【車なし】作並温泉と周辺の観光スポット巡り~1泊2日~

仙台の奥座敷「作並温泉」とその周辺を観光する、1泊2日のモデルコースをご案内。今回は車がない人向け。徒歩とバスで回るプランを考え、実際に行ってきました。観光スポットの紹介はもちろん、ご当地グルメやランチ、市営バス事情もご紹介します。

アイキャッチ画像出典:撮影 筆者
記事中画像:撮影 筆者

作並温泉ってどんなところ?

作並温泉 入口

今回レポートするのは、仙台市街から電車・車で約40~50分ほど。”仙台の奥座敷”といわれる作並温泉(さくなみおんせん)です。

 

国道48号線沿いに連なる湯宿の脇には広瀬川が流れ、周囲は緑の山々に囲まれています。都会の喧騒から離れられる、自然豊かな温泉郷です。

かの文化人らも愛した「美女づくりの湯」

作並温泉郷と一の坊

作並温泉は寛政8(1796)年の開湯から、数々の文化人が訪れていたことで知られています。

 

明治の俳人・歌人である正岡子規や、『荒城の月』の作詞で有名な詩人・土井晩翠、「太陽の塔」で有名な画家・岡本太郎なども足を運び、文化人とゆかりも深い温泉郷なのです。

 

肌に優しい泉質と豊富な湯量から「美女づくりの湯」ともいわれており、実際に浸かった筆者のお肌もモチモチスベスベになりました。

恋人の聖地でもあるパワースポット

作並温泉 恋人の聖地

そんな作並温泉ですが、なんと宮城県で初めて”恋人の聖地”に選定されました。縁結びの神「湯神神社」や「作並温泉 恋のお湯かけ地蔵」など、良縁の御利益が期待できるかも……?

恋人の聖地とは?

全国の観光地域の中からプロポーズにふさわしいロマンティックなスポットを「恋人の聖地」として選定(出典:NPO法人地域活性化支援センター

 

今回はそんな作並温泉と周辺の観光スポットを、1泊2日で巡るモデルコースをご紹介。バスと徒歩で回ります。

【1日目】JR仙台駅西口→浄土宗 極楽山西方寺へ

仙台駅 バスターミナル

出発はLR仙台駅の西口から。バスターミナル10番より「定義行き」へ乗車します。その後、終点「定義」で下車。ここまで1時間15分ほどの、長いバス旅になるので注意してください!

 

仙台まるごとパスは使えます。運賃は仙台→定義まで、1,140円(2019年9月6日現在)です。

西方寺 商店街

バス停を降り、5~7分ほど歩くと立派な山門が見えてきます。ここが境内への入口です。

一生に一度の願いが叶う「大本堂」

西方寺 大本堂

西方寺へ訪れたら、ぜひ足を運んでほしいのがご本尊の定義阿弥陀如来が祀られている「大本堂」です。一生に一度の願いが叶うといわれ、昔から参拝者が絶えないのだとか。

 

大本堂では毎日ご祈祷が行われており、予約不要で参加できます。ご祈祷を希望する場合は、祈祷時間の15分前までに寺務所へ受付を済ましてください。詳細はこちら

西方寺のシンボル「五重塔」へ!

五重塔の正面

大本堂から歩くこと、2~3分。木々が生い茂る参道を進んでいくと、突然ぱっと視界が開きます。そして目の前に現れる五重塔。

 

平貞能公のご供養と、人類の恒久平和を祈念するシンボルとして静かに佇んでいます。山奥にこんな立派な建物があるとは……驚きました。

西方寺 ケヤキの木

ご紹介した大本堂や五重塔以外にも、縁結びのご神木や、平家の落人平貞能公(たいらのさだよし)の御廟など、見どころはたくさんあります。

 

実際に行った体験レポート記事もあるので、参考にどうぞ!

 

【基本情報】

住所:仙台市青葉区大倉字上下1
一般参拝:7:00~17:00
祈祷受付:8:00~15:30(日曜・祝日7:30~15:30)※冬期は変更あり
拝観料:無料

公式HPはこちら

「正義とうふ店」で名物・三角あぶらあげを堪能!

