GOGO MIYAGI! > アウトドア > 「大亀山森林公園」で遊ぼう!子連れで楽しめるレジャースポット

「大亀山森林公園」で遊ぼう!子連れで楽しめるレジャースポット

富谷市にある「大亀山森林公園」は、山の頂に築かれた自然豊かな公園です。小さな子供から大人まで楽しめる多彩なアスレチック、芝生のゲレンデ、無料で利用できるバーベキュー広場、絶景の展望台など、友人同士、ファミリーにピッタリの遊び場です。

アイキャッチ出典:撮影 筆者
記事中画像:撮影 筆者

大人も楽しめる「大亀山森林公園」へ行こう!

今回はしんまち通りから東へ車で走ること約10分、「大亀山森林公園(おおかめやましんりんこうえん)」を訪ねました。

 

この記事では、公園内で最も高い大亀山頂上付近の様子や、見どころをご紹介します。

富谷市のしんまち通りをご紹介した記事はこちら。

無料で利用できる「バーベキュー広場」

大亀山森林公園 案内板

富谷市東部にそびえる標高118mの大亀山、その頂上周囲の丘陵地に築かれたのが「大亀山森林公園」です。

 

頂上一帯は自然林を残しており、ローラー滑り台や多彩なアスレチック、絶景の展望台など、さまざまな施設を備えた総合公園となっています。

 

公園の総面積はなんと約32.7ヘクタール! 東京ドーム約7個分の面積になります。

 

それでは、さっそく公園内を紹介したいと思います。まずはバーベキュー広場へ!

大亀山森林公園 BBQ広場入口

バーベキュー広場は、こちらの入口から階段を下りて行きます。道は整備されていますが、山道に近い感覚でした。

大亀山森林公園 BBQ広場までの道

階段を下るとアスファルトで舗装された道が現れます。標識に従い、写真の道をまっすぐ進みましょう。

大亀山森林公園 隈の注意看板

熊出没注意の看板を発見!

山の中に整備された公園なので、当然近辺に森の動物たちが暮らしているわけです。目撃情報は8月ですが、注意を払って行動しましょう。

大亀山森林公園 BBQ広場

バーベキュー広場に到着。こちらでは自然に囲まれながら、バーベキューを楽しめます。

無料で利用できますが、事前予約が必要です。大亀山森林公園管理事務所まで電話でお問合せください。
大亀山森林公園のバーベキュー情報はこちら

大亀山森林公園 すべり台

炊事棟の奥は、遊具が置かれた広場になっています。写真のローラーすべり台は、長さもあり子供たちに大人気です。

 

次はちびっこゲレンデへ。

「ちびっこゲレンデ」でソリ遊び!

大亀山森林公園 ちびっこゲレンデ案内板

ちびっこゲレンデは、バーベキュー広場から案内標識に従い、右に進みます。

大亀山森林公園 ちびっこゲレンデ

ちびっこゲレンデに到着。人工芝のゲレンデになっており、気軽にソリ遊びを楽しめる子供たちに人気のスポットです。

 

滑走コースは低学年用と高学年用があります。ソリは原則持参となっていますのでご注意ください。

 

続いて管理棟(亀亀館)へ向かいます。

管理棟(亀亀館)

大亀山森林公園 亀亀館

ちびっこゲレンデからほど近いところにあり、来園者が自由に休憩できる管理棟(亀亀館)。

六角形の建物で、上からみると大きな亀のような形になっています。このことから、亀亀館(モシモシハウス)と呼ばれているそうです。

 

次はフィールドアスレチックへ行ってみましょう。

大人も夢中になる「フィールドアスレチック」

大亀山森林公園 フィールドアスレチック入口

管理棟から案内板の通りに進むと、フィールドアスレチックが見えてきます。

大亀山森林公園 フィールドアスレチック1番

ここからスタートです。アスレチックは全部で17基。小学生以上の方を利用対象としており、中には大人でも難しい遊具があります。

大亀山森林公園 アスレチック

例えば写真上のアスレチック、一体どうやって遊ぶのでしょうか?

ヒントは丸太の形、じつは鳥居を模しているんです。鳥居といえば、神社を参拝するときに必ずくぐりますよね?

 

カップル、友人同士、親子で、ぜひ挑戦してみてくださいね!

アスレチックの詳細はこちら

大亀山森林公園 フィールドアスレチック17基目

いよいよラストの17基目でゴール! 筆者の足はもうパンパンです。

 

なお、フィールドアスレチックではヘビの目撃情報があります。自然豊かな公園あるあるですが、見かけても近づかずそっとしてあげましょう。

 

次は展望台へ。

大亀山森林公園のビュースポット「展望台」へ!

