四季の美しい姿が見れる『蔵王エコーライン』爽快な見どころとは

「蔵王エコーライン」は、蔵王連峰を東西に横断し宮城県と山形県にまたがる山岳道路で、蔵王一の観光名所「お釜」へと続く絶景のドライブコースです。
蔵王連峰の雄大な自然と、美しい四季の彩りが楽しめる爽快なワインディングロードの見どころを紹介します!

アイキャッチ画像出典:PIXTA

蔵王エコーラインについて

蔵王エコーラインの画像

出典:PIXTA

蔵王エコーラインは、南蔵王のふもとにある遠刈田温泉から山形県の坊平高原までを結ぶ、全長約26kmの山岳観光道路。山岳ドライブウエイならではのカーブやアップダウンも多く、運転好きにはたまらない道路であり、眼下に蔵王連峰の雄大な景色を眺めながら爽快なドライブを楽しむことができます。

初夏には開通式がある

蔵王エコーライン開通式の画像

例年の4月末には冬季に閉鎖されていた「蔵王エコーライン」の開通式と蔵王連峰の「夏山開き」を同時に行い、登山者の安全とエコーライン通行者の交通安全を祈願します。

開通式が終われば待ちに待った爽快なドライブのシーズンとなります。

自転車競技も行われる

蔵王エコーラインのヒルクライムの画像

出典:PIXTA

例年5月には自転車ロードレース『日本の蔵王ヒルクライム・エコ』が開催されます。ロードレースは雪の壁がそびえ立つ、蔵王エコーライン・蔵王ハイラインを舞台に、全距離18.7km、平均斜度:7.1%、標高差1.334mを自転車で駆け登ります。

普段自転車では走行できないルートなので、毎年多くの参加者がエントリーします。

※競技当日に、「蔵王エコーライン・蔵王ハイライン」宮城県側が通行止めになる時間帯があります。

蔵王エコーラインの見どころ

冬は標高が高く積雪量が多い為、例年11月初旬~4月下旬まで道路が閉鎖されますが、春の開通式から5月中旬頃までは残雪の雪の回廊ドライブ、夏にはオゾンたっぷりの新緑ドライブ、そして9月下旬の蔵王連峰が秋色に染まる紅葉時期には色とりどりの紅葉ドライブが楽しめ、立ち寄りたい観光スポットも沢山あります。

春の絶景!雪の回廊

蔵王エコーラインの雪の回廊の画像

出典:PIXTA

4月末の開通に伴い蔵王エコーラインも春の目覚めとなり、通行が可能です。残雪の蔵王連峰をバックに、圧巻の10m以上の雪の回廊ドライブは爽快です!

初夏の新緑

蔵王エコーラインの新緑の画像

出典:PIXTA

6月から初夏にかけて目にも眩しい新緑が広がり、車窓を開ければマイナスイオンたっぷりの森林浴気分の快適ドライブが楽しめます。

秋の絶景と紅葉

蔵王エコーラインの紅葉の画像

出典:PIXTA

9月下旬から10月中旬まで、蔵王連峰もあでやかな紅葉シーズンとなり赤や黄色に燃える紅葉ドライブが楽しめます。

(蔵王エコーラインと蔵王ハイラインは、紅葉シーズンに渋滞が発生する場合があるので時間に余裕をもって通行したほうがよいです)

さまざまな展望ポイントがある!

ドライブの途中には絶景の展望ポイントもあり、車を止めて景色を楽しむことができます。
滝見台
蔵王エコーラインの滝見台の画像

滝見台は日本の滝百選に選定されている『三階滝(落差181メートル)』と『不動滝(落差53.5メートル)』が眺望できる人気スポットです。

深い山の中にあるので季節ごとに変化のあるコントラストで眺めることができます。

賽の磧

蔵王エコーラインの賽の磧の画像

賽の磧は刈田岳の東の裾、標高1300m付近の高原で度重なる噴火により火山岩と火山礫が堆積し、樹木のない荒涼とした岩原が広がっています。

エコーラインに訪れた方の感想

蔵王エコーラインにを訪れた方々の、感想を一部ではありますが、紹介します。

春から秋にかけてのドライブに最適です。春は春なりに、秋は紅葉が綺麗な場所で、結構混雑しています。デートなどにもオススメです!
(出典:じゃらん

山形と宮城を結ぶ蔵王エコーラインへお釜を観光するために通りました。晴れた日は眺めがよい場所で、6月でもまだ雪が残っているところがありました。登山してる方もおおいですね。
(出典:じゃらん

高速道路とはまた違った山の道。山道ドライブが好きな方におすすめです。冬期は雪のため通行止めになります。また、夏も霧が濃くなる場合がありますので通行の際は気を付けてください!
(出典:じゃらん

仙台から山形への移動の際に観光込みで通りました。途中には幾つか絶景ポイントがあるので、立ち寄りながら景色を楽しむのがいいかと。
(出典:じゃらん

お天気が良い日や紅葉の時期など、ドライブには最適なコースです。自然がたっぷり感じられてとても気持ちよいです。御釜に行くために通りましたが景色も最高でした
(出典:じゃらん

蔵王へと向かうエコーラインですが、風景がとても良いと思います。
自然が豊かであり、仙台のような都会から比べると木々のやすらぎが心をうちます
(出典:じゃらん

蔵王エコーラインの基本情報

蔵王エコーラインの画像

山岳観光道路『蔵王エコーライン』の基本情報を紹介します。

アクセス


東北道白石ICより、国道4号線を福島・伊達方面へ約2km、国道457線を蔵王方面へ走行し、遠刈田温泉を抜けると、右側に大きな鳥居が見え、エコーラインの入り口です。

白石ICからの所要時間は、約30分ほどです。

料金

通行は無料です。(道路凍結の為、夜間通行止の場合があります)

通行止め期間

蔵王エコーラインの通行止めの画像

出典:PIXTA

11月上旬~翌4月下旬までは、冬季間降雪のため閉鎖となります。

爽快なドライブコースで蔵王の自然を満喫しよう!

蔵王エコーラインの画像

出典:PIXTA

蔵王エコーラインは、季節ごとに美しく姿を変える蔵王連峰の景色を見ながら、爽快なドライブを楽しむ事ができます。絶景スポットを巡りながら蔵王ハイラインを利用して刈田岳山頂まで行けば、五色岳の火口湖である『お釜』の神秘的な姿も見ることができます。蔵王エコーラインのドライブコースで、雄大な蔵王の自然を満喫しよう!!

蔵王の紅葉のエコーラインの画像
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連する記事

この記事のキーワード