろこし)」216円(税込)で、夏季限定で数量も限定の商品です。鐘崎さんでは、旬の食材を使った笹かまぼこの限定商品を販売しています。

 

どちらもとても香ばしく厚みがあっておいしかったです。ぜひお試しください。

 

次はギフトサロンに行ってみましょう。

ギフトサロン

鐘崎笹かま館

ギフトサロンではギフト商品の全国発送を承っています。ゆったりとした空間で、筆者もギフトの発送をお願いしました。工場焼きたての笹かまぼこが発送されるそうです。

 

続いて鐘崎屋へ。

鐘崎屋

鐘崎笹かま館

鐘崎の創業当時の名称を受け継いだ「鐘崎屋」。

鐘崎笹かま館

手に持っているのは「元祖ぷっくら揚げ220円(税込)」です。

注文を受けてから丁寧に揚げるという鐘崎屋の新名物。揚げたてぷりっぷりで、ふっくら食感がたまりません。ここでしか食べられませんので、ぜひとも食べていただきたい逸品です。

 

ところで、中央右端の屋根の上に何やら白い物体が見えます。

鐘崎笹かま館

屋根上で寝てるネコちゃんを発見! 軒下にはツバメの巣もありました。当時のイメージを再現した演出だそうです。

ぜひ探してみてくださいね。

鐘崎笹かま館

鐘崎屋では、職人が1本1本丁寧に笹かまぼこを焼く姿をガラス越しに見学できます。このなかは高温でかなり暑いのだそう……。

鐘崎笹かま館

カウンターでは、日本酒と一緒に笹かまぼこをじっくりと味わうことができます。

 

1階はここまで。次は2階へ行ってみましょう。

鐘崎総本店 笹かま館の2階

鐘崎笹かま館

2階にもワクワクしそうな展示がありそうですね。足早に階段を上ります。

鐘崎笹かま館

階段を上ったところに、山なりに並んでいるこけしが展示されていました。こちらは、遠刈田系こけし工人・佐藤英太郎氏の作品。見逃しやすいところにありますが、ぜひ見ていただきたい作品です。

 

そのまま工場見学入口へ向かいます。

鐘崎笹かま館

今回の取材では参加していませんが、「鐘崎総本店 笹かま館」では予約制で工場見学を実施しています。

詳しくはこちらをご確認ください。

鐘崎笹かま館

笹かまぼこになりきれる、顔はめ記念撮影コーナーもありますよ。

 

お次は「政宗公乃食卓」へ。

政宗公乃食卓

鐘崎笹かま館「政宗公乃食卓」は、食通として知られた仙台藩初代藩主・伊達政宗公の「おもてなしの心」を継承する完全予約制のお食事処。

選りすぐりの海の幸・山の幸を贅沢に使用した、 郷土色豊かな料理を堪能することができます。

メニューなどの詳細はこちらでご確認ください。

 

続いて体験教室を見てみましょう。

体験教室

鐘崎笹かま館体験教室では、笹かまぼこの原料であるすり身をこねる作業から始める笹かまぼこの手づくり体験教室を開催しています。

こちらも予約制となっていますので、詳しくはこちらをご確認ください。

 

お次は藤城清治メルヘンサロンへ。

藤城清治メルヘンサロン

鐘崎笹かま館

藤城清治メルヘンサロンでは、影絵作家・藤城清治氏の光と影の世界が無料で楽しめます。

15ⅿにわたって2,300匹の魚が描かれており、笹かま館でしか見られない作品は圧巻です。この大作の他にも「海の世界」をテーマにした作品が数多く展示されています。

 

続いてギャラリーに行ってみましょう。

ギャラリー

鐘崎笹かま館

ギャラリーには、絵画や造形作家・井村隆氏の『カラクリン』の巨大なオブジェが展示されていました。

鐘崎笹かま館

ちょっとした休憩スペースもあり、ゆっくりと絵画を鑑賞できます。

鐘崎笹かま館

カラクリンは、実際にハンドルを回して動きを楽しむことができます。ぜひ体験してみてくださいね。

 

笹かま館の2階はここまで。次は、となりにある七夕ミュージアムの建物へ向かいます。

鐘崎の七夕ミュージアムでは1年中七夕飾りが楽しめる!