大亀山森林公園 展望台入り口

いったん公園を出て、道路側に立つ写真上の案内板から入ります。

大亀山森林公園 展望台

大亀山の頂上に近づくと、巨大な展望台が現れました。展望フロアまでの高さは20mあるそうです。

大亀山森林公園 展望台からの景色

展望フロアに到着。筆者の足はすでにガクガクですが、疲れが吹っ飛ぶような絶景が待っていました!

 

写真は展望フロアから西側に見える泉ヶ岳や船形連峰。標高138mから360度全て見渡せます。

泉ヶ岳の記事はこちら。

 

大亀山森林公園の散策は以上です。

大亀山森林公園の第一駐車場

大亀山森林公園 第一駐車場

こちらは展望台に近い、大亀山森林公園の第一駐車場です。

駐車可能台数は78台。また、第二駐車場は管理棟に近いところにあり、駐車可能台数は42台です。

 

次は鹿島天足別神社に行ってみましょう。

珍しい亀石を見に「鹿島天足別神社」を参拝

鹿島天足別神社

大亀山森林公園の管理棟の近くにある「鹿島天足別神社(かしまあまたらしわけじんじゃ)」

御祭神は、經津主命(ふつぬしのかみ)と武甕槌命(たけみかづちのかみ)です。

 

御利益は雨乞いと天候祈願。この神社の勧請年は不明ですが、この地に9世紀の800年代には鎮座していたと推定されています。

ちなみに801年といえば、征夷大将軍の坂上田村麻呂が陸奥国へ向かったとされる年代です。

 

それでは境内を見てみましょう。

鹿島天足別神社の石段

鹿島天足別神社 石段

なんと! 展望台に続く難所の出現です。

管理棟の方から「急なので気を付けて」とのアドバイスをいただきました。下からみると果てしなく長く急な石段です。足下にはくれぐれもご注意ください。

鹿島天足別神社の拝殿

鹿島天足別神社 拝殿

「二拝二拍手一拝」で、しっかり参拝しましょう。

鹿島天足別神社の御神木

鹿島天足別神社 御神木

樹齢500~600年と推定されるアカガシの御神木。平成18年(2006)に宮城県の天然記念物に指定されています。

鹿島天足別神社の亀石

鹿島天足別神社 亀石この亀石が大亀の地名の由来とされています。亀石のサイズは、縦が3.8mで横は1.9m。亀に似た巨大な岩で、富谷市の史跡に指定されています。

 

亀石の右側が本殿で左側は社殿。社殿の左横には境内社の鎌足神社があります。

鹿島天足別神社の神楽

鹿島天足別神社 神楽

境内にある榊流永代神楽(さかきりゅうえいだいかぐら)。

この神楽は、弘化5年(1848)に京都から仙台市の青麻神社に伝承された青麻神楽を富谷市大亀地区に伝えたものだそうです。

 

富谷市指定の無形民俗文化財となっています。

 

鹿島天足別神社の境内散策はここまでです。

 

【大亀山森林公園の基本情報】

住所:〒981-3323 宮城県富谷市大亀和合田二番13-1

アクセス:

【電車・タクシーの場合】

JR東北本線 利府線「利府駅」よりタクシーで約17分

【車の場合】

仙台北部道路「しらかし台I.C」より約10分

駐車場:

無料

・普通車78台(第1駐車場)

・普通車42台(第2駐車場)

開館期間:
4月1日~11月30日(年中無休)

※12月1日~3月31日は閉鎖
開館時間:
9:00~17:00

電話番号:

022-348-5885

公式ウェブサイトは「こちら

いにしえの大亀地区へ

大亀山森林公園は、緑豊かでバーベキューやアスレチックなど、子供を連れて1日楽しめるレジャースポットとなっています。

ほかにも、9世紀ごろから鎮座しているといわれる神社など見どころ満載の大亀地区。あなたも富谷市を訪れたら大亀地区まで足を運んでみませんか。

 

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

大亀山森林公園 展望台からの景色
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

stingray
stingray

札幌出身で趣味はギター。前職の転勤で仙台に移り住み、気が付いたらもう30年になります。仙台は海の幸や山の幸も美味しく、とても暮らしやすい所です。そんな仙台の魅力を地元目線でお届けいたします。

GOGO MIYAGI! > アウトドア > 「大亀山森林公園」で遊ぼう!子連れで楽しめるレジャースポット