1度は訪れたい!『白石・蔵王』の観光スポットおすすめ13選

宮城県の白石市と宮城蔵王には数々の観光スポットが有り、名所の歴史巡りと、蔵王連峰の雄大な自然に囲まれた美しい景観を堪能することが出来ます!旅行時に1度は訪れて頂きたい『白石・蔵王』のおすすめ観光スポットをご紹介します。

アイキャッチ画像出典:PIXTA

白石・蔵王の魅力とは

白石城の画像

出典:PIXTA

白石市には、 伊達藩の戦国武将・片倉小十郎の居城であった『白石城』があり、城北には川に面した武家屋敷が並び、昔ながらの風情ある雰囲気を今にも伝えています。

また、白石市の周辺には湯量豊かな温泉郷と雄大な蔵王連峰に囲まれた景勝地 “お釜” を代表とする観光スポットが沢山あり、四季を通して歴史ロマンと豊かな自然を満喫できます。

春の白石城の画像
出典:PIXTA

春には桜が満開! 4月中旬頃に見頃を迎え、約400本の桜の中にそびえ立つ城は、古式豊かな趣があります。

夏の白石・蔵王
出典:PIXTA

蔵王観光のハイライトは、何と言っても蔵王連峰の火口湖『お釜』です!
夏のお釜は雄大な景色に、青い空と白い雲の素晴らしいコントラストを楽しむことができます!

秋には紅葉の名所として人気がある蔵王連峰。雄大な山の彩りを見ながら紅葉ドライブを楽しむことができます! 標高が高く、山頂付近の紅葉が終わっても、山麓まで1ヵ月位かけてゆっくり紅葉が降りてくるので、山全体で紅葉を長く楽しめるのが特徴で、紅葉の最盛期には大自然の彩りと紅葉の大パノラマが観賞できます!

冬の白石・蔵王

出典:PIXTA

寒い季節こそ温泉の温もりが嬉しい! 宮城蔵王東山麓にある『遠刈田温泉』や蔵王山麓の高原にある『青根温泉』は、趣のある温泉旅館がある伝統の湯処として愛されてきた温泉郷。蔵王観光を巡りながら日帰り温泉も楽しめます。

駅周辺の観光スポット

白石蔵王駅は、東京から東北新幹線で約2時間の宮城蔵王の玄関口です。発着駅の白石市は名所・旧跡も多く点在し市内には川も流れ、静かな城下町らしい趣があります。

白石城

白石城

出典:PIXTA

白石城の片倉鉄砲隊火縄銃演武

出典:PIXTA

白石城は、伊達藩『伊達政宗』の南の要衝として伊達家の重臣・片倉小十郎景綱の居城となりました。

平成7年に天守閣と大手一ノ門・大手ニノ門が原型に近い形で忠実に復元され、全国でも珍しい木造の天守閣として知られています。

白石城では『春の桜まつり』から『大晦日の除夜の金を鳴らす会』まで年間を通してさまざまなイベントが沢山あります。

住所:〒989-0251 宮城県白石市益岡町1-16

電話番号:0224-24-3030(白石城管理事務所)

営業時間:4月~10月(9:00~17:00)/11~3月(9:00~16:00)

入館料:一般400円/小学・中学・高校生200円

駅からのアクセス:JR東北本線 白石駅から徒歩で約15分。東北新幹線 白石蔵王駅から徒歩で約30分です。

白石城歴史探検ミュージアム

白石城歴史探検ミュージアム

白石城歴史探検ミュージアム

探検ミュージアムの施設は、白石城のある益岡公園にあり1階には白石の地場産品とお土産の売店やレストラン。2階には白石城と周辺の城下町を復元した500分の1の模型や片倉家ゆかりの甲冑・刀剣・火縄銃などを展示している歴史ミュージアムです。

住所:〒989-0251 宮城県白石市益岡町1-16(益岡公園内)

電話番号:0224-24-3030(白石城管理事務所)

営業時間:4月~10月(9:00~17:00)/11~3月(9:00~16:00)