鐘崎笹かま館笹かま館の右手に隣接する七夕ミュージアムでは七夕飾りを常設展示しています。

順路に沿って見て行きましょう。

鐘崎笹かま館

館内に入ると、いきなり目に飛び込んでくる七夕飾りたち。

あまりの美しさと壮大さに思わず、おぉ~! っと声を上げて見上げてしまいます。

鐘崎笹かま館展示されている七夕飾りは、七夕まつりで実際に飾られたもの。こちらは、2010年(平成22)の仙台七夕まつり金賞受賞作品です。

鐘崎笹かま館

こちらは未来の七夕飾りを意識してつくられた作品だそうです。中央に「未来」という漢字が組み込まれているのがわかるでしょうか。ぜひ見ていただきたい、筆者イチオシの七夕飾りです。

 

1階はここまで。次は2階に行ってみましょう。

七夕ミュージアムの2階へ

鐘崎笹かま館

七夕ミュージアムの2階は、藩政期や明治・大正時代の仙台七夕飾りを再現しています。

鐘崎笹かま館

七夕ミュージアムの2階はスロープになっています。少し薄暗くなっていますので、足下にご注意ください。

鐘崎笹かま館

藩政時代、最初に七夕まつりが始まった頃のパネルです。伊達政宗公が“子女の技芸”上達のために、七夕を奨励したといわれています。

笹の葉に、短冊や吹き流しなどが結ばれていますね。

鐘崎笹かま館

大正時代の様子です。この頃から商店街に七夕が飾られるようになったそう。仙台固有の七つの飾りも見られますね。

鐘崎笹かま館

1926年(昭和元)頃のパネルです。この華やか飾りとは裏腹に、当時の日本は不景気で世の中が不安定な状況でした。

そんな時だからこそ、地域を盛り上げて皆を元気づけようと「第1回全市七夕飾り付けコンクール」が行われ、以降は盛大で華やかな飾りが街を彩るようになります。

鐘崎笹かま館

こちらは1935年(昭和10)頃の七夕飾り。千羽鶴のような七夕飾りもありますね。この頃から観光として、仙台の七夕が取り上げられるようになったそうです。

鐘崎笹かま館

戦後、1955年(昭和30)頃の七夕祭り。飾りつけも配色も華やかになり、現在とほとんど変わらないように見えますね。昭和35年にはすでに170万人もの人出でにぎわっていたそうですよ。

鐘崎笹かま館

現在の七夕飾りです。時代を重ねるごとに、飾りの形も変化しているのが分かります。

鐘崎笹かま館

ぜひ見ていただきたいのが、ミュージアム2階から見る七夕飾り。かなり間近で見ることができます。

実際の七夕まつりでは見ることのできないアングルですね。

鐘崎笹かま館

このエリアでは、仙台七夕まつりの主な歴代ポスターが展示されています。昭和レトロなポスターが懐かしい雰囲気で良いですね。

 

「鐘崎総本店 笹かま館」と「七夕ミュージアム」の取材は以上です。

 

【鐘崎総本店 笹かま館の基本情報】

住所:

宮城県仙台市若林区鶴代町6-65

営業時間:

9:30~18:00

電話番号:

022-238-7170

店休日:

季節によって、営業時間の変更ならびに店休日あり。詳細は電話にてお問合せをお願いいたします。

入場料:

全館入場無料

アクセス:

【公共交通の場合】

仙台市地下鉄東西線「荒井駅」より市営バス「若林体育館・東部工場団地経由 鶴巻循環行き」もしくは「岡田・新浜行き」乗車-「卸町東五丁目北」バス停下車すぐ

【クルマの場合】

仙台東部道路「仙台東」ICより約5分

駐車場:

無料/28台

公式HP:

https://www.kanezaki.co.jp/shop/belle_factory/

おいしくて楽しい「鐘崎総本店 笹かま館」へ!

「ここでしか見られない」 「ここでしか体験できない」 「ここでしか味わえない」この3つがテーマの「鐘崎総本店 笹かま館」。まさにテーマに沿ったおいしくて楽しいアミューズメント・パークでした。

 

今回の取材では、笹かま館の皆様に大変お世話になりました。また訪問させていただきます。お忙しいところありがとうございました。

この記事を読んだ人におすすめ

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

鐘崎笹かま館
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

stingray
stingray

札幌出身で趣味はギター。前職の転勤で仙台に移り住み、気が付いたらもう30年になります。仙台は海の幸や山の幸も美味しく、とても暮らしやすい所です。そんな仙台の魅力を地元目線でお届けいたします。

GOGO MIYAGI! > 観光スポット > 「鐘崎総本店 笹かま館」手焼き体験や七夕飾りの展示など仙台の文化を体感しよう