GOGO MIYAGI! > 歴史・史跡 > 「亀岡八幡宮」江戸時代から残る仙台最長の石段をのぼってみた!

「亀岡八幡宮」江戸時代から残る仙台最長の石段をのぼってみた!

仙台市青葉区川内地区に鎮座する「亀岡八幡宮」。社殿にたどり着くには、仙台最長の335段の階段を上る必要があります。今回筆者は階段を上り、境内を散策してみました。境内の様子や見どころ、社務所でいただける御朱印などをご紹介します。

アイキャッチ撮影:筆者
記事中画像撮影:筆者

伊達家の氏神様「亀岡八幡宮」

亀岡八幡宮

「亀岡八幡宮(かめおかはちまんぐう)」へは、仙台市営地下鉄東西線「川内」駅より徒歩14分ほど。まだ雪が残る2月初旬に訪ねてみました。

 

この記事では、亀岡八幡宮の様子や見どころ、社務所でいただける御朱印などをご紹介します。

 

\御朱印に興味がある方へ/

ITEM
御朱印でめぐる東北の神社 週末開運さんぽ
出版社:地球の歩き方
発売日:2021年01月
ページ:144

「亀岡八幡宮」とは?

仙台市青葉区川内地区に鎮座する「亀岡八幡宮」は、もともと福島県伊達市にあった社を1681年(天和1)仙台藩4代藩主・伊達綱村(だて つなむら)が現在の地に移し、新たに造営したものです。

新社殿は1683年(天和3)に落成。遷宮して亀岡八幡宮と称しました。

 

しかし1945年(昭和20)の戦火により社殿が焼失。現在の社殿は、1965年(昭和40)に造営されました。

石鳥居と仙台市内最長の石段

亀岡八幡宮 石段

▲地元では「出世階段」と呼ばれている

亀岡八幡宮の石鳥居は、仙台藩5代藩主・伊達吉村(よしむら)が献納。宮城県石巻で切り出された稲井石製で「仙台東照宮」、「大崎八幡宮」とともに、仙台の三大石鳥居のひとつに数えられています。

 

正参道の石段は約335段もあり、仙台市内では最長の石段です。どちらも戦火から免れた当時の貴重なもので、石鳥居は宮城県指定有形文化財、石段は仙台市登録文化財になっています。

鹽竈神社 参道入口

撮影:編集部

参道の石段といえば、塩竈市に鎮座する「鹽竈神社(しおがまじんじゃ)」の表参道も中々のものですが、石段の数は202段と言われています。

 

いかに亀岡八幡宮の石段が長いことか……。

御祭神と国の重要文化財の社宝

亀岡八幡宮 社殿アップ

御祭神は、応神天皇(おうじんてんのう)、神巧皇后(じんぐうこうごう)、玉依姫命(たまよりひめのみこと)。

また社宝の太刀は、伊達綱村が1675年(延宝3)に奉納した備州長船住義光の初期作品と推定されるもので、1914年(大正3)に国の重要文化財に指定されています。

 

それでは、さっそく境内に入ってみましょう。

亀岡八幡宮の境内を散策

亀岡八幡宮 鳥居

亀岡八幡宮の駐車場は、ちょうど石鳥居の裏側にあります。駐車可能台数は4~5台ほど。

 

まずはシダレザクラがある場所に向かいます。

亀岡八幡宮のシダレザクラと太鼓橋

亀岡八幡宮 シダレザクラ

駐車場からすぐ左手に見えてくるのが、写真上のシダレザクラ。伊達綱村が宮城野区榴岡のシダレザクラと同時に植えた、という説が残っているそうです。

樹齢は350年以上。1977年(昭和52)仙台市制施行八十八周年記念「名木・古木88選」に指定され、仙台市民が選ぶ「杜の都・仙台 わがまち緑の名所100選」にも選ばれています。

亀岡八幡宮 しだれ桜

出典:PIXTA
古木のシダレザクラのすぐとなりにあるのが、この朱色の太鼓橋。春にはシダレザクラのトンネルが見られる、桜の名所となっています。
亀岡八幡宮 太鼓橋

その先に見えるのが最初の石段です。さっそく仙台最長の石段を上ってみましょう。

亀岡八幡宮の石段①

亀岡八幡宮 石段①

この石段には、火山岩の三滝玄武岩が使われています。三滝玄武岩は、仙台城の石垣にも利用された石です。

 

石段は当初、年間日数の365日が由来で365段あったそうですが、現在は削られて335段ほど。戦火で社殿は焼失しましたが、この石段は当時のまま現存する貴重な遺構となっています。

亀岡八幡宮 狛犬①

最初の石段を上り切ると、まず出迎えてくれるのがこの狛犬。こちらは右の吽形(うんぎょう)です。大きく耳が垂れているのが特徴。

亀岡八幡宮 狛犬②

こちらが左の阿形(あぎょう)です。1770年(明和4)に建立されました。

亀岡八幡宮 手水舎

狛犬のとなりには手水舎が設置されています。

亀岡八幡宮 碑

手水舎のとなりにあるのが輜重兵(しちょうへい)第二連隊の碑。続いて右手に見える次の石段を上ります。

亀岡八幡宮の石段②

亀岡八幡宮 石段②2段目の階段です。ここから少し急になります。無理をせず朱色の手すりを使いましょう、足元には十分気をつけてください。

 

ここを上り切ると……

亀岡八幡宮の石段③

亀岡八幡宮 石段➂

広場になっていました。何やら遠くに、またまた石段が見えます。

筆者が訪ねたのは2月で、まだ雪が残っていました。

亀岡八幡宮 石段➂3番目の石段です。写真上は、1番下から撮影したもの。ここからは急勾配となり、筆者は真っすぐ上れることができず、斜めに上って行きました。

亀岡八幡宮 石段➂からの景色

3番目の石段の1番上から撮影。遠くに見えるのが仙台市中心部のビル群です。亀岡八幡宮の標高は129m。かなりの高さまで上っているのがわかると思います。

亀岡八幡宮 手水舎②

3番目の石段を上り切ったところに手水舎がありました。水は出ていませんが、鶴さんと亀さんがお出迎えしてくれます。

 

そのまま前に進んで行きましょう。

亀岡八幡宮の石段④

亀岡八幡宮 石段④

手水舎を過ぎると、さらに石段が続いています。どうやら4番目の石段のようです。その先に社殿が見えますので、こちらで最後でしょう。

筆者の足はガクガクで……心臓はバクバク!

亀岡八幡宮 石段④

いよいよラスト石段です。社殿はすぐそこですので、気合いを入れて上りましょう。

それにしても長い! 仙台最長の石段恐るべし。

亀岡八幡宮の社殿周辺を散策

亀岡八幡宮 社殿

やっと社殿に到着です。

社殿は戦火で焼失後、仙台市若林区一本杉にあった伊達家の氏神の社殿を移して本殿としました。

その後、新たに幣殿と拝殿、その他の建物を造営。1965年(昭和40)に竣工しています。二拝二拍手一拝で参拝しましょう。

 

次に境内社の高良玉垂神社へ。

境内社「高良玉垂神社」

亀岡八幡宮 高良玉垂神社

境内社の高良玉垂神社(こうらたまたれじんじゃ)は、1683年(天和3)に伊達綱村が勧請しました。

亀岡八幡宮の新造営とともに祀られましたが、戦火により焼失。戦後、神社は復興したものの永年の風雨による被害があったそうです。

その後、2010年(平成23)に改築され現在へ至ります。

 

続いて、頂上から望む景色を見てみましょう。

亀岡八幡宮の頂上からの眺望

亀岡八幡宮 頂上からの景色

亀岡八幡宮の頂上から北方面を見た景色。中央奥の遠くに見える白い巨大な像は「仙台大観音」です。

仙台大観音についてはこちら!

亀岡八幡宮 頂上からの景色

こちらは東方面を見た景色。樹木が気になりますが、仙台市の中心部を一望できます。

 

次は社務所へ。

亀岡八幡宮の社務所

亀岡八幡宮 社務所

社殿の右手にある社務所。こちらで御朱印をいただきます。

亀岡八幡宮の御朱印

亀岡八幡宮 御朱印

亀岡八幡宮では上記写真の通り3種類の御朱印をいただけます。左から「亀岡八幡宮」、境内社の「高良玉垂神社」、青葉区片平にある「馬上蠣崎神社」の3種類。中央には全て伊達家の家紋「竹に雀」が押印されていました。(御朱印帳は筆者の個人所有)

 

では、最後に亀岡八幡宮の歴史を辿ってみましょう。

亀岡八幡宮の歴史

亀岡八幡宮 入口■1190年(文治5)

伊達氏初代当主・伊達朝宗が源頼朝より伊達郡を賜り、伊達郡高子岡に築城。初めて伊達氏と称した。某年、鶴岡八幡宮を高子岡城に勧請。社の造営時に、霊亀が現れたことで亀岡八幡宮と称す。

伊達家3代当主・伊達義廣(通称:粟野次郎)が高子岡城に入城。その後、伊達郡桑折の粟野大館に移り亀岡八幡宮を建立。

■1427年(應永33)

伊達氏11代当主・伊達持宗が、亀岡八幡宮を伊達郡梁川に遷座。

■1532年(天文1)

伊達氏第14代当主・伊達稙宗が、伊達郡桑折の西山城に移るとともに亀岡八幡宮の社も遷す。

■1570年(元亀1)

再び伊達郡梁川に御遷座。1602年(慶長7)仙台藩初代藩主・伊達政宗の命により、仙台同心町(現在の仙台市青葉区本町2丁目)の瀧澤神社に仮宮を造り安鎮。
■1641年(寛永17)

仙台藩2代藩主・伊達忠宗が社殿を経営。同年7月に遷宮を行い梁川八幡と称す。

■1681年(天和1)

仙台藩4代藩主・伊達綱村が、社を城坤川内の地に移し土木を起こして宮地を造営。1683年(天和3)年の8月に落成。遷宮して亀岡八幡宮と称した。

■1689年(元禄2)

「奥の細道」の旅で松尾芭蕉と河合曾良が亀岡八幡宮に参詣。曽良旅日記に「一、六日 天気能、亀ヶ岡八幡宮へ詣、城ノ追手(大手門)ヲ入、俄ニ雨降ル、茶室ヘ入、止テ帰ル。」と記す。

■1945年(昭和20)

米軍による仙台空襲で社殿その他の建物が焼失。石鳥居と石段のみ残る。

■1965年(昭和40)

仙台市一本杉にあった伊達家の氏神の社殿を移して本殿とした。新たに幣殿、拝殿その他の建物を造営し昭和40年10月に竣工。

 

830年以上の歴史を持つ亀岡八幡宮。長い年月を経て守られてきたのがわかりますね。

 

【亀岡八幡宮の基本情報】

住所:

宮城県仙台市青葉区川内亀岡62

アクセス:

【公共交通の場合】

仙台市営地下鉄東西線「八木山動物公園」行き乗車-「川内」駅下車、徒歩約14分

【クルマの場合】

東北自動車道「仙台宮城」ICより約13分

駐車場:

正参道側・無料/数台

裏参道側・無料/数台

亀岡八幡宮|公式

侮るなかれ!亀岡八幡宮の仙台最長石段

亀岡八幡宮に今も残る江戸時代の石鳥居や石段。なかでも仙台最長の石段は当時365段ありました。現在は削られて約335段。

てっぺんまで上るには、ちょっと気合が必要ですが上り切ったあとの達成感は格別ですよ! 履き慣れたスニーカーで、出世開運のご利益を授かりにチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

この記事を読んだ人におすすめ

紹介されたアイテム

御朱印でめぐる東北の神社 週末開運さんぽ

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

亀岡八幡宮 石段
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

この記事のキーワード

stingray
stingray

札幌出身で趣味はギター。前職の転勤で仙台に移り住み、気が付いたらもう30年になります。仙台は海の幸や山の幸も美味しく、とても暮らしやすい所です。そんな仙台の魅力を地元目線でお届けいたします。

GOGO MIYAGI! > 歴史・史跡 > 「亀岡八幡宮」江戸時代から残る仙台最長の石段をのぼってみた!