入館料:3階立体シアター上映鑑賞料~一般400円/小学・中学・高校生200円

駅からのアクセス:JR東北本線 白石駅から徒歩約15分。東北新幹線 白石蔵王駅から徒歩で約30分です。

武家屋敷

武家屋敷

武家屋敷

白石城の北側、沢端川に面した閑静な住宅街の一角に片倉家の奥方用人として仕えた旧小関家があります。
旧小関家は享保15年(1730)に建てられ母屋の屋根は茅葺きの寄棟造りで、茶の間と納戸、座敷を配した簡素な間取りの武家屋敷です。

住所:〒989-0251 宮城県白石市西益岡町6-52

電話番号:0224-24-3030(白石城管理事務所)

営業時間:4月~10月(9:00~17:00)/11~3月(9:00~16:00)

入館料:一般200円/小学・中学・高校100円

駅からのアクセス:JR東北本線 白石駅から徒歩で約15分。東北新幹線 白石蔵王駅から徒歩で約40分です。

神石白石

神石白石
神石白石

白石城と三の丸外堀にあたる川の中間に、古くから『白石』の地名の由来となったといわれる石があり、石の直径は1.05mと大きく、神様の宿る石のひとつとして考えられています。

現在では白石市の “縁結びスポット” として有名です。

住所:〒989-0251 宮城県白石市沢端町4

電話番号:0224-26-2042(白石市観光案内所)

※見学無料

駅からのアクセス:JR東北本線 白石駅から徒歩約10分。東北新幹線 白石蔵王駅から徒歩で約30分です。

片倉家御廟所

片倉家御廟所

片倉家御廟所

片倉家代々の城主の墓所は、白石城の見える福岡蔵本の愛宕山石畳を敷いた床面の上にあり10体の大きな石像と1基の墓碑が、杉の老樹がうっそうと茂る中に苔むした花崗岩の玉垣の内に整然と並んでいます。

住所:宮城県白石市福岡蔵本字愛宕山

※見学無料

駅からのアクセス:JR東北本線 白石駅から徒歩約20分。東北新幹線 白石蔵王駅から徒歩で約50分です。

田村清顕公の墓

田村清顕公の墓

片倉家御廟所のある愛宕山の一角に、仙台藩主伊達政宗公の正室愛姫(めごひめ)の父である三春城主田村清顕公をはじめとする田村家の墓所があります。

また阿菖蒲姫の墓のそばには名の刻まれていない、父真田信繁公のものと伝わる墓碑が並んでいます。

住所:宮城県白石市福岡蔵本字愛宕山

※見学無料

駅からのアクセス:JR東北本線 白石駅から徒歩約20分。東北新幹線 白石蔵王駅から徒歩で約50分です。

車で1時間程度の観光スポット

白石駅は宮城蔵王の玄関口として、自然あふれる蔵王観光の拠点ともなります。駅から車を利用して、1持間程度で訪れることができる観光スポットを紹介します。

お釜

お釜
出典:PIXTA
お釜
出典:PIXTA

蔵王観光の名所、蔵王連峰の火口湖『お釜』。熊野岳・刈田岳・五色岳の “蔵王三峰” を抱え、その名の通り釜状の形をした周囲約1kmの火口湖で、神秘的な湖水の色は五色沼とも呼ばれ、季節や見る位置によってかわるのが魅力のひとつです。

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉倉石岳国有林地内

電話番号: 0224-34-4001
営業時間:4月21日~11月5日/11月6日~冬期閉鎖
駅からのアクセス:国道457号線から蔵王エコーラインを進み、蔵王ハイラインへと走り、約1時間ほど到着します。
(蔵王ハイラインは有料道路です。普通車:540円/2輪車:380円の料金がかかります。)

みやぎ蔵王キツネ村

蔵王キツネ村
出典:PIXTA
蔵王キツネ村
出典:PIXTA

宮城県白石市にある動物園で、自然溢れる園内ではたくさんのキツネが放し飼いにされています。
走りまわり遊ぶキツネや、お昼寝をしてるキツネなど可愛い姿を間近で見ることができる施設です。

住所:宮城県白石市福岡八宮字川原子11-3
電話番号: 0224-24-8812
営業時間:通常期(3/16~11/30)9:00~17:00/冬季(12/1~3/15)9:00~16:00
入園料:大人1000円(中学生以上)/子供:無料(小学生以下)
駅からのアクセス:国道4号線を国見方面へ約4km走行、県道254号線を進み、約30分ほどで到着します。

