⑤ 360℃パノラマ絶景!「松島城」

松島城

撮影:編集部

松島城観光ホテル(2003年に閉業)だった建築物の一部を残し、現在は日本三景展望台として営業している「松島城」。

三層の模擬天守閣ですが、松島に城はなかったため再現などではありません。

 

最上階からは、松島を見渡せる360度の絶景パノラマ!

西行戻しの公園は徒歩だと時間がかかる(急こう配な坂道が長く続く)ため、気軽に景色を楽しめる貴重な展望台です。

 

【松島城の基本情報】

所在地:

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島町内115

開館時間:

不定期

定休日:

不定期

入館料:

大人300円、子ども200円

アクセス:

JR仙石線「松島海岸駅」より徒歩約10分

駐車場:

なし

「松島城」周辺の宿をさがす

「松島城」周辺のレストランをさがす

松島を一望できるビュースポット6選

松島を一望できるスポットと、”松島四大観(まつしましだいかん)”をご紹介。

松島四大観とは、松島を一望できる4ヵ所ある展望地のこと。ミシュラン三ツ星にも認定されています。

① 【松島四大観】大高森(壮観)

松島四大観 壮観 大高森

出典:PIXTA(大高森山頂からの景色)

”奥松島”と呼ばれる東松島市の宮戸島(みやとじま)内、その景色を一望できるビュースポットが「大高森(おおたかもり)」です。

山頂からは松島湾の360℃パノラマ絶景を望め、別名”壮観(そうかん)”と呼ばれています。

※壮観……規模が大きく、素晴らしい眺め。

 

アクセスは車、もしくはJR野蒜駅に隣接している「奥松島イートプラザ」で自転車をレンタル、または駅からタクシーを利用することになります。

撮影:編集部(大高森登山道)

登山口から頂上を目指し階段を上ると、階段、また階段……!

低山だからと舐めてかかると痛い目をみます。山頂までは約30分の道のりです。

 

山頂手前には、日本三大渓の一つ「嵯峨渓(さがけい)」をのぞめる嵯峨見台へ行くルートもあります。

体力と時間に余力があれば、ぜひ足を伸ばしてみてください。

 

【大高森の基本情報】

所在地:

〒981-0412 宮城県東松島市宮戸

アクセス:

・JR仙石線「野蒜駅」から車、もしくはタクシーで約10分、登山口から山頂まで約25~30分

・奥松島イートンプラザで自転車レンタル(1台3,000円)

営業時間:

24時間

定休日:

なし

料金:

無料

駐車場:

無料・数台

大高森の詳細ページはこちら

「大高森」周辺の宿をさがす

「大高森」周辺のレストランをさがす

② 【松島四大観】富山(麗観)

出典:PIXTA(富山山頂からの眺望)

松島の北側、松島町と東松島市の境目に位置している「富山(とみやま)」。

標高は116.8mほどで、四大観の中で最も標高の高い山。

 

海岸から距離はありますが、正面に松島湾の全景を一望できます。別名は”麗観(れいかん)”。※麗観……美しく麗しい眺め。

大仰寺 松島

出典:PIXTA(大仰寺・入園料100円)

山頂手前の参道まで車でアクセスでき、6分ほど歩けば山頂に到着。

展望デッキのほか、茅葺屋根の「仁王門」や坂上田村麻呂ゆかりの「富山観音堂」などがあります。

 

また参道入口から少し下ると「大仰寺(だいぎょうじ)」というお寺があり、境内から眺望できる”麗観”も美しいと評判です。

 

【富山の基本情報】

所在地:

〒981-0211 宮城県宮城郡松島町手樽三浦

アクセス:

・JR仙石線「松島海岸駅」から車で約10分、山頂まで徒歩約6分

・JR「陸前富山駅」から徒歩約45分

営業時間:

24時間

定休日:

なし

駐車場:

無料・数台

富山の詳細ページはこちら

「富山周辺」の宿をさがす

「富山周辺」のレストランをさがす

③ 【松島四大観】多聞山(偉観)

出典:PIXTA(偉観の景色)

「多聞山(たもんさん)」は松島湾の南側、半島のような地形をしている七ヶ浜町にあります。

 

標高56mの低山で、山頂までの道のりも高低差がなく歩きやすく舗装されています。

松島四大観の中でも、山頂までのアクセスが一番ラクな場所です。

多聞山お堂

撮影:編集部

四大観に選ばれている景色は、多聞山山頂の先にある「毘沙門堂」の裏手からみる景観。

毘沙門堂までは駐車場からゆっくり歩いて8~10分ほど、標識もあるので迷う心配もありません。

 

打ち寄せては砕け散る、雄大な波景色が見られることから”偉観(いかん)”という名が付けられています。

※偉観……堂々とした素晴らしい景色。

 

【多聞山の基本情報】

所在地:

〒985-0801 宮城郡七ヶ浜町代ヶ崎浜八ヶ森

アクセス:

JR「本塩釜駅」より町民バス「ぐるりんこ」(菖蒲田経由君ヶ岡公園行き)に乗車、「仙台火力前」下車徒歩約10分。

営業時間:

