GOGO MIYAGI! > 歴史・史跡 > 政宗の愛馬「五島」のゆかりの地、蠣崎稲荷大明神・馬上蠣崎神社を巡る

政宗の愛馬「五島」のゆかりの地、蠣崎稲荷大明神・馬上蠣崎神社を巡る

伊達政宗が戦の度に乗用した愛馬・五島。大坂冬の陣の際、老齢になっていた五島を厩舎に置いて出陣すると、五島はそれを悲しみ、本丸の崖から身を投じて亡くなったといわれています。今回はこの五島にまつわる2つの神社を訪ねてみました。その歴史や境内の様子などを紹介します。

アイキャッチ撮影:筆者
記事中画像撮影(1枚目):編集部
記事中画像撮影(2枚目以降):筆者

伊達政宗の愛馬「五島」にまつわる2つの神社を巡りました

伊達政宗 騎馬像

伊達政宗が戦の度に乗用した愛馬・五島。今回はこの五島にまつわる2つの神社を訪ねてみました。

その2つの神社とは、一体どんなところなのでしょうか。現在の姿や境内の様子などを紹介します。

伊達政宗の愛馬「五島」とは?

仙台城跡に建つ仙台のシンボル「伊達政宗騎馬像」。この馬の名前をご存じでしょうか?

その名も「五島(ごとう)」と言い、政宗の愛馬でした。五島号、後藤黒、五島黒とも呼ばれていたようです。

 

五島を政宗に献上したのは、伊達21要害のひとつ不動堂要害(旧小牛田町)の城主だった伊達氏家臣・後藤信康(ごとう のぶやす)。

五島は黒い毛並みが美しい馬で、政宗は戦の度に乗用し、五島をこのうえなく気に入っていました。「馬首が向かうところ戦えば必ず勝ち、攻めれば必ず取る」と言われたとか。

 

\伊達政宗をマンガで学ぶ!/

ITEM
角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 伊達政宗
著者: 山本 博文, 浅田 弘幸
レーベル: 角川まんが学習シリーズ
発売日: 2017年11月30日
出版社:KADOKAWA

もうお役に立てないのなら…

仙台駅 伊達政宗騎馬像

1614年(慶長19)大坂冬の陣の際、政宗は老齢になっていた五島を厩舎に置いて出陣します。五島は「もうお役に立てないのなら……」と厩舎を抜け出し、本丸の崖から身を投じて亡くなったと伝えられています。

 

政宗は、このことにとても心を痛め、飛び降りた蠣崎(かきざき)の地に五島を手厚く葬りました。そして、馬上蠣崎神社を建立して祀り、追廻馬場の守護としたそうです。

では、さっそく五島が飛び降りたとされる蠣崎の地に行ってみましょう。

五島の没地「蠣崎稲荷大明神」へ

仙台国際センター

「蠣崎稲荷大明神(かきざきいなりだいみょうじん)」へ行くには、仙台市営地下鉄東西線「国際センター」駅下車し、国際センターの向かい側にあるこのパネルを長沼方向に進みます。

角に片倉小十郎屋敷跡がある通りです。

青葉山公園テニスコート

約5分ほど歩くと、左手にこの青葉山公園テニスコートの建物があるので、目印にしてください。蠣崎稲荷大明神はこの向かい側にあります。

大正時代初期の地図を見ると、この追廻地区一帯には旧陸軍の射撃場や馬場などの練兵場があったようです。

蠣崎稲荷大明神入口

建物の向かい側を進んで行くと、蠣崎稲荷大明神の鳥居が見えてきました。そのまま真っすぐ行ってみましょう。

蠣崎稲荷大明神 鳥居

こちらが入口。稲荷大明神ですので守っているのは狛狐さんです。

蠣崎稲荷大明神 狛狐

右の狛狐さんがくわえているのは巻物でしょうか。まだ新しく感じる狛狐さんです。

蠣崎稲荷大明神 狛狐

左の狛狐さんは何もくわえていないようです。

蠣崎稲荷大明神 鳥居

鳥居の先に道が続きます。その先にはまた鳥居があるようです。

蠣崎稲荷大明神 鳥居

次の鳥居が見えてきました。木漏れ日が気持ち良いです。そのまま進んで行きましょう。

蠣崎稲荷大明神 鳥居

鳥居に到着。扁額(へんがく)に「蠣崎稲荷大明神」と書かれています。

蠣崎稲荷大明神 祠

祠(ほこら)が見えてきました。

蠣崎稲荷大明神 祠

こちらが「蠣崎稲荷大明神」。大きな鈴がいくつも付けられています。

もともと、この地には馬上蠣崎神社が鎮座していました。明治時代に片平へ移された後、蠣崎稲荷大明神として残されたそうです。

蠣崎稲荷大明神 小さな祠

近くには、小さな祠もありました。小さな狛狐さんと一緒にひっそりと佇んでいます。

蠣崎稲荷大明神 崖

祠の崖上は、地図で見ると仙台城の懸造跡(かけづくりあと)に近い場所ですね。

五島が本丸からここに飛び降りたと思うと……。

蠣崎稲荷大明神 碑

祠の脇にある石碑。「蠣崎大明神」、「五島馬頭観世音」と刻まれています。お参りして戻りましょう。

蠣崎稲荷大明神 道

蠣崎稲荷大明神へ続く道は整備されていないので、足元には十分ご注意ください。薄暗いので、日中の訪問がいいと思います。

蠣崎稲荷大明神 出口

蠣崎稲荷大明神を出た周辺の風景。崖上は仙台城跡です。かなり険しい崖になっているのがわかります。

 

続いて、青葉区片平に移された馬上蠣崎神社に行ってみましょう。

 

【蠣崎稲荷大明神の基本情報】

住所:

宮城県仙台市青葉区川内追廻無番地

アクセス:

【公共交通の場合】

仙台市営地下鉄東西線「八木山動物公園」駅行き乗車-「国際センター」駅下車、徒歩約12分

【クルマの場合】

東北自動車道「仙台宮城」ICより約10分

駐車場:

なし(近隣の有料駐車場をご利用ください)

五島を祀る「馬上蠣崎神社」へ

馬上蠣崎神社 鳥居蠣崎稲荷大明神から車で約5分のところに鎮座する馬上蠣崎神社(うばがみかきざきじんじゃ)。

この神社は、もともと蠣崎の地にあった五島を祀る神社でした。しかし、明治時代に入ると蠣崎一帯が陸軍用地となったため、1871年(明治4)に良覚院(現在の青葉区片平)の境内へ移されます。市民からは「五島墓さん」と呼ばれて親しまれていたそうです。

 

ところが、1872年(明治5)、新政府の修験宗廃止令により良覚院が廃寺に。このことにより、隣接する現在の地に移されたそうです。その後、1962年(昭和37)1月の火災で社殿が炎上。同年10月に再建され、現在に至っています。

馬上蠣崎神社は「子どもの神様」

馬上蠣崎神社 説明馬上蠣崎神社は、古くから「子どもの神様」と親しまれていました。馬の漢字が付くことから、子どもの馬脾風(ばひふう)という感染症除けの信仰があり、クルミを奉納するのが習わし。また、百日咳も治るとされ繁盛したそうです。

 

では、境内を見てみましょう。

馬上蠣崎神社の境内へ

「馬上蠣崎神社」へのアクセス

馬上蠣崎神社 駐車場

馬上蠣崎神社への公共交通でのアクセスは、仙台市営地下鉄東西線に乗り、「大町西公園」駅から徒歩で約5分ほど。

車の場合は、馬上蠣崎神社には専用駐車場がありませんのでご注意ください。神社のすぐとなりに有料駐車場があるので、こちらを利用しましょう。

馬上蠣崎神社の境内

馬上蠣崎神社 社殿

こちらが五島を祀る社殿。狛犬さんが向かい合っています。二拝二拍手一拝で参拝しましょう。

馬上蠣崎神社 狛犬

神の聖域を邪悪なものから守護する左の阿形(あぎょう)。

馬上蠣崎神社 狛犬

いかつい顔をした右の吽形(うんぎょう)ですが、どこか憎めない姿をしています。

役行者の石像

馬上蠣崎神社 石像

境内で静かに佇む、役 小角(えんのおづの)の石像。飛鳥時代に実在した呪術者で、役 行者(えんのぎょうじゃ)とも呼ばれています。

役 小角は、山へ籠もって厳しい修行を行うことで悟りを得る「修験道」の開祖とされ、この石像は修験寺だった旧良覚院に安置されていたものです。

 

最後に馬上蠣崎神社の御朱印を紹介します。

馬上蠣崎神社の御朱印

馬上蠣崎神社 御朱印

御朱印には伊達家の家紋「竹に雀」が押印されています。(御朱印帳は筆者の個人所有)

この御朱印は、青葉区川内亀岡にある亀岡八幡宮でいただけます。馬上蠣崎神社では、いただけませんのでご注意ください。

 

五島にまつわる神社の旅は以上です。

 

【馬上蠣崎神社の基本情報】

住所:

宮城県仙台市青葉区片平1‐2-18

アクセス:

【公共交通の場合】

仙台市営地下鉄東西線「八木山動物公園」駅行き乗車-「大町西公園」駅下車、徒歩約5分

【クルマの場合】

東北自動車道「仙台宮城」ICより約8分

駐車場:

なし(近隣の有料駐車場をご利用ください)

政宗と五島の想いを胸に

馬上蠣崎神社 看板

「もうお役に立てないのなら」と仙台城の崖から身を投じた政宗の愛馬・五島。それを知った政宗の心情は計り知れません。政宗と五島の想いを胸に、あなたも五島の没地「蠣崎稲荷大明神」と五島を祀る「馬上蠣崎神社」に行って、そっと手を合わせてみませんか。

この記事を読んだ人におすすめ

紹介されたアイテム

角川まんが学習シリーズ まんが人物伝 伊…

※掲載されている情報は最新のものとは限りません。現地にお越しの際には必ず施設の公式サイトもご確認ください。

蠣崎稲荷大明神 鳥居
このまとめが気に入ったら
「いいね!」をしよう

関連するおススメ記事

この記事のキーワード

stingray
stingray

札幌出身で趣味はギター。前職の転勤で仙台に移り住み、気が付いたらもう30年になります。仙台は海の幸や山の幸も美味しく、とても暮らしやすい所です。そんな仙台の魅力を地元目線でお届けいたします。

GOGO MIYAGI! > 歴史・史跡 > 政宗の愛馬「五島」のゆかりの地、蠣崎稲荷大明神・馬上蠣崎神社を巡る