定義とうふ店

バス停への帰り道にある、「正義どうふ店」はぜひ立ち寄っていただきたいところ。明治23年に創業し、およそ120年以上の歴史を誇るお豆腐店です。

三角定義のあぶらあげ

名物は、創業当初から変わらない「三角油揚げ」。揚げたての唐揚げのように外はカリッカリッ、中は肉厚ジューシィーで、この1枚だけで、お腹はかなり満たされます。

 

【基本情報】

住所:仙台市青葉区大倉字下道1-2

営業時間:8:00〜17:00

定休日:不定期
公式HPはこちら

【1日目】浄土宗 極楽山西方寺→作並温泉へ

定義→熊ヶ根橋(乗り換え)→作並温泉入口下車

バス停「定義」まで戻り、いよいよ作並温泉に向かいます。

 

が……!!

 

仙台市営バス 乗り換え案内

定義から作並温泉まで、バスでおよそ1時間18分。しかもその内1時間は、乗り換えバスの待ち時間という事実に気が付きました。

 

ほかにルートもないようなので、諦めて待つことにしました。バス運賃は定義→作並温泉で990円(9月6日現在)です。

熊ヶ根橋 横断歩道

「熊ヶ根橋」で下車してから、真っすぐ歩いていくと「定義如来参道同入口」と書かれた白い立て看板がみえてきます。

 

写真手前の横断歩道ではなく、車道を挟んだ向こう側へ渡りましょう(横断歩道あります)。

定義如来登山道入口

渡り終えたら、正面右へ進みます。すると赤いバス停の看板がみえてきます。

 

反対側にも同じようなバス停の看板がありますが、仙台駅方面に向かうバスなので間違いです。

熊ヶ根橋 バス乗り場

着きました。ここからバスだと10分ほどで「作並温泉入口」に着きます。徒歩でいけるのでは? とGoogleマップで調べてみるたところ、約1時間45分かかることが判明し諦めました。

 

バス停から徒歩10分圏内にセブンイレブンや、JR仙山線「熊ケ根駅」があります。

無料の足湯にオシャレカフェ!観光交流館「ラサンタ」

作並 観光交流館 ラサンタ

バスに乗りこみ、JR作並駅より先にある「作並温泉入口」で下車します。この周辺にはホテルや宿が集中しており、筆者が滞在する宿もバス停から徒歩2~3分のところにありました。

 

宿に荷物を置いてから、作並温泉を散策しに出かけます。はじめに見つけたのは、観光交流館「ラサンタ」。施設内には源泉かけ流しの足湯(無料)があるほか、地元農家の野菜や土産物などを販売しています。

ラサンタに併設されたカフェ

「アルベロカフェ」という、オシャレなカフェもありました。窯焼きピッツァや、新鮮野菜を使ったサンドイッチなどの軽食、デザートなどが頼めるようです。

 

しかもすべてテイクアウト可能のだとか。この日はラストオーダーが過ぎてしまっていたので断念。

 

【営業時間】11:30~16:00(ラストオーダー15:30)

【定休日】木・金曜日 ※冬期間(12月~2月)は休業。

【アクセス】仙台市営バス 「作並温泉仲町駅」下車すぐ

【駐車場】あり

詳細はこちら


作並温泉 道路

ラサンタを後にし、再び山形方面へ歩きはじめます。日が傾きはじめ、周囲が暗くなりはじめてきました。

 

正面にみえる「鷹泉閣 岩松旅館」は作並温泉内で最も歴史の古い湯宿。正岡子規をはじめ、多くの文化人が疲れを癒した場所だそうです。

穴場なパワースポット!?「湯神神社」を参拝

湯神温泉

「鷹泉閣 岩松旅館」のお湯の神様でもあり、土地の守護神、商売繁盛の神として代々祀られているのが、こちらの「湯神神社」。旅館の向かい側にあります。

 

また白ヘビも奉っており、縁結びや子宝、無病息災のご利益があるといわれています。

湯神神社 お地蔵さま

こちらは境内にある「恋のお湯かけ地蔵」。ほかにも7体の恋のお湯かけ地蔵があり、湯神神社のほかにラサンタと※5つの旅館に設置されています。

 

お地蔵様に「恋のお湯かけ小瓶」のお湯をかけると、恋愛にご利益があるそうです。「恋のお湯かけ小瓶」は5つの旅館で購入できます。

 

※La楽リゾートHotelグリーングリーン、湯の原ホテル、鷹泉閣 岩松旅館、ゆづくしSalon一の坊、かたくりの宿

 