みやぎ蔵王こけし館

みやぎ蔵王こけし館
撮影:編集部
みやぎ蔵王こけし館のこけしの画像
撮影:編集部

みやぎ蔵王こけし館は、周りの自然と調和した2階建てのモダンな建物。1階展示コーナーには、全国の伝統こけしと木地玩具を系統別にわかりやすく展示してあり、様々なこけしの表情を見ることができます。

その他にも、こけし工人がロクロを回しこけしを作る『実演コーナー』や販売コーナー、白木地にこけしの絵付けができる体験コーナー(絵付け教室)があり、 “自分だけのオリジナルこけし” を作ることができます。

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字新地西裏山36番地135
電話番号: 0224-34-2385
営業時間:9:00~17:00(最終入館:16:30)/(年末年始)12月29日から翌年1月3日まで(最終入館:15:00)
入園料:大人:300円/子供:150円(小・中学生)/未就学児は無料。
駅からのアクセス:国道457号線を進み、約35分ほどで到着します。

蔵王ハートランド(蔵王酪農センター)

蔵王酪農センターの画像
出典:PIXTA
チーズ料理の画像
出典:PIXTA

蔵王酪農センターは宮城蔵王連峰の裾にあり、広さは東京ドーム20個分の広さがあります! 約100haの広大な敷地には、動物たちとのふれあいができる施設や、色々な施設が揃った酪農の総合センターがあります。
取れたての新鮮な牛乳で 手作りチーズの体験や、グルメなど様々なアミューズメントが用意されており、家族連れでもカップルでも楽しめる観光スポットです。

住所:宮城県刈田郡蔵王町遠刈田温泉字七日原251-4
電話番号:0224-34-3311
営業時間:チーズ工場:9:00~17:00
手づくり体験館:9:30~17:00(その他施設ごとに異なります。)
蔵王ハートランド:9:30~17:00(12月~3月下旬までは冬期休業)
※入園料無料
駅からのアクセス:国道457号線を進み、約35分ほどで到着します。

スパッシュランド

スパッシュランド

スパッシュランド

スパッシュランド白石は、60平方メートルの岩作りの風呂とプール場が併設された湯と水の遊び場施設。幅17mの50mプールは自動審判計時システムを導入した本格的なスイミングプールになっています。

また、子供用プールや全長40mのウォータースライダーも完備し、水着着用で男女共浴型のバーデゾーンには、泡湯・打たせ湯・サウナ・ジェットバス・ミストルームなど数多くの施設が設置されています。

住所:宮城県白石市小原西川久保18
電話番号:0224-29-2326
営業時間:10:00~20:00

定休日:水曜(祝日の場合翌日)/12月28日~31日
料金:【プール】中学生以上:720円/小学生以上:410円/3歳以上:200円
【岩風呂】中学生以上:610円/小学生以上:410円/3歳以上:200円

【プール+岩風呂+バーデゾーン】中学生以上:1,440円/小学生以上:920円/3歳以上:510円

駅からのアクセス:国道113号線を進み、約20分ほどで到着します。

材木岩

材木岩

材木岩

七ヶ宿ダムの下流に、水と渓谷の岩をテーマとした『水と石との語らいの公園』が設置され、目の前は国の天然記念物である高さ約65m、幅約100mの『材木岩』が一望でき、自然の造形美そのものを目の当たりに鑑賞できます。

住所 :白石市小原字上台地内
駅からのアクセス:国道113号線を進み、約30分ほどで到着します。

滑津大滝・小滝

滑津大滝

高さ約10m、幅約30mの豪快な滝で川幅いっぱいに流れ落ちる水量の豊かなこの滑津大滝は、『二階滝』とも呼ばれ、独特の形で見る人を圧倒します。散策道から眺める滝の轟々という水音と、まるで生き物のような水しぶきは迫力があります。

住所:宮城県刈田郡七ヶ宿町滑津
公開日:4月から11月末まで
駅からのアクセス:国道113号線を進み、約40分ほどで到着します。

見どころいっぱい!『白石・蔵王』の観光スポットに行ってみよう!

白石・蔵王の観光スポット

宮城県白石と宮城蔵王エリアには、数々の名所と観光スポットがあり名所を巡りながら歴史ロマンにふれ、温泉や蔵王の雄大な自然と景観を堪能できます。1度は訪れたい!『白石・蔵王』の観光スポットに行ってみよう!

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード