ふれいあい牧場 蔵王ハートランド【午前】

出典:PIXTA(蔵王ハートランドで暮らすヤギ。リードで繋がれている)

およそ東京ドーム20個分の敷地をもつ、観光牧場「蔵王ハートランド」。

足元には緑の草原、背後には蔵王連峰の山々がそびえ、ロケーションが魅力的なスポットです。

 

しかも入場無料で、草原内にいるヤギやウサギ、ヒツジと触れ合えます。

またリードを付けていれば、愛犬の同伴もOK!

蔵王ハードランド ふれあい牧場の体験コーナー

撮影:編集部

動物たちの触れ合いだけでなく、牧場内にある体験館ではチーズやバター、ソーセージにアイスクリーム作りができるイベントを毎日実施しています。

各体験は1週間前までに予約が必要です。

 

参加費は500~1,500円ほど(体験するプログラムによって異なります)。

作ったものはその場で食べたり、持ち帰ることも可能です。

 

また敷地内には牧場のお土産ショップや焼き立てのパン&ケーキ店、蔵王チーズをメインに使う飲食店が5店舗あります。

軽食からレストラン並みの食事メニューもあるので、ランチをここでとるのもいいですね。

 

【蔵王ハートランドの基本情報】

所在地:

〒989-0916 蔵王町遠刈田温泉字七日原201

営業時間:

9:30~17:00(4月上旬~11月下旬)

※11月~3月までは冬期休業

料金:

無料

アクセス:

東北自動車道 白石I.Cもしくは村田I.Cから国道4号線、県道12号線を経由「蔵王エコーライン」方面へ向かい遠刈田温泉へ。国道457号線を「白石・七ヶ宿」方面で約35分

駐車場:

あり/無料/100台

蔵王ハートランドの公式HPはこちら

お昼はご当地グルメ「白石温麺」がオススメ!

白石うーめん

出典:PIXTA

白石の名物といえば、やはり白石温麺(しろいしうーめん)。

素麺(ソーメン)とは違って油を使用しておらず、ヘルシーで胃に優しいご当地グルメです。油で野菜を練りこんだ温麺だったり、クルミや醤油やゴマなどにつけて食べる温麺など、お店独自の味付けや食べ方があります。

 

温麺と名付けたのは、伊達政宗の右腕として名高い・片倉小十郎。

ひとりの青年が病で床に伏す父のために作った、という話を聞いた小十郎は感動し”温かい思いやりの心”と称えたことから”温麺”と名付けられたそうです。

白石城【午後~14時】

白石城 三階櫓

出典:PIXTA(白石城)

白石市のシンボル「白石城(しろいしじょう)」。

いつ築城されたかは明らかではありませんが、戦国時代はすでに伊達家の所領でした。

 

天正18年(1590年)の豊臣秀吉による”奥州仕置”により、一時は伊達家の手から離れたものの、関ヶ原の戦いを機に奪還。

以降は伊達政宗の腹心・片倉小十郎(景綱)が城主となり、およそ260年余り片倉家の居城でした。

白石城 天守閣からの眺め

撮影:編集部(天守三階からの眺望)

現在の白石城は20世紀に入り、復元されたものです。国内でも数少ない木造による復元で、数百年の歳月にも耐え得るといわれています。

 

天守の高さは、石垣天端(最上部)から約16.7m。戦後の木造復元天守閣のなかでは、高さ・広さともに日本最大級!

天守の3階からは白石城下を一望でき、天気のいい日には蔵王連峰まで見通せます。

 

【白石城の基本情報】

所在地:

〒989-0251 宮城県白石市益岡町1-16(益岡公園内)

営業時間:

[4~10月] 9:00~17:00

[11月~3月] 9:00~16:00

休館日:

12月28日~12月31日

入館料:

大人400円、子ども(小・中・高校生)200円、未就学児無料

アクセス:

蔵王ハートランドから国道457号経由で約30分

駐車場:

城下広場駐車場(白石市役所となり)、益岡公園駐車場(白石高等学校の向かい側)、その他周辺の駐車場

白石城の公式HPはこちら

片倉家中武家屋敷(旧小関家)【14~15時】

白石 武家屋敷

撮影:編集部

白石城城主・片倉家の家臣であった、小関家の屋敷です。

母屋、門、塀などすべて享保15年(1730)に建築されたもので、宮城県の指定文化財に登録されています。

旧小関家屋敷

撮影:編集部

母屋は囲炉裏のある茶の間に納戸、座敷を配した間取りです。

下級武士らの慎ましい暮らしを体現する簡素な造りで、素朴な和の雰囲気を感じられます。

 

【片倉家中武家屋敷の基本情報】

所在地:

〒989-0251 宮城県白石市西益岡町6-52

営業時間:

[4~10月] 9:00~17:00

[11月~3月] 9:00~16:00

休館日:

12月28日~12月31日

入館料:

大人200円、子ども(小・中・高校生)100円、未就学児無料

※白石城・ミュージアム・武家屋敷の共通券は大人800円、小人400円、未就学児無料

駐車場:

あり/無料/15台

片倉家中武家屋敷の公式HPはこちら

2日目、時間があれば寄りたい観光スポット3選【15時以降】

お土産をみたりしながら、白石市内を散策して過ごすのもいいですね。最後に余力と時間があったら、寄りたいスポットをご紹介します。

① ファン必見「小十郎プラザ」

小十郎プラザ

写真提供:白石市・蔵王町

JR東北本線「白石駅」前のロータリにある「小十郎プラザ」。片倉小十郎のオリジナルグッズなどを販売しています。

 

TVアニメ「戦国BASARA」に出演した声優さんのサイン集、関連グッズもあり、ファンにはたまらないスポット。

 

また店内にはフリーノートが設置されており、キャラクターのイラストを描き残すファンも多いとか。

「ファンが作るグッズコーナー」などもあり、商品だけでないファンを楽しませる要素も魅力的といえます。

 

【小十郎プラザの基本情報】

所在地:

〒989-0243 宮城県白石市字沢目64-15

営業時間:

10:00~18:00

休業日:

12月29日~1月3日

アクセス:

JR東北本線「白石駅」を出て左側(宮城交通のバス停留場)後ろ

駐車場:

なし(近隣の有料駐車場を利用)

小十郎プラザの詳細ページはこちら

② 神明社

神明神社 白石市

写真提供:白石市・蔵王町

白石城に隣接している「神明社(しんめいしゃ)」。

平安時代の大同2年(807)といわれ、朝廷の命で東北征討へ来た坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が、この地に神様を招き祀ったのがはじまりと伝えられています。

 

片倉小十郎だけでなく、奥州藤原氏三代目当主・藤原秀衡(ふじわらのひでのり)をはじめ、織田信長や豊臣秀吉にも重宝された武将・蒲生氏郷(がもううじさと)、上杉景勝(上杉謙信の養子)の家臣・甘糟備後清長など、武将から厚く信仰されていました。

 

しかし明治32年に発生した”白石大火の際、社殿末社はじめ附属の建物の大半が焼失。

翌年5月に現在の地(白石城二の丸跡)に本殿を、同39年に拝殿を造営し現在の姿となっています。

 

ご祭神は天照大御神。伊達政宗、片倉小十郎も合祀(いくつかの神や霊を合わせて祀ること)されています。

 

【神明社の基本情報】

所在地:

〒989-0251 宮城県白石市益岡町1-17

拝観時間:

24時間

休業日:

なし

アクセス:

<車>

東北自動車道 白石I.Cより約10分

白石城を目標にし、「旧白石高等学校」に向かう坂を上る

<電車>

・JR東北本線「白石駅」より徒歩10分
・JR東北新幹線「白石蔵王駅」より徒歩20分

駐車場:

なし(城下広場駐車場」もしくは「益岡公園駐車場」を利用)

神明社の公式HPはこちら

③ 白石城歴史探訪ミュージアム

白石城歴史探訪ミュージアム

写真提供:白石市・蔵王町

白石城のある「益岡公園」内にある、3階建てのミュージアムです。

1階はお土産・食事処で、白石城のお土産や、片倉小十郎のオリジナルグッズ、宮城県や白石市の名産品を販売。2階は歴史資料館となっており、白石城が復元される過程などを紹介しています。

 

3階には3Dハイビジョン・シアターがあり、白石城にまつわる三作の映像作品を上映。

片倉小十郎(景綱)の息子・片倉重長(かたくらしげなが)が登場する、大阪夏の陣の秘話、戊辰戦争下に白石城で結ばれた「奥羽越列藩同盟」の秘話など、歴史好きにはたまらないエピソードです。

 

上映時間は約30~40分、チケットの購入が必要です。シアター上演時間のスケジュールはこちら

 

白石城歴史探訪ミュージアムの基本情報

所在地:

〒989-0251 宮城県白石市益岡町1-16(益岡公園内)

営業時間:

[4~10月] 9:00~17:00

[11月~3月] 9:00~16:00

※2月28日~12月31日は休館日

休業日:

12月29日~1月3日

料金(シアター鑑賞券):

一般400円、小・中・高校生200円、未就学児は無料

※入館は無料です

アクセス:

白石城・益岡公園内にあり

駐車場:

なし(城下広場駐車場」もしくは「益岡公園駐車場」を利用)

白石城歴史探訪ミュージアムの公式HPはこちら

絶景、温泉、癒し、体験。白石・蔵王エリアで満喫しよう!

蔵王キツネ村のウサギ

撮影:編集部(蔵王のウサギ)

いかがでしたか? 宮城蔵王エリアの1泊2日モデルコースをご紹介しました。

自然豊かな蔵王エリア、そして伊達家の重臣・片倉家の足跡が残る白石エリア。

 

冬は蔵王の樹氷、春は白石川堤一目千本桜など、期間限定の観光スポットもあります。ぜひ四季折々の宮城蔵王をお楽しみください!

< 前のページ 3/3 次のページ >

関連するおすすめ記事

白石・蔵王に関するトピック

白石・蔵王 × 観光スポットもっと見る >
白石・蔵王 × 温泉・宿泊もっと見る >
白石・蔵王 × グルメ・お土産もっと見る >
白石・蔵王 × 歴史・人物もっと見る >
白石・蔵王 × イベント・祭事もっと見る >
白石・蔵王 × 体験・レジャーもっと見る >
白石・蔵王 × ライフ・生活もっと見る >