【基本情報】
アクセス:バス停「作並温泉元湯」下車徒歩すぐ

150年の歴史!作並こけしが手に入る「平賀こけし店」

平賀こけし店

およそ150年もの歴史がある”作並こけし”を製造・販売しているのが、「平賀こけし店」です。

 

政宗・愛姫こけしや、サンタクロースこけし、ミニこけしなど、様々なこけしが置かれています。

 

【営業時間】7:00~19:00

【休日】年末年始・不定休

公式HPはこちら

清流・広瀬川を眺める

作並 回文の里 橋

平賀こけし店の目の前には、回文の里と書かれた橋がかかっています。

作並温泉 回文碑

碑文がポツンと立っていました。江戸~明治にかけて活躍した回分師・仙台庵(勘左衛門)の回文碑で、作並をめでで詠んだものが刻まれています。

作並温泉 広瀬川

橋の下には流れているのは、作並温泉を縦断する広瀬川。底がみえるほど川の水は透き通っています。

【2日目】湯宿→「鳳鳴四十八滝」へ

インスタ映え間違いなしの絶景!

鳳鳴四十八の滝 入口

2日目は作並温泉周辺を巡ります。作並の温泉で肌がしっとりモチモチになったところで、さっそく鳳鳴四十八滝を目指します!

 

まずはバス停「作並温泉入口」から仙台駅前行きのバスに乗りおよそ8分、「鳳鳴四十八滝入口」で下車します。大きな看板と駐車場があるのでわかりやすいです。

鳳鳴四十八の滝 蕎麦屋

駐車場には食事処もありました。「どうだんの里」というお蕎麦屋さんみたいです。

【営業時間】11:30~16:00

【定休日】火曜日

鳳鳴四十八の滝 入口

鳳鳴四十八滝の入口です。右側にある小さな看板が目印。お蕎麦屋さんを正面にし、左側にあります。

鳳鳴四十八の滝  案内図

道なりに進むと、観光案内の看板が現れます。撮影スポットは2ヶ所ありますが、滝がよく見えるのは奥の方です。

鳳鳴四十八の滝 遊歩道

看板を正面にし、右の道を進みます。

鳳鳴四十八の滝 分岐点

徒歩2分くらいで、分岐点に出ます。左も撮影スポットになっていますが、右の方が滝がよくみえます。

鳳鳴四十八の滝  お堂

謎の石柱の右脇を通り抜けると……

鳳鳴四十八の滝 撮影スポット

滝がよく見える撮影スポットに到着します。柵の方へ近づいて見ると……

鳳鳴四十八の滝

滝が見えました。写真はズームなしで撮影したものです。

 

巨大な階段状の岩場を大小さまざまな滝が落ちおり、それらを鳳鳴四十八滝(ほうめいしじゅうのたき)と呼んでいます。

鳳鳴四十八の滝

由来は、滝から響く水音が「鳳凰」の鳴き声に似ていることから名付けられたそう。

 

駐車場から5分もかからず、このような美しい滝が見られます。紅葉の時期に狙ってみるのもいいですね。

 

ちなみにもう1つの撮影スポットを方は……。

鳳鳴四十八滝 撮影スポットからみた滝

ご覧の通り、草で視界が遮られよく見えません。葉の少ない冬であれば、よく見えるのかもしれませんね。

 

【基本情報】

所在地:青葉区作並字棒目木

アクセス:バス停「作並温泉元湯」から仙台駅前行乗車、「鳳鳴四十八滝入口」下車すぐ

【2日目】鳳鳴四十八滝→レコパン・ドゥ・カンパーニュ

国道48号線

鳳鳴四十八滝を出て、次は「ニッカウヰスキー仙台工場」を目指して歩きます。

 

とその前に、早めにランチを取ろうと思い国道48号線沿いにあるカフェ「レコパン・ドゥ・カンパーニュ」に寄ることにしました。

国道48号線と広瀬川

鳳鳴四十八滝から8分ほど歩きますが、その道中には渓谷を流れる広瀬川があったり、

鎌倉山

岩肌がゴリラの顔に似ていることからゴリラ山とも呼ばれる、鎌倉山が見えたりします。

レコパン・ドゥ・カンパーニュ

レコパン・ドゥ・カンパーニュに到着しました! ログハウスの建物で、店内もシックで落ち着きのある雰囲気でした。

ハンバーグセット

筆者が頼んだのはハンバーグプレート。カットすると、断面から肉汁がじわぁ~と溢れてきます。トマトソースがさっぱりめなので、重くなりすぎず絶妙なバランスを発揮していました。

 

【基本情報】
住所:宮城県仙台市青葉区作並川崎17-1
営業時間:11:00~17:00
定休日:水、木、金曜日
アクセス:鳳鳴四十八滝から徒歩約8分

【2日目】レコパン・ドゥ・カンパーニュ→ニッカウヰスキー仙台工場(宮城峡蒸留所)

ニッカウヰスキー 仙台工場

お腹をしっかり満たしたところで、次の目的地「ニッカウヰスキー仙台工場(宮城峡蒸溜所)」を目指します。

 

レコパン・ドゥ・カンパーニュから、徒歩で約20分。※レコパン・ドゥ・カンパーニュの傍にバス停があるため、時間を上手く合わせればバスでの移動もあり◎

ニッカウヰスキー仙台工場

ニッカウヰスキーといえば、創業者である竹鶴政孝の生涯を描いた、NHK朝の連続テレビ小説『マッサン』が放映され話題になりましたね。

 

ここニッカウヰスキー仙台工場では、無料で参加できる工場見学が行われています。所要時間は60~70分ほど。

 

ガイドさんと一緒に工場を回りながら、ウイスキーの製造工程やニッカウヰスキーの歴史をについて学べます。

ニッカウヰスキー

見学の最後には、ウイスキーの試飲もできます(ソフトドリンクもあり)。当日受付も可能ですが、事前にインターネットないし電話で予約しておくのがおすすめ。見学の予約・詳細はこちら

 

【基本情報】
住所:〒989-3433 宮城県仙台市青葉区ニッカ1番地
見学案内時間:(午前)9:00~11:30、(午後)12:30~15:30
見学所要時間 約70分(見学、酒類の試飲等)
休業日:8月23日(金)、12月24日(火)~1月7日(火)
アクセス:鳳鳴四十八滝から徒歩約8分

※土・日・祝日は、JR作並駅から宮城峡蒸溜所行きのシャトルバス有。時刻表はこちら

公式HPはこちら

【番外】ディープなスポット「岩谷堂 穴薬師」

穴薬師への道

最後にちょっとしたディープスポットをご紹介。ニッカウヰスキー仙台工場から徒歩20分ほどの場所にある、「岩谷堂 穴薬師」です。険しい岩壁に掘られた洞窟群があり、中には社殿が埋め込まれているそう。

 

さっそく向かってみることに! ニッカウヰスキー仙台工場の脇道を真っすぐ進んでいきます。

穴薬師への分岐点

5分ほど歩くと、写真のような分岐点が現れます。看板の案内に沿って右へ進むと……。

穴薬師へ続く畦道

景色が一変し、のどかな田舎風景が広がっています。そのまま15分ほど道なりに進んでいくと……

穴薬師

穴薬師の入口に辿りつきました。場所を示す標識はなく、手前に石碑はあるものの擦れて読めず……。本当にここなのか? Googleマップを頼りに歩いてきた筆者に不安がよぎります。

穴薬師 階段

とりあえず階段を上ってみます。あまり訪れる人がいないのか、階段はガタガタ。

穴薬師 看板

「穴薬師」と書かれた立てかけがありました。どうやらここえで間違いないようです。

穴薬師 登山道

この裏手には写真のような登山道があり、このさきに岩窟群があるみたいです。

 

……が、行く手にクモの巣が横断、さらに「熊出没注意」の看板に腰が引けた筆者は、ここで入口で引き返してしまいました(周囲に人はいませんでした)。

 

詳細はこちらをご確認ください。

 

【基本情報】
アクセス:ニッカウヰスキー仙台工場から徒歩20分

作並温泉に行くなら、断然車がいい!

西方寺 五重塔

今回はバスと徒歩で作並温泉周辺を回りましたが、移動に時間とお金を費やすことになりました。

 

車であれば西方寺までは約50分前後、西方寺から作並温泉まで約25分前後で着きます。電車もバスと同じように1時間に1本ですので、やはり車での観光がおすすめです!

 

 

 

このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード

GOGO MIYAGI 編集部
GOGO MIYAGI 編集部

GOGO MIYAGI!運営&記事編集担当。マグロとすんだ餅が好物。宮城にある神社や仏閣、景勝地、B級スポットの発掘に日々没頭中。読者の皆様にわかりやすく、ためになるような記事製作を心掛けています。