24時間

定休日:

なし

駐車場:

無料・普通車20台

多聞山の詳細ページはこちら

「多聞山」周辺の宿をさがす

「多聞山」周辺のレストランをさがす

④ 【松島四大観】扇谷(幽観)

扇谷 松島

撮影:編集部

JR松島海岸駅から、徒歩でもアクセスできる「扇谷(おうぎだに)」

頂上から望む海景色が扇が広がっているようにみえることから、その名が付けられました。

 

別名”幽観(ゆうかん)”と呼ばれています。※幽観……ひっそりとして奥深い眺め。

扇谷 史跡

撮影:編集部

扇谷周辺は、仙台藩で多くの寺院を開山・中興した雲居禅師(うんごぜんじ)ゆかりの地で、かつてはお寺や庵などが建っていました。

現在は雲居禅師の後継である鵬雲東搏禅師(ほううんとうばく)が築いた「金翅堂(達磨堂)」、岩窟が残されています。

 

周辺はモミジやケヤキの木々に囲まれているため、秋の紅葉を狙ってぜひ訪れててほしいところです。

 

【扇谷の基本情報】

所在地:

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島字桜岡入

アクセス:

・JR仙石線「松島海岸駅」から車で5分、駐車場から山頂まで徒歩約3分

・JR「松島海岸駅」から登山口まで徒歩約30分

営業時間:

24時間

定休日:

なし

駐車場:

無料・普通車5台程

扇谷の詳細ページはこちら

「扇谷」周辺の宿をさがす

「扇谷」周辺のレストランをさがす

⑤ 穴場中の穴場「新富山」

新富山

撮影:編集部

松島海岸駅と松島駅の中間に位置している、新富山(しんとみやま)。

標高45mの低山で、山頂にある展望台からは松島湾と海岸の街並みを一望できます。

 

松島四大観は観光地から少し離れた場所にありますが、新富山はアクセスしやすく気軽に撮影へ出掛けられるスポット。

なおかつあまり知られていないため、穴場の眺望スポットといえます。

新富山 山道

撮影:編集部

山頂まではかなり急こう配な坂道が続くので、徒歩もしくは自転車でアクセスするのがオススメです。登山口から山頂までは約3分。

 

【新富山の基本情報】

所在地:

〒981-0213 宮城県宮城郡松島町松島愛宕裏

アクセス:

JR仙石線「松島海岸駅」より徒歩15分、JR東北本線「松島駅」より徒歩7分

営業時間:

24時間

定休日:

なし

駐車場:

なし

新富山の詳細ページはこちら

「新富山」周辺の宿をさがす

「新富山」周辺のレストランをさがす

⑥ 扇谷の近く「双観山」

双観山からの景色

出典:PIXTA(双観山)

松島四大観の一つ「扇谷」の手前、国道45号線沿いにある「双観山(そうかんざん)」。

標高40mの低山で、山頂までの道のりもアスファルトで舗装されており、散歩感覚でいける場所です。

 

山頂からは松島湾と、隣にある塩竈湾の双方を望め、双観山という名の由来にもなっています。

味処 双観山」といった食事処もあり、お刺身や天ぷら、カキフライ定食といったメニューから、煎茶とお茶菓子のセットなどをいただけますよ!

 

【双観山の基本情報】

所在地:

〒981-0213 宮城郡松島町松島大沢平

アクセス:

JR仙石線「松島海岸駅」から徒歩約20分

営業時間:

24時間

定休日:

なし

駐車場:

あり/30台/無料

双観山の詳細ページはこちら


「双観山」周辺の宿をさがす

「双観山」周辺のレストランをさがす

奥松島エリアの観光名所3選

東松島市 宮戸島

出典:PIXTA(宮戸島)

奥松島(おくまつしま)とは松島湾の東側、松島町と東松島市の境目でもある宮戸島(みやとじま)と野蒜(のびる)海岸一帯のこと。

『松島を一望できるビュースポット』でもご紹介した「大高森」も宮戸島にあります。

 

起点となるのはJR仙石線「野蒜駅」。島内には公共交通機関がないため、観光する際は車もしくはレンタルサイクルの利用がオススメです。

【奥松島(東松島市)レンタルサイクル】

・「奥松島イートプラザ」…JR仙石線「野蒜駅」の隣
・「セルコホームあおみな」…宮戸島内(大高森登山口のすぐ近く)

① 迫力満天!ダイナミックな船旅「嵯峨渓遊覧船」(奥松島遊覧)

撮影:編集部

嵯峨渓遊覧船は、松島の景色や※日本三大渓の一つ「嵯峨渓(さがけい)」を巡る船旅です。

二十名定員の小・中型船のため、島に近づき至近距離で景色を楽しめます。

 

松島湾の島は丸みを帯びた可愛らしい姿をしており”女性的な景観”と言われますが、外洋に面している嵯峨渓は波で削られた荒々しい断崖が続く”男性的な景観”です。

 

※日本三大渓…岩手県の猊鼻渓(げいびけい)、大分県の耶馬渓(やばけい)、宮城県の嵯峨渓。

奥松島 遊覧船

撮影:編集部

景色ももちろんですが、案内してくれる地元船長さんにも注目。ジョークを混ぜた説明で、船内も笑いに包まれます。

 

【嵯峨渓遊覧船の基本情報】

所在地:

〒981-0412 宮城県東松島市宮戸川原5-1(セルコホームあおみな内)

アクセス:

JR仙石線「野蒜駅」から車もしくはタクシーで約10分(セルコホームあおみな内で受付)

営業期間:

年中無休(※最小運行人数は大人3名以上)

営業時間:

[遊覧船の受付]

8:30~17:00

[船の運行時間]

4~9月…8:45~16:00

10~3月…8:45~15:00

料金:

[通常(60分)]

大人(中学生以上)2,000円、子ども(小学生)1,500円

[荒天代替え(45分)]

大人1,500円、子ども1,000円

嵯峨渓遊覧船の公式ページはこちら

「奥松島遊覧船」周辺の宿をさがす

「奥松島遊覧船」周辺のレストランをさがす

② 縄文時代にタイムスリップ!「奥松島縄文村歴史資料館」

奥松島 縄文博物館

撮影:編集部

大高森の登山口近くにある「奥松島縄文村歴史資料館」。資料館から徒歩10分くらいの場所にある、国史跡「里浜貝塚(さとはまかいづか)」から発掘された縄文人の遺物が展示されています。

縄文人の暮らしをわかりやすく紹介する映像シアターや、土器づくりやコハクのアクセサリー作りなどの体験イベントも豊富で、子どもも楽しめる施設です。

里浜貝塚 史跡公園

撮影:編集部(里浜貝塚)

余裕があれば里浜貝塚へも立ち寄ってみてください。縄文時代~弥生時代にかけてムラが形成されていた場所で、当時と地形がほぼ変わらずに残っている貴重な場所です。

園内入口にある「貝層観察館」には、約2,500年前の貝層をはぎとったものが展示されており、縄文人が食べた貝類や動物の骨などを観察できます。

 

【奥松島縄文村歴史資料館の基本情報】

所在地:

〒981-0412 宮城県東松島市宮戸字里81-18

アクセス:

JR仙石線「野蒜駅」から車もしくはタクシーで約10分

※大高森の登山口近く

開館時間:

9:00~17:00(最終16:30)

定休日:

水曜日、年末年始

料金:

一般400円、高校生300円、小中学生150円

割引チケットあり

「奥松島縄文村歴史資料館」周辺の宿をさがす

「奥松島縄文村歴史資料館」周辺のレストランをさがす

③ 宮戸島の景勝地「稲ヶ崎公園」

稲ヶ﨑公園と展望

撮影:編集部(稲ヶ崎公園の頂上)

「稲ヶ崎公園(いながさき)」は宮戸島の先端部、夏は海水浴客で賑わう「月浜海水浴場」のすぐ隣の高台にあります。入口から頂上までは徒歩5分~7分ほど、上りの階段が続きます。

稲ヶ﨑公園からみた月浜海岸

撮影:編集部(稲ヶ崎公園頂上からの景色・下は月浜海岸)

頂上からは月島海岸をはじめとする宮戸島の沿岸部や、奥松島に浮かぶ美しい島影、晴天時には牡鹿半島(石巻市)が望めることも。

 

【稲ヶ崎公園の基本情報】

所在地:

〒981-0412 宮城県東松島市宮戸月浜田82

アクセス:

JR仙石線「野蒜駅」から車もしくはタクシーで約15分

営業時間:

24時間

料金:

なし

駐車場:

あり・無料

稲ヶ崎公園の詳細ページはこちら

「稲ヶ崎公園」周辺の宿をさがす

奥松島に泊まるプランをさがす

本三景・松島と奥松島を巡ろう!

松島湾

出典:PIXTA

景勝地松島には、沢山の見どころスポットがありますが「さすが! 松島」と言わしめる王道スポットに行ってこそ、松島観光の醍醐味が味わえます。

 

オススメの王道スポットを巡り、八百八島の旅ロマンと共に松島の思い出をつくりましょう!

 

▼松島の観光にお役立ちのポータルサイト
日本三景松島を中心に松島湾の観光スポットやイベント情報が紹介されています。

松島観光ナビ

 

 

松島へ行こう

松島へのJR・飛行機+宿を探す

松島のグルメを探す

松島のアクティビティを探す

< 前のページ 4/4 次のページ >

関連するおすすめ記事

松島・塩竃に関するトピック

松島・塩竃 × 観光スポットもっと見る >
松島・塩竃 × 温泉・宿泊もっと見る >
松島・塩竃 × グルメ・お土産もっと見る >
松島・塩竃 × 歴史・人物もっと見る >
松島・塩竃 × イベント・祭事もっと見る >
松島・塩竃 × 体験・レジャーもっと見る >
松島・塩竃 × ライフ・生活もっと見る >