「イーレ!はせくら王国」で御城印をゲット!

イーレ!はせくら王国

圓福寺のすぐ下には、廃校した小学校をリノベーションした商業施設「イーレ!はせくら王国」があります。

上楯城 御城印

提供:イーレ!はせくら王国

上楯城の御城印が販売されています。全2種類です。

 

館内にには名物カカオカレーが自慢のレストラン、地元の農産物や宮城県のワイナリーのワイン、オリジナルチョコレートなどを販売する物産コーナーがあります。

 

イーレ!はせくら王国の基本情報

所在地:

宮城県柴田郡川崎町支倉塩沢9

アクセス:

【公共交通の場合】

仙台駅前からタケヤ交通の西部ライナー「かわさきまち行」に乗車(約78分)「かわさきまち」で下車し、川崎町役場からタクシーで約12分

【クルマの場合】

東北自動車道「村田」ICより約15分

駐車場:

無料/約90台

イーレ!はせくら王国の公式サイトはこちら

 

上楯城の麓に鎮座する「圓福寺」

上楯城 円福寺 入口

圓福寺(えんぷくじ)は、支倉常長の菩提寺です。山号は圓長山。創建年は不詳ですが、平安時代後期と伝えられています。

明治時代初期に真言宗智山派の直末寺として、この地に中興開山しました。

川崎町 円福寺 

ご本尊は延命地蔵菩薩。御丈約3尺の※塑像で、平安時代の作品だそうです。脇仏としてマリア観音が安置されています。

このマリア観音は仏像に似せてつくられたもので、隠れキリシタンといわれる所以となっています。

円福寺 川崎町 孔雀

本堂の右にある、木の根を利用してつくられたという孔雀も必見ですよ!

複数ある支倉常長の墓の1つ

円福寺 支倉常長の墓

圓福寺の裏手、墓地上部にある支倉常長の宝篋印塔(ほうきょういんとう)です。周囲はキレイに整備されています。

いかり印の墓

いかり印の墓 支倉常長

墓地の中腹には、常長に同行した人物でキリシタンの墓とされる「いかり印の墓」があります。この墓石は平成3年(1991)8月に発見されたそうです。

このことにより、ここが常長の墓であるという信ぴょう性が高まっています。

 

圓福寺の基本情報

所在地:

宮城県柴田郡川崎町支倉宿154

アクセス:

【公共交通の場合】

仙台駅前からタケヤ交通の西部ライナー「かわさきまち行」に乗車(約78分)「かわさきまち」で下車し、川崎町役場からタクシーで約12分

【クルマの場合】

東北自動車道「村田」I.Cより約15分

駐車場:

無料/約10台

上楯城は土塁と空堀が見どころ

支倉常長が青年期まで過ごした上楯城。慶長遣欧使節という大役を終え、ヨーロッパから無事帰国した常長ですが、国内ではキリスト教弾圧が強まっており、人目を避けてこの地にたどり着いたといわれています。そして帰国の翌年か翌々年に亡くなったそうです。

400年以上も昔、この偉業を成し遂げた支倉常長が過ごした上楯城址に、あなたも一度訪れてみてはいかがでしょうか。

支倉六右衛門常長の最期

著者/編集:
工藤 隆哉
出版社:
金港堂 
発行年月:
2020年11月04日
ページ数:
255p サイズ:

筆者のお城めぐりシリーズ

< 前へ
  • 1
  • 2
  • 3
  • 次へ >
    - 3/3 -

    関連するおすすめ記事

    白石・蔵王に関するトピック

    白石・蔵王 × 観光スポットもっと見る >
    白石・蔵王 × 温泉・宿泊もっと見る >
    白石・蔵王 × グルメ・お土産もっと見る >
    白石・蔵王 × 歴史・人物もっと見る >
    白石・蔵王 × イベント・祭事もっと見る >
    白石・蔵王 × 体験・レジャーもっと見る >
    白石・蔵王 × ライフ・生活もっと見る >